メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

トラフィックをサイトアナリティクスから除外する

更新日時 2024年 6月 19日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

ドメインをHubSpotに接続した後、あるいは外部サイトにHubSpotトラッキングコードをインストールした後は、次のステップとして、内部トラフィック、リファラードメイン、ボットなどのトラフィックをサイトアナリティクスから除外します。

設定したボットアクティビティーとIPアドレスは、次のデータで除外されます。

  • CTAの閲覧数とクリック数
  • ページビュー数とセッション数
  • フォームの閲覧数と送信数
  • クリックされたイベント数
  • ソーシャル投稿のクリック数
  • ワークフローへの登録(イベント発生時とフィルター条件への適合時の両方を含む)

注:

  • 新しく追加されたIPアドレスがサイト分析から除外されるまでに最大で10分かかることがあります。
  • 登録トリガーの基準を除外アクティビティーにする場合は、イベントワークフロー登録を使用することをお勧めします。

ボットアクティビティーを絞り込む

この設定をオンにすると、HubSpotはボットのアクティビティーを検出し、それらのボットから提供されたエンゲージメントを分析から削除します。これは以降、マーケティングEメールやページなどの既存の測定指標に影響する可能性があります。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[トラッキングとアナリティクス]>[トラッキングコード]に移動します。
  • [高度なトラッキング]タブをクリックします。
  • [ボットの絞り込み]スイッチをクリックしてオンに切り替え、既知のインターネットボットからの全てのアクティビティーを絞り込みます。

  • 左下の[保存]をクリックします。

IPアドレスまたはリファラーからトラフィックを除外する

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[トラッキングとアナリティクス]>[トラッキングコード]に移動します。
  • [高度なトラッキング]タブをクリックします。
  • [除外するIPアドレス]テキストボックスに、除外するIPアドレスまたはIP範囲を入力します。
    • 現在のIPアドレスがテキストボックスの上に表示されます。これを除外するには、コピーしてテキストボックスに貼り付けます。ネットワークを変更した場合や、新しいネットワークからサイトを訪問する訪問者がいる場合、後からIPを追加することもできます。IPアドレスを手動で見つける必要がある場合は、https://www.whatismyip.com/またはhttp://ip4.meにアクセスするか、IT部門またはインターネットプロバイダーに問い合わせてください。IPアドレスが動的な場合は、インターネットプロバイダーがオフィスや自宅のネットワーク用に静的IPを提供しているかどうかを確認し、代わりにそれを使用してください。
    • このフィールドでは、IPv4とIPv6のどちらのアドレスと範囲でも使用できます。
      • IPv4アドレスはx.x.x.xの形式になっています。ここで「x」はオクテットと呼ばれ、0~255の範囲の10進数である必要があります。オクテットはピリオドで区切ります。IPv4アドレスには3つのピリオドと4つのオクテットが含まれている必要があります。次の例は、有効なIPv4アドレスです。

        • 1.2.3.4
        • 01.102.37.255
      • IPv6アドレスは、標準(純粋なIPv6形式)またはデュアル(IPv6形式とIPv4形式の組み合わせ)のいずれかの形式になります。IPv6(標準)アドレスは、y:y:y:y:y:y:y:yの形式になります。「y」はセグメントと呼ばれ、0~FFFFの範囲の任意の16進数値になります。IPv6(デュアル)アドレスは、IPv6とIPv4アドレスを組み合わせたy:y:y:y:y:y:x.x.x.xの形式になります。次の例は、有効なIPv6アドレスです。

        • 2001:db8:3333:4444:5555:6666:7777:8888(標準)
        • 2001:db8:3333:4444:5555:6666:1.2.3.4(デュアル)
    • 異なるIPアドレスを区切るにはカンマを使用します(例:63.139.127.5, 63.139.127.23)。IPアドレスの範囲全体を表すにはダッシュを使用します(例:64.159.127.0 - 64.159.127.255)。
  • [これらのリファーラルドメインから]テキストボックスに、除外するリファラードメインまたはIPアドレスを入力します。これは、不要なトラフィックやスパムトラフィックをブロックするために最もよく使用される方法です。独自の外部ドメインからトラフィックを除外する場合は、HubSpotで複数のドメインをトラッキングする方法をご確認ください。

  • 左下の[保存]をクリックします。

    注:

    • 除外対象のトラフィックにIPアドレスまたはリファラードメインを追加すると、そのIPアドレスまたはドメインからの訪問数、ページ閲覧数、送信数、またはイベントデータはHubSpot分析に記録されなくなります。追加したIPアドレスまたはリファラードメインからの履歴トラフィックが過去に遡って削除されることはありません
    • サイトドメインとして含まれているドメインをブロックすることはできません。例えば、ルートドメインであるhubspot.comがサイトドメインとして含まれている場合、app.hubspot.comを除外することはできません。サイトドメインがルートドメインではなく、www.hubspot.comのようなサブドメインであれば、app.hubspot.comをブロックできます。
    • サブドメインを除外しても、同じルートドメインを持つ他のサブドメインやルートドメイン自体が除外されることはありません。例えば、example.thisdomain.comを除外することにしたとしても、thisdomain.comとblog.thisdomain.comからのトラフィックは引き続き分析できます。
    • 訪問者が除外されたIPアドレスからページを訪問すると、HubSpotはそのユーザーのブラウザーにCookieを設定しますが、Cookieはコンタクトレコードに関連付けられません。したがって、ページビューなどのアナリティクスをコンタクトレコードに関連付けることができず、パーソナライズトークンが機能しません。 
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。