お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

受信者のタイムゾーンに基づいてEメールをスケジュールする

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise

受信者のタイムゾーンの特定の時間に一括送信するようにマーケティングEメールをスケジュールすることができますEメールは受信者のIPタイム ゾーン プロパティーのコンタクトプロパティー値に基づいて一括送信されます。このプロパティーの値がないコンタクトは、自分のアカウント タイム ゾーンでEメールを受信します。

すべてのタイムゾーンでEメールを一貫してスケジュールするには丸1日かかるため、丸1日以上余裕がある場合にのみ受信者のタイムゾーンに基づいてEメールをスケジュールしてください。

注:この機能は、従来のEメールエディターで作成された一括配信マーケティングEメールでのみ使用できます。A/BテストEメールの受信者のタイムゾーンに基づいてEメールをスケジュールすることはできません。

受信者のタイムゾーンに基づいてEメールをスケジュールする

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • スケジュールするEメールの上にカーソルを置き、[編集]をクリックします。 
  • [送信またはスケジュール]タブをクリックします。
  • [タイムゾーンに基づいてスケジュール]を選択します。
  • Eメールを送信する日付時刻を選択します。
  • 各タイムゾーンへのEメールの送信時にプレビューを表示するには、[受信者のタイムゾーンをチェック]をクリックします。[予定時刻]列に表示される時刻は、自分のタイムゾーンに基づきます。
  • [スケジュール]をクリックします。

注:Eメール送信先のリストを選択した後、受信者のタイムゾーンに基づいてEメールをスケジュールした場合、Eメールがスケジュールされた後にそのリストに追加された新しいコンタクトには、このEメールが送信されません

Eメールのパフォーマンスを分析する

送信後の詳細ページで、すべてのタイムゾーンまたは特定のタイムゾーンでのEメールのパフォーマンスを分析できます。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 送信したEメールの名前をクリックします。
  • [タイムゾーン]ドロップダウンメニューをクリックして、特定のタイムゾーンの[パフォーマンス]または[受信者]タブのデータを確認します。 
  • [タイムゾーン]タブをクリックして、すべてのタイムゾーンのEメールのパフォーマンスを確認します。

注:受信者のタイムゾーンに基づいて送信されたEメールでは、「さらに送信」機能を使用することはできません。代わりにEメールを複製し、他の受信者に送信します。

New Call-to-action