メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

ドメインをHubSpotに接続する

更新日時 2024年 5月 30日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

ウェブサイトドメインをHubSpotに接続し、HubSpotでホスティングしているウェブサイト、ランディングページ、ブログ記事、ナレッジベース記事、およびカスタマーポータルでコンテンツを公開します。 

始める前に

  • サブスクリプションに基づき、ドメインに公開できるコンテンツのタイプについて詳細をご確認ください。
  • ドメインを接続するには、DNSレコードを更新する必要があります。DNSプロバイダーのログイン詳細があり、DNSレコードにアクセス可能であることを確認します。 
  • 稼働中のウェブサイトをHubSpotに移行する場合、ドメインにSSLを事前プロビジョニングする場合は、ドメイン検証プロセスを確認してください。 
  • サブドメインは、1つの場所でのみページをホスティングできます。外部ページを現在ホスティングしているサブドメインをHubSpotに接続した場合、それらの外部ページへのリンクは機能しなくなります。複数の場所(HubSpotとWordPressなど)でページをホスティングするには、プロバイダーごとに別のサブドメインを使用してください。 
  • サブドメイン(www.hubspot.comなど)をHubSpotに接続するには、CNAMEレコードを更新する必要があります。ルートドメイン(hubspot.comなど)をHubSpotに接続するには、Aレコードを更新する必要があります。 
  • すべてのIPアドレスの形式はIPv4です。このようなオンラインツールを使用して、形式をIPv6に変換することができます。 

新しいドメインを接続する

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[コンテンツ]>[ドメインとURL]の順に移動します。
  • [ドメインを接続]をクリックします。 
  • 接続するドメインのタイプを選択します。
    • プライマリー:このサブドメインは、HubSpot上で選択したコンテンツタイプの既定のホストになります。
    • セカンダリー:このサブドメインでHubSpotコンテンツをホスティングできますが、このサブドメインはコンテンツの既定として設定されません(Marketing Hub ProfessionalおよびEnterprise、Content Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみ)。セカンダリードメインを接続するには、その前に、プライマリードメインを接続する必要があります。 
    • リダイレクト:このサブドメインは、コンテンツのホスティングには使用できませんが、HubSpotに接続されている別のドメインに自動的にリダイレクトされます。
    • Eメール送信:このサブドメインによって、HubSpot Eメールに認証レイヤーが追加されます。さらに詳しくEメール送信ドメインの接続方法 .
  • リバースプロキシーに接続している場合は、[HubSpotの組み込みコンテンツ配信ネットワーク(CDN)と接続]スイッチをクリックしてオフに切り替えます。 
  • [接続]をクリックします。

connect-a-domain-without-reverse-proxy

  • このドメインでホスティングする各コンテンツタイプの横にあるチェックボックスをオンにして、[次へ]をクリックします。

注: Eメールコンテンツタイプは、「ウェブ」バージョン、画像、マーケティングEメールの配信登録ページURLに使用されます。これはEメール送信ドメイン(マーケティングEメールの送信に使用する送信者アドレスの認証に使用される)とは異なります。Eメール送信ドメインを接続する方法を学びます。


2024-05-29_09-37-49
  • ドメインを入力し、[次へ]をクリックします。 

enter-root-domain-to-connect

注:ドメインがすでにHubSpotのお客さまによって追加されていることを示すエラーが発生した場合は、そのドメインが別のHubSpotアカウントで使用されていないことを確認してください。ドメインを使用しているアカウントにアクセスできない場合や、エラーが発生したドメインが別のお客さまのアカウントで使用されていると思われる場合は、HubSpotサポートにお問い合わせください。

  • ドメインの4つのコンポーネントを設定します。
    • サブドメイン:サブドメインはドメイン名の先頭部分です。例えば、blog.mywebsite.comの場合、blogがサブドメインです。ルートドメインを接続してコンテンツをホスティングするには、このフィールドを空白のままにします。
    • ブランドドメイン:ブランドドメインはサブドメインとトップレベルドメインの間にある部分で、ドメイン名とも呼ばれます。例えば、blog.mywebsite.comの場合、mywebsiteがブランドドメインです。初めてドメインを接続する場合、このドメインがアカウントのブランドドメインとして設定されます。ブランドドメインの詳細 .
    • トップレベルドメイン:トップレベルドメインは、ブランドドメインの後に続く部分です。例えば、「blog.mywebsite.com」の場合、「.com」がトップレベルドメインです。
    • プライマリー言語:プライマリー言語は、サブドメインのページコンテンツで使用される言語を検索エンジンが認識する際に役立ちます。詳しくはこちら多言語コンテンツの管理 .
enter-domain-to-connect-to-hubspot(HubSpotに接続するドメインに入る
  • 右下の[次へ]をクリックします。
  • リダイレクトは、ルートドメインとサブドメインのどちらに接続しているかに応じて、ルートドメインから入力したサブドメインへ、または「www」サブドメインからルートドメインへのいずれかに自動的に設定されます。これらのデフォルトのリダイレクトを編集するには、次のようにします。
    • [リダイレクトを編集]をクリックします。
confirm-redirects-for-root-domain
    • ダイアログボックスで、接続されたドメインに訪問者をリダイレクトするドメインを入力し、[保存]をクリックします。

次のステップでは、DNSプロバイダーにログインしてDNSレコードにアクセスする必要があります。アクセス権がない、または方法が不明な場合は、社内のITチームに問い合わせるか、DNSプロバイダーに直接問い合わせてください。

最も一般的なDNSプロバイダーのDNSレコードを編集するための詳細な手順については、DNSセットアップガイドをチェックしてください。 

  • GoDaddyを使用している場合は、[GoDaddyでオーソライズ]をクリックします。GoDaddyアカウントへのログインを求めるメッセージが表示されます。これにより、HubSpotからGoDaddyアカウントへのアクセスが可能になり、ドメインのCNAMEレコードが自動的に更新されます。
  • IONOSを使用している場合は、[IONOSを使用して認証]をクリックします。次に、IONOSアカウントへのログインを求めるメッセージが表示されます。これにより、HubSpotからIONOSアカウントへのアクセスが可能になり、ドメインのCNAMEレコードが自動的に更新されます。
  • Google DomainsまたはCloudflareを使用している場合は、[アクション]列の[URLにアクセス]をクリックします。ご使用のドメインプロバイダーのアカウントにサインインするよう求められます。これにより、HubSpotからドメインプロバイダーのアカウントへのアクセスが可能になり、ドメインのCNAMEレコードが自動的に更新されます。
  • 別のドメインプロバイダーを使用している場合、またはDNS構成に手動で変更を加える場合は、[いいえ、手動でセットアップします]をクリックします。 
  • 現時点でDNSプロバイダーにアクセスできない場合は、後でドメインの設定を続けることができます。左下の[後で完了]をクリックします。後で、HubSpotへのドメインの接続を再開することができます。 
  • ドメインプロバイダーにログインし、DNSレコードの設定を探します。DNS設定が見つからない場合は、プロバイダーが説明する手順を参照してください。
  • HubSpotの「ホスト」列と「必須のデータ」列の値をコピーします。DNSプロバイダーアカウントで、接続するサブドメインのレコードの該当するレコードフィールドにこの値を貼り付けます。レコードに値を入力したら、[確認]をクリックします。

update-dns-records

注:一部のプロバイダー(Network SolutionsGoDaddyなど)の場合、DNSレコードの末尾にブランドドメインとトップレベルドメインが自動的に追加されます。例えば、「{hsdomainkey}.yourdomain.com」と入力すると、その値が「{hsdomainkey}.yourdomain.com.yourdomain.com」に変換され、その結果DNSエラーになります。したがって、この値をコピーして「.yourdomain.com」の部分を削除してから、DNSプロバイダーアカウント内の該当するフィールドに貼り付けます。

  • DNSレコードを更新すると、15分から80分以内にレコードが検証されます。完了するまでの時間は、ページの下部で確認できます。このページから離れても、検証プロセスには影響しません。 

your-records-are-updating-1

  • DNSの変更の検証で問題があった場合は、発生したエラーの詳細な説明を確認できます。エラーの詳細な説明を表示するには、「現在のデータ」列のwarningアラートアイコンにマウスポインターを合わせます。 
fix-dns-record-errors

 

ドメインが接続されると、自動的にSSLが有効になります。これは通常は数分で終わりますが、最大で4時間かかる場合があります。 SSLとドメインのセキュリティーSSL証明書のエラーのトラブルシューティングについてはこちらをご覧ください。 

HubSpotでは、64文字を超えるドメインのSSL証明書は提供されません。この制限には、サブドメイン、ドメイン、およびトップレベルドメインが含まれます。64文字を超えるドメインにする必要がある場合は、カスタムSSL証明書を購入してSSLを有効にすることができます。この設定を行うには、HubSpotのアカウント担当者にお問い合わせいただくか、HubSpotサポート、適切な担当者にコンタクトしてください。

既存のドメインに新しいコンテンツタイプを追加する

ドメインを接続したら、そのドメインでホスティングされるコンテンツタイプを編集できます。 

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[コンテンツ]>[ドメインとURL]の順に移動します。
  • 編集するドメインの横にある[編集]ドロップダウンメニューをクリックし、[ドメインを複数のコンテンツタイプに接続]を選択します。

edit-content-types-for-domain

  • ダイアログボックスで、このドメインでホスティングする各コンテンツタイプの横にあるチェックボックスをオンにしてから、[保存]をクリックします。コンテンツタイプに対してすでにプライマリードメインが選択されている場合は、そのプライマリードメインを編集する必要があります。 

set-content-types-for-domain

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。