メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

カスタム式関数

更新日時 2024年 2月 12日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Operations Hub Professional, Enterprise

ワークフローでカスタムフォーミュラを使用してデータを形式にする場合、登録されたレコードからのプロパティー値や以前のアクションからの出力を使用して関数を使用し、複雑なフォーミュラを作成することができます。 

以下の各機能を確認し、使用するものを決定してください。 

関数 説明
abs 数値の絶対値を取得する。この関数は、数値が正であることを確認するために使用することができます。
  • の例式です。abs([数値または数値プロパティー])
    • 例:abs(-10)
    • の出力例です。 10
add 1つの数値を別の数値に追加します。この機能は + 演算子と同じです。と一緒にお使いください。
  • number:操作の初期値(数値)。
  • 加算する数値:初期数値に加算する数値。 
  • 式の例:add(number, number to add)
    • の例だ:add(5, 10)
    • の出力例です。 15

または、使用することもできます。

  • 式の例:number + number to add
    • の例だ:5+10
    • の出力例です。 15
コンカット 複数の文字列値を結合する。この機能は、カスタムモードでデータを書式設定アクションを使用する場合のみ有効です。 
  • 式の例:concat([string 1], " ", [string 2]) 
    • の例だ:concat([company name], " ", [MonthYear])
    • の出力例です。 HubSpot 2006年6月号
capitalize 文字列値の最初の文字を大文字にする。最初の文字は大文字に、それ以外の文字は小文字になります。入力された他の単語は、最初の文字が大文字にならない
  • 式の例:capitalize([string])
    • の例だ:capitalize([firstname])
    • の出力例です。ヘンリー
cut 文字または複数の文字をカットして、値から文字列を削除します。この機能は、文字列の特定の部分をマッチングして切り出すために使用することができます。パラメーターには、削除対象となる部分文字列を指定します。と一緒にお使いください。
  • source:文字を削除する元の文字列。 
  • characters_to_cut:削除する特定の文字。このフォーマットは大文字と小文字を区別します。 
  • の公式である: cut(source, characters to cut)
    • の例だ:cut([phone], "-")
    • の出力例です。 80081234567 


datetimeformat

注:この数式は非推奨となり、以下のformat_datetime関数に置き換えられました。この関数を使用したアクションは引き続き機能しますが、今後は新しい関数を使用してください。

 
format_datetime タイムスタンプを人間にとって使いやすい形式に変換する。タイムスタンプまたはプロパティーを以下のパラメーターと一緒に指定し、そのフォーマットを設定する:
  • format:使用するフォーマット。値なし:'short''medium' . 'long''full'Unicode LDML patternsを使って形式をカスタマイズすることもできます。
  • timeZone: IANA TZDBフォーマットでの出力データのタイムゾーン。デフォルトでは、UTC時間を返します。
  • locale:ロケール対応フォーマットに使用するロケール。
  • の公式である:format_datetime(date, format, timeZone, locale)
    • の例だ:format_datetime([closedate], 'medium', 'America/New_York, 'de-DE')
    • 出力例:08.02.2024, 17:09:49
divide 数字を割り算する。この関数は、/ 演算子の代替となるものです。と一緒にお使いください。
  • number:割り算する数。 
  • divisor:除算を行うための数値。 
  • の公式である:divide(number, divisor)
    • の例だ:divide (8, 4)
    • の出力例です。 2

または、使用することもできます。 

  • の公式である:number/divisor
    • の例だ:8/4
    • の出力例です。 2
divisible ある数字が均等に割り切れるかどうかをテストする。余りがないとき、この関数は真と評価されます。余りがある場合、この関数はfalseと評価されます。と一緒にお使いください。
  • number:割り算する数。 
  • divisor:除算を行うための数値。 
  • の公式である:divisible(number, divisor)
    • の例だ:divisible (5,2)
    • 出力例: false
join 各値の間に区切り文字を使用して、2つ以上の文字列を1つの結果文字列に統合します。この機能は、カスタムモードでデータを書式設定アクションを使用する場合のみ有効です。

と一緒にお使いください。
  • delimiter:各項目の間に挿入される区切り文字列。
  • items:結合する文字列の任意の数。 
  • の公式である:join(delimiter, items)
    • の例だ:join("-", "A", "B", "C")
    • の出力例です。 A-B-C
Substring関数は、文字列値の先頭から部分文字列を返します。この機能は、カスタムモードでデータを書式設定アクションを使用する場合のみ有効です。
  • の公式である:left(string, length)
    • の例だ:left("Maria", "1")
    • の出力例です。 M


length 文字列に含まれる文字数を返します。
  • の公式である:length(string)
    • の例だ:left("Hello World!")
    • の出力例です。 12
lower 文字列中のすべての文字をすべて小文字に変換する。
  • の公式である:lower([string])
    • の例だ:lower(["HELLO WORLD"])
    • 出力例: hello world
ちゅうりゅう Substring関数は、文字列値から文字の部分文字列を返します。この機能は、カスタムモードでデータを書式設定アクションを使用する場合のみ有効です。
  • の公式である:mid(string, start-index, length)
    • の例だ:join("abc123", 2, 2)
    • 出力例: c1
minus_time 日時オブジェクトから時間を減算します。と一緒にお使いください。
  • datetime:時刻を追加する日付/時刻オブジェクト。
  • diff:追加する時間。 
  • timeunit:追加される時間の単位。を使用することができます。 
    • 時間
    • 半日
    • 週間
    • か月
  • の公式である:minus_time(datetime, diff, timeunit)
    • の例だ:minus_time([closedate], 2, "days")
    • の出力例です。 04/11/2020
乗数 値を数値で乗算する。この関数は、* 演算子の代替となるものです。と一緒にお使いください。
  • number:乗算する数値。
  • multiplier: 乗算する数値。 
  • の公式である:multipler(number, multipler)
    • 例:multiplier(5, 3)
    • の出力例です。 15

または、使用することもできます。

  • の公式である:number*multipler
    • 例:5*3
    • の出力例です。 15
number 文字列を数値に変換する。
  • の公式である:number(string, default?)
    • の例だ:left("36")
    • の出力例です。 36
plus_time 日付/時刻オブジェクトに時間量を追加する。と一緒にお使いください。
  • datetime:時刻を追加する日付/時刻オブジェクト。
  • diff:追加する時間。 
  • timeunit:追加される時間の単位。 
  • の公式である:plus_time(datetime, diff, timeunit)
    • の例だ:plus_time([closedate], 2, "days")
    • の出力例です。 06/11/2020


乱数 範囲内の乱数を発生させる。

この機能では、生成される数値は完全にランダムであり、繰り返される可能性があります。例えば、1~3の範囲を使用し、3人のコンタクトを登録した場合、3つのユニークな番号が得られない可能性があります。

最小値、最大値ともに範囲に含まれる。範囲を設定する際に、0や負の数を使用することもできます。 
  • の公式である:randomNumber(minimum, maximum)
    • の例だ:randomNumber(1, 3)
    • の例を出力します。 1または2
replace 部分文字列の全てのインスタンスを別の文字列に置換します。と一緒にお使いください。
  • string:検索・置換する文字列。 
  • old:置き換えるべき部分文字列。 
  • new:置換文字列。 
  • count:置換する部分文字列のインスタンスの数。提供されない場合、すべての部分文字列が置換されます。
  • の公式である:replace(string, old, new, count)
    • の例だ:replace( "Hello world!", "Hello", "Hi", 1)
    • の出力例です。こんにちは、世界よ。
文字列値の末尾から、文字列値の部分文字列を返します。この機能は、カスタムモードでデータを書式設定アクションを使用する場合のみ有効です。
  • の公式である:right(string, length)
    • の例だ:right("abc123", 3)
    • の出力例です。 123
root 数値の平方根を計算する。オプションで、計算するN番目のルートを指定します。と一緒にお使いください。
  • number:根号をとる数。数の平方根を計算する。オプションで、計算するN番目のルートを指定します。 
  • nthRoot: 計算されるn番目のルート。指定がない場合は平方根がとられる。 
  • の公式である:root(number, nthRoot)
    • の例だ:root(625, 4)
    • の出力例です。 5
round 数値を指定された小数値に丸める。と一緒にお使いください。
  • precision:丸める小数点以下の桁数。 
  • 丸め方:小数点以下を切り上げるか切り下げる。以下の丸め方法が使用可能です。 
    • 凡庸
    • シリル
    • フロア
  • の公式である:round(number, precision, rounding method)
    • の例だ:round(52.5, 0, 'floor')
    • の出力例です。 52
striptags SGML/XMLタグを除去して、隣接する空白を1つのスペースで置換します。このフィルターは、変数内のHTMLタグを除去する際に使用できます。
  • の公式である:striptags([string])
    • の例だ:striptags(<div><p>Potato</p></div>)
    • 出力例ポテト
title テキストをタイトルケーシングに変更する。生成される文字列の各単語は大文字で始まり、残りの文字は全て小文字になります。
  • の公式である:title([string])
    • の例だ:title("cheddar CHEESE")
    • の出力例です。チェダーチーズ
trim 文字列から先頭と末尾の空白を削除します。
  • の公式である:trim([string])
    • の例です。trim(" 桃 ")
    • 出力例: peach
unixtimestamp 日時オブジェクトをUnixタイムスタンプに変換します。
  • の公式である:unixtimestamp([dateteime])
    • の例だ:unixtimesstamp([closedate])
    • の出力例です。 1652863824
upper 全ての文字を大文字に変更します。
  • の公式である:upper([string])
    • の例だ:upper("teatime")
    • の出力例です。 TEATIME
urlencode UTF-8書式設定を使用して文字列をエスケープおよびURLエンコードします。
  • の公式である:urlencode([string])
    • の例だ:urlencode("hi there")
    • 出力例: hi%20there
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。