メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CTAs

コールトゥアクションのパフォーマンスを分析

更新日時 2021年 11月 30日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
CMS Hub Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

CTAを作成し、HubSpotコンテンツに追加した後、パフォーマンスを分析して、最も多くの閲覧数とクリック数をクリックするCTAを特定します。 

コールトゥアクション・ダッシュボードの見直し

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [CTA]の順に進みます。
  • Calls-to-actionダッシュボードでは、あなたのCTAのリストを見ることができます。CTA テーブルの上にあるドロップダウンメニューを使って、CTAをフィルタリングします。
    • 日付範囲:特定の時間範囲でCTAをフィルタリングします。 
    • キャンペーン:関連するキャンペーンでCTAをフィルタリングします。
    • タイプ:シンプルなCTA、多変量CTA、スマートCTAなど、CTAのタイプでフィルタリングします。 
    • チーム:割り当てられたチームごとにCTA をフィルタリングします。


  • CTA表でCTAを並べ替えるには、以下のいずれかの列見出しをクリックします。
    • 名前:CTAの内部名。
    • Views: CTAが訪問者に見られた回数です。
    • クリック率: CTAのクリックにつながったビューの割合。
    • クリック数:CTAのクリック数。
    • 場所: CTAが使用されているHubSpotのアセット(ページ、メール、ブログ記事など)の数です。
    • Last modified: CTAが最後に修正された日付。

個々のコールトゥアクションのパフォーマンスを確認

  • CTAのパフォーマンスの詳細を表示するには、Callls-to-actionダッシュボードでCTAの名前をクリックします。
  • 個々のCTAのページで、「日付範囲」のドロップダウンメニューをクリックすると、特定の時間範囲でデータをフィルタリングすることができます。 

コールトゥアクションのパフォーマンスレポート 

  • ビュー、クリック、サブミッション:これらのレポートは、選択された期間におけるビュー、クリック、オープンの内訳を示します。
    • CTAのメトリックを表示するには、チャート内のデータポイントにカーソルを合わせます。
    • 別の指標を選択するには、左上のドロップダウンメニューをクリックします。

  • 閲覧、クリック、投稿のコンバージョン:このレポートは、選択した期間の閲覧、クリック、投稿のカウントとコンバージョン率を表示します。



  • コールトゥアクションの配置:このレポートでは、CTAのパフォーマンスの詳細な内訳が表示されます。すべてのコンテンツのデータを見ることも、ページやメールだけを見ることもできます。
    • すべてのコンテンツのデータを表示したい場合や、ページやメールだけを表示したい場合は、右上のコンテンツタイプを選択します。
    • 特定のページURLでのCTAのパフォーマンスの内訳を見るには、CTAの名前をクリックします。
    • CTAのパフォーマンスを測定するには、この2つの指標を観察・分析することをお勧めします。
      • クリック率:クリック率は、CTAをクリックした人の割合です。CTAのクリック率を別のCTAまたはCTAの履歴パフォーマンスと比較します。 
      • 送信率:送信率は、CTAをクリックした後、フォームを送信した人の割合です。あるCTAの送信率を別のCTAと比較したり、CTAの過去のパフォーマンスを比較したりします。

注:

  • 投稿率にはミーティングリンクのクリック数は含まれていません。
  • CTAの送信は、個々のページに正確に帰属させることができないため、送信データはページのURLごとに記録されません。投稿はむしろCTAの方がグローバルに報告されます。

 

 

  • Revenue Attribution(Marketing Hub Enterpriseのみ):このレポートは、キャンペーンの帰属収益、帰属収益のある案件、帰属収益のある連絡先を表示します。