メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Landing Pages

非公開コンテンツにアクセスするためのメンバー登録を必須にする

更新日時 2022年 10月 3日

対象製品

Service Hub Professional, Enterprise
CMS Hub Enterprise

公開権限を付与されているユーザーは、HubSpot上にホスティングされている特定のページ、ブログ記事、ナレッジベースの記事に、アクセス可能なコンタクトを指定できます。閲覧用のパスワード登録が必要な特定のコンテンツに、特定のHubSpotリストのコンタクトを招待することができます。このコンテンツは、登録されログインしたコンタクトのみが閲覧することができます。

CMS Hub Enterpriseアカウントブログ記事、ランディングページ、ウェブサイトページのプライベートコンテンツに対応しています。サービスハブのプロフェッショナルおよびエンタープライズアカウントは、ナレッジベース記事のプライベートコンテンツに対応しています。これらのサブスクリプションのいずれかを持つアカウントのユーザーは、ログインしている訪問者とチャットするためにチャットフローをターゲットにすることもできます。 

注意:パスワードで保護されたコンテンツは、検索エンジンのインデックスに含まれませんが、機密データは暗号化されませんので、ご注意ください。HubSpotはパスワードで保護されたページに対してnoindexと同等のレスポンスを送信するため、検索エンジンはそのページを検索インデックスに含めませんが、URLのクロールは可能です。検索エンジンによるURLのクロールを止めるには、robot.txtファイルで許可しないようにします。

始める前に

  • 非公開コンテンツのパスワードは次の条件を満たす必要があります。
    • 登録ユーザー名の一部が含まれていない。
    • アルファベットの並び(abc)、数値の並び(123)、繰り返し文字(aaa)、またはキーボードのqwertyの並び(qwe)が含まれていない。
    • 大文字、小文字、数字、記号のうち3つを含み、少なくとも8文字で構成されている。
                または
    • 大文字、小文字、数字、記号のうち2つを含み、少なくとも10文字で構成されている。
                または
    • 少なくとも12文字で構成されている。
  • 非公開コンテンツ機能は、貴社が所有している接続済みサブドメインでのみ機能します。HubSpotアカウントの既定のサブドメイン(例:hs-sites.com)で公開したコンテンツに対しては、メンバーシップアクセスが有効になりません。

  • ユーザーインターフェイスからはパスワードにアクセスできないため、特定のユーザーがコンタクトのメンバーシップ ログイン パスワードを検索することはできません。 

  • パスワードは、最新の業界勧告および業界標準に従ってHubSpotのサーバーに安全に格納されます。
  • 貴社のHubSpotアカウント内の全てのユーザーは、非公開のブログ記事/ウェブサイトページの公開バージョンを閲覧できます。サービスアクセス権限を付与されているユーザーは、非公開のナレッジベース記事の公開バージョンを閲覧できます。 

ページのメンバーシップ登録を設定する

CMS Hub Enterpriseアカウントでは、ランディングページやウェブサイトページのメンバーシップを設定できます。ページを登録必須の非公開に設定すると、選択したリストのメンバーになっているコンタクトに登録Eメールが送信され、メンバーはパスワードを設定できます。

リストに新しいコンタクトが追加されると、そのコンタクトにもパスワード登録の完了に必要なEメールが届きます。このメールの言語は、お客様のドメインの主言語によって設定されます。

コンタクトは、異なるドメインの複数のコンテンツオブジェクトに既に関連付けられているリストに追加される場合があります。この場合、電子メールのドメインは、このリストの最初の適用可能なコンテンツタイプによって決定されます。

  • ナレッジベース記事
  • ウェブサイトページ
  • ブログ記事
  • ランディングページ

コンテンツを非公開に設定した後、Eメールが処理されるまでに2分間の遅延があります。この遅延の間に、非公開コンテンツの掲載を止めるか、コンテンツのアクセス設定を公開に戻すことで、Eメールをキャンセルできます。この間、関連のあるリストから削除されたコンタクトにはEメールが送信されません。この遅延の後、3~4分程度の標準的な処理時間が経過するとEメールが送信されます。

注:貴社のドメイン内にある他の非公開コンテンツを表示するためのパスワードを設定済みのコンタクトには、追加のEメールは届きません。このようなユーザーは、既存のパスワードを使用してログインし、リストのメンバーシップに基づいてアクセス権を付与されている非公開コンテンツを表示できます。

  • コンテンツを開きます。

    • ウェブサイトページ:HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [ウェブサイト] > [ウェブサイトページ]の順に進みます。
    • ランディングページ:HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [ランディングページ]の順に進みます。
  • ページの上で、[編集]をクリックします。
  • ページエディター内の[設定]タブをクリックします。
  • [詳細オプション]をクリックし、詳細設定を展開します。
  • [ページのオーディエンスアクセスを管理]セクションで、[非公開 - 登録が必要]を選択します
  • ドロップダウンメニューをクリックし、このページにアクセスするために登録が必要なコンタクトについて、リストの横にあるチェックボックスを選択します。

    control-audience-access-editor
  • [保存して、Eメールを送信]をクリックします。

コンタクトは、制限付きのページURLを訪問すると登録とログインを求められます。訪問者が正常にログインすると、HubSpotによって訪問者のウェブブラウザーにcookieが追加され、訪問者は再ログインを求められなくなります。必要に応じて、ドメインの非公開コンテンツアクセスからログアウトするための直接リンクをコンタクトに送信できます。

ページダッシュボードからページのメンバーシップ登録を設定するには、次の手順に従います。

  • ページの上で、[その他]ドロップダウンメニューをクリックし、[オーディエンスアクセスを管理]を選択します。
  • オーディエンスアクセスを一括で制御するには、ページの横にあるチェックボックスを選択してから、[オーディエンスアクセスの管理]をクリックします。

    control-audience-access-bulk

ランディングページとウェブサイトページの場合、ページ名の下のダッシュボードにオーディエンスアクセスが表示されます。

  • コンテンツを開きます。

    • ウェブサイトページ:HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [ウェブサイト] > [ウェブサイトページ]の順に進みます。
    • ランディングページ:HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [ランディングページ]の順に進みます。
  • ページの名前をクリックして、アクセス制限の詳細を表示します。

  • ページ詳細画面では、ページが非公開でパスワードまたは登録が必要かが、ページの最上部のラベルに示されます。登録が必要なページの場合に、どのリストがページにアクセスできるかを確認するには、[詳細を表示]をクリックします。

page-details-private-content-registration

ブログのメンバーシップ登録を設定する

CMS Hub Enterpriseアカウントでは、ブログのメンバーシップを設定できます。ブログ記事の設定はアカウント設定で管理します。非公開ブログコンテンツのメンバーシップ登録を設定するには、全てのブログ記事を非公開に設定する必要があります。

ブログのコンテンツを非公開に設定すると、カスタマイズされたコンテンツアクセスに未登録のコンタクトに対し、登録Eメールが送信されます。このEメールの言語は、ドメインのプライマリー言語に設定されます。

コンテンツを非公開に設定した後、Eメールが処理されるまでに2分間の遅延があります。この遅延の間に、非公開コンテンツの掲載を止めるか、コンテンツのアクセス設定を公開に戻すことで、Eメールをキャンセルできます。この間、関連のあるリストから削除されたコンタクトにはEメールが送信されません。この遅延の後、3~4分程度の標準的な処理時間が経過するとEメールが送信されます。

注:貴社のドメイン内にある他の非公開コンテンツを表示するためのパスワードを設定済みのコンタクトには、追加のEメールは届きません。既存のパスワードでログインし、リストメンバーシップに基づきアクセスできるプライベートコンテンツを閲覧することができます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[ブログ]の順に進みます。
  • 左上の[修正するブログを選択]ドロップダウンメニューをクリックして、ブログを選択します。
  • [全般]タブで、[これは非公開のブログです - 登録が必要]チェックボックスをオンにします。
  • [リストを選択]ドロップダウンメニューを使用して、アクセス権を付与するコンタクトのリストを選択します。この操作により、非公開コンテンツアクセスに未登録のコンタクトに対し、登録Eメールが送信されます。

control-audience-access-to-blog

  • [保存]をクリックして変更を適用します。

ナレッジベースのメンバーシップ登録を設定する

Service HubのProfessional、Enterpriseアカウントでは、ナレッジベース記事のメンバーシップを設定できます。ナレッジベース記事を登録必須の非公開に設定すると、選択したメンバーのリストになっているコンタクトに登録Eメールが送信され、メンバーはパスワードを設定できます。

リストにコンタクトが追加されると、そのコンタクトにもパスワード登録の完了に必要なEメールが届きます。このEメールの言語は、ドメインのプライマリー言語に設定されます。

コンテンツを非公開に設定した後、Eメールが処理されるまでに2分間の遅延があります。この遅延の間に、非公開コンテンツの掲載を止めるか、コンテンツのアクセス設定を公開に戻すことで、Eメールをキャンセルできます。この間、関連のあるリストから削除されたコンタクトにはEメールが送信されません。この遅延の後、3~4分程度の標準的な処理時間が経過するとEメールが送信されます。

注:貴社のドメイン内にある他の非公開コンテンツを表示するためのパスワードを設定済みのコンタクトには、追加のEメールは届きません。このようなユーザーは、既存のパスワードを使用してログインし、リストのメンバーシップに基づいてサイト上でアクセス権を付与されている非公開コンテンツを表示できます。

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [ナレッジベース]の順に進みます。
  • [記事]タブに進みます。
  • 記事の上で、[編集]をクリックします。
  • エディターで[設定]タブをクリックします。
  • [オーディエンスアクセスの管理]セクションで、[非公開 - 登録が必要]を選択します。
  • ドロップダウンメニューをクリックし、この記事にアクセスするために登録が必要なコンタクトについて、リストの横にあるチェックボックスを選択します。
knowledge-article-audience-access
  • 右上にある[更新]をクリックします。

コンタクトは、制限付きの記事URLを訪問すると登録とログインを求められます。訪問者が正常にログインすると、HubSpotによって訪問者のウェブブラウザーにcookieが追加され、訪問者は再ログインを求められなくなります。必要に応じて、ドメインの非公開コンテンツアクセスからログアウトするための直接リンクをコンタクトに送信できます。

注:公開ナレッジベース上の非公開記事は、その記事にアクセスできないユーザーのカテゴリーおよびサブカテゴリーの下には表示されません。 

記事ダッシュボードからオーディエンスアクセスを管理するには次の手順に従います。
  • 記事の上で、[その他]ドロップダウンメニューをクリックし、[オーディエンスアクセスの管理]を選択します。
  • 複数の記事のオーディエンスアクセスを一括で制御するには、アクセスを制限する記事の横にあるチェックボックスを選択してから、[オーディエンスアクセスの管理]をクリックします。

    knowledge-article-control-access-bulk

ダッシュボードの記事名の下にオーディエンスアクセスが表示されます。

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [ナレッジベース]の順に進みます。
  • [記事]タブに進みます。
  • 記事の名前をクリックしてアクセス制限の詳細を表示します。

knowledge-article-restricted

  • ページ詳細画面では、ページが非公開でパスワードまたは登録が必要かが、ページの最上部のラベルに示されます。 

設定とテンプレートのカスタマイズ

以下のサブスクリプションで、プライベートコンテンツ登録用のメールとページのカスタムテンプレートを作成できます。

  • CMS Hub Enterpriseのサブスクリプション

オア

  • A サービスハブプロフェッショナル/エンタープライズサブスクリプションとCMSハブプロフェッショナル版サブスクリプション

これらのカスタムテンプレートは、プライベートコンテンツ設定の「一般」タブで提供される情報を使用します。

非公開コンテンツの全般設定のカスタマイズ

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[非公開コンテンツ]の順に進みます。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、非公開コンテンツがホスティングされているドメインを選択します。
  • [全般]セクションで会社名を入力します。これは、登録ページテンプレートに表示されます。
  • ウェブサイト管理者のテキストフィールドには、訪問者がログイン、ログアウト、または登録に問題がある場合に連絡するユーザーの電子メールアドレスを入力してください。このフィールドが空白のままだと、そのアカウントでアクティブなスーパー管理者の電子メールアドレスが使用されます。 
  • [リダイレクト先]セクションでは、特定のアクションが完了した後、サイトの特定のページにコンタクトを誘導できます。 
    • 登録後:訪問者が登録後にリダイレクトされるページ。 
    • サインイン後:訪問者がログインしたものの特定の非公開コンテンツを表示するためのリンクをクリックしなかった場合に表示されるページ。訪問者が特定のパスワード保護されたページを表示するためにサインインした場合は、代わりにその非公開ページが表示されます。
    • サインアウト後:訪問者がサインアウト後にリダイレクトされるページ。ウェブサイト上の特定のページを選択しない場合、コンタクトにはサインアウトしたことを示すシンプルな既定のページが表示されます。

登録Eメールテンプレートのカスタマイズ

既定の非公開コンテンツは、非公開コンテンツ設定の[全般]タブで会社名とロゴを設定したシンプルな登録Eメールになります。カスタムEメールを作成するオプションもあります。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[非公開コンテンツ]の順に進みます。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、ドメインを選択します。
  • メール」セクションでは、以下のメールテンプレートをカスタマイズできます。
    • 登録招待メール:プライベートコンテンツへのアクセスに招待された訪問者に送られるメール。
    • パスワード確認メール:登録時に新しいパスワードが保存されたこと、またはパスワードがリセットされたことを確認するために訪問者に送信されるメールです。
    • パスワードリセットEメール:訪問者がパスワードをリセットしたときに送信されるEメール。
  • カスタマイズしたいメールの下にある「アクション」ドロップダウンメニューをクリックし、「作成」を選択します。
  • クラシックEメールエディター(更新版)またはドラッグ&ドロップで操作できるEメールエディターで新しいEメールを作成します。
  • Eメールを公開したら、非公開コンテンツの設定に進みます。
  • ドロップダウンメニューをクリックし、新しいEメールを選択します。

カスタマイズ登録メールテンプレート

メンバーシップ登録ページテンプレートのカスタマイズ

全てのアカウントには、メンバーシップ登録ページのシンプルなテンプレートが含まれています。このページテンプレートをカスタマイズするには、開発者がデザインマネージャー内で新しいHTML/HubLテンプレートを作成する必要があります。

開発者は、訪問者がソーシャルメディア資格情報を使用してログインできるようにすることもできます。開発者は、テンプレートにメンバーシップのソーシャル ログイン モジュールを追加し、モジュールにFacebookアプリIDやGoogle クライアントIDを渡す必要があります。HubSpotの開発者ドキュメントをご確認ください。

注:テンプレートを非公開コンテンツ設定に表示するには、デザインマネージャーでの新規HTML/HubLテンプレートの作成時に、該当するテンプレートタイプを選択する必要があります。

customize-private-content-page-templates

非公開コンテンツページの新しいカスタムHTMLテンプレートを選択するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[非公開コンテンツ]の順に進みます。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、ドメインを選択します。
  • [テンプレート]タブに進みます。
  • 登録サインインパスワードリセットのセクションでは、ドロップダウンメニューを使用して、以下のページタイプ用のカスタムHTMLテンプレートを選択することができます。
    • 登録ページ:招待されたコンタクトが、非公開コンテンツにアクセスするためにサインアップできるページ。
    • アクセス拒否ページ:非公開コンテンツへのアクセス権が付与されていない場合に訪問者に代わりに表示されるページ。
    • サインインページ:訪問者がプライベートなコンテンツにアクセスするためにサインインするページ。
    • サインアウトページ:訪問者がサインアウトした後に表示されるページ。
    • パスワード リセット リクエスト ページ:訪問者がパスワードのリセットをリクエストするときに表示されるページ。
    • パスワード新規作成ページ:訪問者が新しいパスワードを作成するページ。

サインインページテンプレート

非公開コンテンツのメンバーシップ登録のトラブルシューティング

特定のコンタクトにアクセス権が付与されている非公開コンテンツを確認する

どの非公開コンテンツにコンタクトがアクセスできるかを確認するには、コンタクトレコードの詳細を確認します。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左パネルの[リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権]セクションで、[リストメンバーシップを管理]をクリックすると、コンタクトがメンバーになっているリストと、コンタクトにアクセス権が付与されている非公開ページ数が表示されます。
  • 特定のリストの上で、[詳細]をクリックします。
  • 右のパネルで、[オーディエンスアクセス]をクリックすると、リスト内のコンタクトにアクセス権が付与されている非公開ページの名前が表示されます。

lists-audience-access

登録Eメールを特定のコンタクトに再送信する

コンタクトがログイン操作を10回失敗すると、コンタクトのアカウントがロックされます。コンタクトレコードから、パスワードリセット用リンクをコンタクトにEメールで送信できます。

コンタクトが登録Eメールを受信できない場合、コンタクトに対し、noreply@domain.com(「domain」は貴社の非公開ページがホスティングされているサブドメイン)をアドレス帳に追加してもらうか、貴社の送信元IPアドレスを許可リストに追加してもらうよう依頼します。

注意:パスワードリセットリンクは、24時間以内に1回のみ有効です。リンクは、コンタクトが使用した場合、またはメール送信後24時間経過した場合に失効します。

コンタクトレコードから、登録EメールまたはパスワードリセットEメールを送信するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左パネルの[リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権]セクションで、[リストメンバーシップを管理]をクリックします。
  • 右上にある[登録を管理]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • 最初の登録メールを受け取った後、連絡先が登録されていない場合は、「登録メールを再送信する」を選択してメールを再送信してください。
    • すでに登録済みのコンタクトによるログインパスワードの紛失の場合は、[パスワードをリセット]を選択してコンタクトにパスワードのリセットEメールを送信します。コンタクトはログインページの[パスワードをお忘れですか?]をクリックして、パスワードを自分でリセットすることもできます。

コンタクトの登録はコンタクトが最初に登録したメールであるかどうかに関係なく、コンタクトの主要なメールに接続されていることに注意してください。登録済みの連絡先のプライマリメールをHubSpot内で変更すると、そのメールと以前に設定したパスワードで自動的にログインできるようになります。また、「パスワードのリセット」「パスワードをお忘れの方」のメールは、新しいメールアドレスに送信されます。

reset-password-or-resend-email

非公開コンテンツ登録に関するコンタクトのプロパティー

非公開コンテンツの閲覧に招待されるコンタクトには、自動更新されるコンタクトプロパティーがあります。[メンバーシップのメモ]プロパティーは、手動またはワークフローで更新できます。

  • 登録Eメールの送信先ドメイン:コンテンツメンバーシップへの登録招待Eメールが送信された宛先ドメイン。
  • メンバーシップのメモ:コンタクトのコンテンツメンバーシップに関するメモ。 
  • 登録日時:コンタクトが自分のコンテンツメンバーシップを設定した日時。
  • 登録Eメール送信時間:登録Eメールがコンタクトに送信された日時。

登録ページへの直接リンクを登録済みコンタクトに送信する

非公開コンテンツ用のログインページへの直接リンクをコンタクトに送信するには、ページドメインの末尾に「/_hcms/mem/login」を追加します。

たとえば、inbound-marketing.comでホスティングされているコンテンツの場合、ログインページURLは「http://inbound-marketing.com/_hcms/mem/login」です。

注:このリンクは、ユーザー名とパスワードを登録済みの顧客にのみ使用できます。

log-in-cms-membership-page

コンタクトをログ アウト ページに誘導するにはページドメインの末尾に「/_hcms/mem/logout」を追加します。

たとえば、inbound-marketing.comでホスティングされているコンテンツの場合、ログアウトページURLは「http://inbound-marketing.com/_hcms/mem/logout」です。

アカウント上の全てのメンバーシップ登録アクティビティーをエクスポートする

登録ページと非公開コンテンツ上でのコンタクトによる全てのやり取りを確認するために、アクティビティーログをダウンロードできます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[非公開コンテンツ]の順に進みます。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、非公開コンテンツがホスティングされているドメインを選択します。
  • 設定の下方にスクロールし、[アクティビティーログをダウンロード]をクリックします。

export-private-content-activity-log

  • [ファイル形式]ドロップダウンメニューをクリックしてファイルタイプを選択します。
  • [エクスポート]をクリックします。

非公開コンテンツまたは登録ページを使用した各コンタクトのEメールアドレスとコンタクトIDを含むスプレッドシートが届きます。ファイルには、各コンタクトが正常に登録を完了したか、非公開コンテンツを表示するためにログインしたかどうかが含まれています

非公開コンテンツへのアクセス権を削除する

コンテンツへのアクセス権をコンタクトから取り消すには、許可リストからコンタクトを除去するか、コンタクトを削除できます。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.