メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

カスタム数式関数

更新日時 2022年 9月 7日

対象製品

Operations Hub Professional, Enterprise

ワークフローでデータをフォーマットするためにカスタム数式を使用している場合は、登録されたレコードのプロパティ値を持つ関数を使用したり、以前のアクションから出力したりして、複雑な数式を作成できます。  

以下のさまざまな機能を確認して、どの機能を使用するかを決定します。 

関数 説明
abs 数値の絶対値を取得します。この関数を使用して、数値が正であることを確認できます。
  • 例: abs ([number or number property])
    • 例: abs (-10) 
    • 例出力: 10
add 1つの数値を別の数値に追加します。この関数は+演算子と同じです。以下のものと併用してください。 
  • number:操作の初期数値。
  • number to add:最初の数値に追加する数値。 
  • 数式の例: add (number, number to add)
    • 例: add (5, 10)
    • 例出力: 15

または、次を使用することもできます。

  • 例:数値+追加する数値
    • 例: 5 +10
    • 例出力: 15
コンカット 複数の文字列値を組み合わせます。この機能は、フォーマットデータアクションがカスタムモードで使用されている場合にのみ使用できます。 
  • 例: CONCACAT ([文字列1 ],[文字列2]) 
    • 例: CONCAT ([会社名]、[月])
    • 例出力: HubSpot 2006年6月
capitalize 文字列値の最初の文字を大文字にします。最初の文字は大文字になり、それ以外の文字はすべて小文字になります。入力された他の単語の最初の文字は大文字になりません
  • 数式の例:大文字([文字列])
    • 例:大文字([firstname])
    • 出力例: Henry
cut 文字または複数の文字を切り取って、値から文字列を削除します。この関数は、文字列の特定の部分を一致させて切り出すために使用できます。パラメーターには、削除対象となる部分文字列を指定します。以下のものと併用してください。 
  • source:文字を削除するためのソース文字列。 
  • characters_to_cut:削除する特定の文字。この形式は大文字と小文字を区別します。 
  • 数式:カット(ソース、カットする文字)
    • 例: cut ([phone], "-")
    • 出力例: 80081234567 


datetimeformat タイムスタンプを人にやさしいテキストに変換するには、日付形式を変更します。書式パラメータを使用して、結果のテキストの表示方法を選択します。以下のものと併用してください。
  • datetime:フォーマットする日付/時刻オブジェクト。
  • 書式:日付/時刻オブジェクトの書式。このパラメータは、HubL datetimeformatフィルタの書式設定トークンを使用します。
  • 数式: datetimeformat (datetime, format, timezone)
    • 例: datetimeformat ([closedate], %B %e % Y % l % p", " America/Los_Angeles ")
    • 出力例: 2020年10月1日午前9時
divide 数を割る。この関数は/演算子の代わりになります。以下のものと併用してください。 
  • number:除算する番号。 
  • divisor:除算演算のために除算する数値。 
  • 数式:除数(数値,除数)
    • 例: DIVIDE (8, 4)
    • 例出力: 2

または、次を使用することもできます。 

  • 数式:数/除数
    • 例: 8/4
    • 例出力: 2
divisible 数値が均等に割り切れるかどうかをテストします。残りがない場合、この関数はtrueと評価されます。残りがある場合、この関数はFALSEと評価されます。以下のものと併用してください。 
  • number:除算する番号。 
  • divisor:除算演算のために除算する数値。 
  • 数式:可除(数値,除数)
    • 例: 除算可能(5,2)
    • 例出力: false
join 各値の間に区切り文字を使用して、2つ以上の文字列を1つの結果文字列に統合します。この機能は、フォーマットデータアクションがカスタムモードで使用されている場合にのみ使用できます。以下のものと併用して

ください。 
  • 区切り記号:各アイテムの間に挿入する区切り文字列。
  • items:任意の数の文字列を組み合わせます。 
  • 数式:左(文字列,長さ)
    • 例: 左(「マリア", "1」)
    • 出力例: M
left 文字列値の先頭から文字列値のサブ文字列を返します。この機能は、フォーマットデータアクションがカスタムモードで使用されている場合にのみ使用できます。
  • 数式:結合(区切り記号、項目)
    • 例: join ("", " A -", " B -", " C ")
    • 出力例: A - B - C
lower 文字列内のすべての文字をすべての小文字に変換します。
  • 数式: LOWER ([文字列])
    • 例: lower ([" HELLO WORLD "])
    • 例出力: hello world
中間 文字列値から文字のサブ文字列を返します。この機能は、フォーマットデータアクションがカスタムモードで使用されている場合にのみ使用できます。
  • 数式: MID (文字列,開始インデックス,長さ)
    • 例: join (" abc 123 ", 2, 2)
    • 出力例: c 1
minus_time 日時オブジェクトから時間を減算します。以下のものと併用してください。 
  • datetime:時間を追加する日付/時間オブジェクト。
  • diff:追加する時間。 
  • timeunit:追加する時間の単位。以下が使用可能である。 
    • 時間
    • half_days
    • 日数
    • か月
  • 数式:マイナス_時間(datetime, diff, timeunit)
    • 例: minus_time ([closedate], 2, "days ")
    • 例出力: 2020年4月11
マルチプライヤー 値に数値を掛けます。この関数は*演算子の代わりになります。以下のものと併用してください。 
  • number:掛ける数。
  • 乗数:乗算する数。 
  • 数式: MULTIPLER (数値,乗数)
    • 例: 乗数(5, 3) 
    • 例出力: 15

または、次を使用することもできます。

  • 数式:数字*乗算器
    • 例: 5 * 3 
    • 例出力: 15
plus_time 日付/時刻オブジェクトに時間を追加します。以下のものと併用してください。 
  • datetime:時間を追加する日付/時間オブジェクト。
  • diff:追加する時間。 
  • timeunit:追加する時間の単位。 
  • 数式: PLUS_TIME (datetime, diff, timeunit)
    • 例: PLUS_TIME ([CLOSEDATE], 2, "日")
    • 例出力: 2020年6月11


randomNumber 範囲内の乱数を生成します。

この関数を使用すると、生成された数値は完全にランダムであり、繰り返してもよい。たとえば、1から3の範囲を使用して3つの連絡先を登録した場合、3つの固有の番号が取得されない可能性があります。最小値と最大値の

両方が範囲に含まれています。範囲を設定するときは、0と負の数を使用することもできます。 
  • 数式: randomNumber (最小値、最大値)
    • 例: randomNumber (1, 3)
    • 出力例: 1または2
replace 部分文字列のすべてのインスタンスを別の文字列に置換します。以下のものと併用してください。 
  • string:検索および置換する文字列。 
  • old:置き換えるサブ文字列。 
  • new:置換文字列。 
  • count:置換するサブ文字列のインスタンスの数。提供されていない場合は、すべてのサブストリングが交換されます
  • 数式: REPLACE (文字列,古い,新しい,カウント)
    • 例: REPLACE (「Hello world!", "", "こんにちは」、1 )
    • 例出力: Hi world!
right 文字列値の末尾から文字列値のサブ文字列を返します。この機能は、フォーマットデータアクションがカスタムモードで使用されている場合にのみ使用できます。
  • 数式:右(文字列,長さ)
    • 例: right (" abc 123 ", 3)
    • 出力例: 123
root 数値の平方根を計算します。必要に応じて、計算するN番目のルートを指定します。以下のものと併用してください。
  • number:の平方根を取る数値。数値の平方根を計算します。必要に応じて、計算するN番目のルートを指定します。 
  • nthRoot:計算されるn番目のルート。指定されていない場合は、平方根が取られます。 
  • 数式:ルート(数値, nthRoot)
    • 例: root (625, 4)
    • 例出力: 5
round 指定された小数点以下の数値を切り捨てます。以下のものと併用してください。
  • precision:小数点以下桁数を切り捨てます。  
  • 四捨五入する方法:四捨五入するか、最も近い整数に切り上げます。次の四捨五入方法を使用できます。 
    • 共通の
    • 天井(曖昧さ回避)
    • フロア
  • 数式: ROUND (数値,精度,丸め方式)
    • 例: ROUND (52.5, 0, 'floor ')
    • 出力例: 52
striptags SGML/XMLタグを除去して、隣接する空白を1つのスペースで置換します。このフィルターは、変数内のHTMLタグを除去する際に使用できます。
  • 数式: striptags ([文字列])
    • 例: striptags (<div><p>Potato</p></div>)
    • 例出力:ジャガイモ
title テキストをタイトル大文字に変更します。結果の文字列の各単語は大文字で始まり、残りのすべての文字は小文字です。
  • 数式: title ([文字列])
    • 例: タイトル(「チェダーチーズ」)
    • 出力例:チェダーチーズ
trim 文字列から先頭と末尾の空白を削除します。
  • 数式:トリム([文字列])
    • 例: トリム(" peach ")
    • 例出力:桃色
unixtimestamp 日時オブジェクトをUnixタイムスタンプに変換します。
  • 数式: unixtimestamp ([dateteime])
    • : unixtimesstamp ([closedate])
    • 出力例: 1652863824
upper すべての文字を大文字に変更します。
  • 数式: UPPER ([文字列])
    • 例: UPPER TEATIME (「ティータイム」)
    • 例出力: TEATIME
urlencode UTF-8書式設定を使用して文字列をエスケープおよびURLエンコードします。
  • 数式: urlencode ([文字列])
    • 例: urlencode (" hi there ")
    • 出力例: h i % 20 ther
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.