メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Website Pages

HubDBテーブルの作成と投入

更新日時 2022年 2月 28日

対象製品

CMS Hub Professional, Enterprise

HubDBは、柔軟なスキーマでテーブルを作成し、ウェブサイトのページで使用できるデータを格納したり、HubDB APIを介して外部から問い合わせることができるリレーショナルデータベースです。 

テーブルを作成する

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [ファイルとテンプレート] > [HubDB]の順に進みます。  
  • 右上の[テーブルを作成]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、テーブルラベルとテーブル名を入力します。テーブルを作成した後に、その名前を変更することはできません
  • [作成]をクリックします。

create-hubdb-table-dialog-box。

テーブルデータの追加と編集

HubSpotアカウントでHubDBテーブルを直接編集したり、CSVをアップロードして、既存のデータをテーブルの行に自動的にマージすることができます。

カスタムテーブルのカラムを追加する

  • HubDBダッシュボードで、いずれかのテーブルのラベルをクリックします。
  • 右上の「Actions」をクリックし、「Add column」を選択します。
  • ダイアログボックスで、カラムを設定します。
    • Columnのラベルを入力します。
    • Columnの名称を入力します。この名前を使用して、HubDB APIでデータを照会することができます。
    • Columnの種類を入力します。
  • 列の追加をクリックします。
  • 列を修正または削除するには、その列にカーソルを合わせて矢印のアイコンをクリックし、「編集」または「削除」を選択します。

edit-orremove-hubdb-column

テーブルの行を追加する

  • HubDBダッシュボードで、既存のテーブルのラベルをクリックします。
  • 右上の「Actions」をクリックし、「Add row」を選択します。
  • 新しい行は、既存の行の下に自動的に作成されます。テーブルに設定した各カラムの値を入力します。
  • 行の複製または削除を行うには、行のIDにカーソルを合わせて矢印アイコンをクリックし、「複製または削除」を選択します。

edit-orremove-hubdb-row

CSVでテーブルデータを取り込む

HubDBのテーブルスキーマに一致するデータを持つ既存のスプレッドシートがある場合、それをHubSpotにインポートすると、そのデータを自動的にテーブルにマージすることができます。

注:

  • 画像をHubDBのテーブルにインポートするには、画像のURLをCSVファイルに追加します。画像の寸法を設定するには、URLの末尾に幅と高さをカンマで区切って追加します。例えば、以下のようなものです。http://www.hubspot.com/sample-image.jpg,100,300。
  • インポートする日付は、MM/DD/YYYYフォーマットである必要があります。例えば、2022年11月6日なら11/06/2022となる。 

  • HubDBダッシュボードで、いずれかのテーブルのラベルをクリックします。
  • 右上の「Actions」をクリックし、「Import」を選択します。
  • 追加または置換タイルをクリックします。
    • 追加:スプレッドシートからの行が既存のデータに追加されます。
    • 置換:スプレッドシートからの行は、テーブル内の既存のデータを上書きして置き換えます。
  • [次へ]をクリックします。
  • [ファイルを選択]をクリックします。
  • アップロードするCSVをコンピュータのハードディスクで参照し、「開く」をクリックします。
  • デフォルトでは、HubSpotはCSV内のデータのエンコーディングを検出します。データエンコーディングを手動で指定する場合。
    • [詳細オプション]をクリックします。
    • データエンコーディングのカスタマイズ] ドロップダウンメニューをクリックし、エンコーディングを選択します。
  • [次へ]をクリックします。
  • CSVの各フィールドを、対応するHubDBテーブルのカラムにどのようにマッピングするかを指定します。
    • HubDBテーブルのカラムドロップダウンメニューをクリックし、カラムを選択します。
    • CSVフィールドに関連する列が設定されていない場合は、「列の追加」をクリックします。ダイアログボックスで、ラベル、名前を入力し、種類を選択します。完了したら、「列の追加」をクリックします。
  • [インポート]をクリックします。

map-csv-fields-to-hubdb-columns

  • インポートが完了したら、[ 完了 ]をクリックします。

テーブルを公開する

HubDBテーブルにデータを入力し終わったら、それを公開してウェブサイトのページで使用し、HubSpot APIからクエリーにアクセスできるようにします。

  • 右上の[公開]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、テーブルを公開する準備ができたことを確認し、[ 公開]をクリックします。

テーブルデータの書き出し

  • HubDBダッシュボードで、いずれかのテーブルのラベルをクリックします。
  • 右上の「Actions」ドロップダウンメニューをクリックし、「Export 」を選択し、ファイル形式を選択します。HubDBのデータは、すぐにダウンロードを開始します。 

注意: HubDBテーブルからエクスポートされた画像は、画像URLとしてフォーマットされます。画像の寸法がカスタマイズされている場合は、URLの末尾に表示されます。 

HubDBについては、HubSpotの開発者向けドキュメントで詳しく説明しています。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.