お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

マーケティング E メールのウェブバージョンを作成します。

更新日時 2021年 4月 30日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

マーケティングEメールのウェブバージョンを有効にすると、Eメールの内容を使用してウェブページが自動的に生成されます。

Eメールのウェブバージョンを有効にして構成

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • マーケティングE メールの上にカーソルを置き、[編集]をクリックします。
  • コンテンツエディターで、[設定]タブをクリックします。
  • [>プレーンテキストとウェブバージョン]をクリックします。
  • ウェブバージョンスイッチをクリックして切り替えます。次に以下の設定をカスタマイズします:
    • ページタイトル:ブラウザータイトルバーに表示されるウェブバージョンのテキスト。
    • ページ URL:ウェブバージョンの URL。ドメイン ドロップダウンメニューをクリックして、接続済みドメインを選択します。テキストフィールドにページスラッグを入力します。ドメインのホームページに公開するには「/」のみを使用してください。
    • ページ公開期限
      • Marketing Hub Starter」アカウントを使用している場合、EメールのウェブバージョンはEメールの公開1年後に失効します。Eメールのウェブバージョンの有効期限が切れたときに別のページにリダイレクトするように設定できます。[When page expires, redirect visitors to(ページの期限が切れたとき、訪問者を次へリダイレクト)]ドロップダウンメニューをクリックし、ページを選択します。
      • Marketing Hub Professional」または「Enterprise」アカウントを使用している場合、オプションで[特定の日にページを失効させる]チェックボックスを選択して、スケジュール設定された日時にウェブバージョンのEメールをHubSpotページまたは外部URLにリダイレクトさせることができます。

marketing-email-enable-web-version

  • Marketing Hub Professional」または「Enterprise」アカウントを使用していて、更新されたクラシックEメールエディターを使用している場合は、デザインマネージャーでEメールのウェブバージョンを編集できます。
    • [ウェブバージョン情報]の下で、[ウェブバージョンのコンテンツを編集]をクリックします。E メールテンプレートは新しいブラウザータブまたはウィンドウのデザインマネージャーで開きます。
    • テンプレートエディターで、[ウェブページを表示]モジュールをクリックし、モジュールインスペクターで既定のコンテンツを編集します

ご注意ください: E メールがまだ下書きであるときには E メールのウェブバージョン URLは機能しません。この URL は Eメールの送信後に公開中のページになります。

  • 詳細設定にウェブバージョンスイッチが表示されず、「このEメールのウェブバージョンを作成するには、テンプレートにウェブバージョンのモジュールを含める必要があります」というメッセージが表示される場合は、Eメールテンプレートに[ウェブページとして表示]モジュールを追加します。
    • [テンプレート]セクションでテンプレートのサムネイルの上にカーソルを置き、[テンプレートを編集]をクリックします。
  • E メールテンプレートは新しいブラウザータブまたはウィンドウのデザインマネージャーで開きます。[ウェブページのモジュールとして表示]を検索しテンプレートに追加します
  • 右上の[変更を公開]をクリックして、テンプレートの変更内容を公開します。
カスタムコードテンプレートを使用している場合、テンプレートに{{view_as_page_section}}または {{view_as_page_url}}トークンが含まれていることを確認してください。