お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

受信者のタイムゾーンに基づいて Eメールをスケジュール

更新日時 1月 17, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional

HubSpot マーケティング Eメールを送信するときには、[タイムゾーン送信] 機能を使用して、受信者のタイムゾーンで特定の時間に Eメールをスケジュール設定することができます。つまり、コンタクトレコードの受信者の [IPのタイムゾーン] プロパティ値に基づいて、Eメールが一括で送信されます。このプロパティの値がないコンタクトは、あなたのアカウントタイムゾーンで Eメールを受信します。

注:この機能は、クラシックエディターでのみ利用可能であり、ドラッグ&ドロップエディターでは使用できません。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • スケジュールを設定するEメールの名前をクリックします。
  • Eメールの準備ができたら、[送信またはスケジュール] タブをクリックします。
  • ここから、[タイムゾーンに基づいてスケジュール] をクリックし、表示されたドロップダウンメニューから日付時刻を選択します。
  • 日付と時刻を選択したら、[受信者のタイムゾーンをチェック]をクリックして、Eメールが受信者のタイムゾーンに基づいて受信者に送信されるタイミングを確認します。[予定時刻]列は、自分のタイムゾーンに基づいています。
  • 右上の[スケジュール]をクリックします。

Eメールが、受信者のタイムゾーンで受信者に送信されるようにスケジュールされました。送信後詳細画面で、ページ上部の[タイムゾーン]ドロップダウンをクリックして、特定のタイムゾーンまたはすべてのタイムゾーンの受信者のEメールのパフォーマンスを一括で表示します。[タイムゾーン]タブをクリックすると、タイムゾーン全体での Eメールのパフォーマンスを分析することもできます。

注:スマート送信 Eメールがスケジュールされた後では、送信後詳細画面から最初の送信に受信者を追加することはできません。代わりに[複製]をクリックして Eメールを複製し、別の受信者の一群を選択します。