メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

コールインデックスでコールを確認する

更新日時 2023年 12月 18日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

通話一覧ページでは、Zoomなどのサードパーティーの連携を含め、HubSpotで行った着信通話と発信通話の集計された通話データにアクセスすることが可能です。コールインデックスページには2つの既定のビューがありますが、異なる基準に従ってカスタマイズすることができます。 

通話一覧ページが表示されます。

コール一覧ページにアクセスする

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コール]の順に進みます。
  • 通話一覧ページには、以下のデフォルトの通話プロパティーデータが表示されます:
    • コールタイトル:コールタイトル
    • アクティビティー日付:アクティビティーが発生した、または発生が予定されている日付
    • 通話状態:不在、キャンセル、完了、ビジー、失敗、無応答などの通話状態
    • アクティビティー割り当て先:アクティビティーを割り当てられた所有者
    • コールメモ:コールメモのテキスト
    • 割り当てられたコンタクト:通話に関連するコンタクトレコード
    • 関連会社:通話に関連する会社記録
    • 関連する取引:通話に関連する取引記録
    • コールの成果:[応答なし]、[話し中]、[番号間違い]、[伝言を残した]、[留守番を残した]、[接続済み]などの通話結果。カスタムコール結果
    • レコーディングURL:通話やボイスメールの音声のURL
    • Call Direction:通話の方向、InboundまたはOutboundのいずれか
    • 通話元:VoIP、Zoom 、 Integrationsプラットフォームなどの通話元

コール一覧ページのビューとフィルターを変更する方法について説明します。.

通話履歴の確認

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コール]の順に進みます。
  • コールタイトルにマウスポインターを合わせ、プレビューボタンをクリックします。

プレビューボタン-コールパネル-1

  • 通話プレビューパネルでは、通話レコーディング、通話概要、関連するコンタクト、会社、取引、チケットなどを確認することができます。また、通話に関連付けるレコードを追加することができます。
    • 通話レコーディングにアクセスするには
      • rightarroarr右矢印通話レコーディングの横をクリックすると、セクションを拡大または縮小することができます。
      • playerPlay再生ボタンをクリックすると、レコーディングを聴くことができます。 
      • playerFastForward早送りボタンまたはplayerRewind巻き戻しボタンをクリックすると、レコーディングの10秒前または10秒後にジャンプします。 
      • スピーカートラックに沿ってハンドルをクリック&ドラッグすると、レコーディングの特定の部分を聴くことができます。
      • レコーディングのセクションをクリックすると、その部分にスキップすることができます ( Sales Hub またはService Hub Professionalまたは Enterpriseのみ )。
    • 通話明細にアクセスするには
      • right右矢印この通話についての横をクリックすると、セクションを拡大または縮小することができます。
      • アクティビティーの日付を編集するには、日付にマウスポインターを合わせ、edit鉛筆のアイコンをクリックします。カレンダーから日付を選択する。
      • 割り当てられたアクティビティーを編集するには、ドロップダウンメニューをクリックし、ユーザーを検索するか、リストから選択します。
      • コールの成果を編集するには、ドロップダウンメニューをクリックし、コールの成果を選択します。
      • 通話時間を表示し、通話時間を確認することができます。
    • 関連するコンタクト、会社、案件、チケットの記録を見ることができます。
      • right右矢印コンタクト , 会社 , 取引 , チケットの横をクリックすると、セクションを拡大または縮小できます。
      • 関連するレコードは、それぞれのセクションに表示されます。 
      • + 追加をクリックして、新規または既存のレコードを追加し、通話レコードに関連付けします。
    • 関連付け履歴を表示するには、通話プレビューパネルの右上にあるActionsドロップダウンメニューをクリックし、View association history(関連付け履歴の表示)を選択します。 
    • プロパティー履歴を見るには、通話プレビューパネルの右上にある「アクション」ドロップダウンメニューをクリックし、「プロパティー履歴を見る」を選択します。

アクセス・コール分析

Sales Hub または Service Hub Starter , Professional , または Enterprise アカウントをお持ちの場合は、Call Analytics ページで通話データを確認できます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コール]の順に進みます。
  • 右上の「Call Analytics」をクリックします。

コールアナリティクス

9つの通話レポートを見ることができる:

    • 日別の作成されたコールの合計
    • 担当者別の発信したコールの合計数
    • 担当者別の平均通話時間
    • 担当者別のコールの成果の合計
    • 実施コール対目標
    • コールとミーティングの合計(タイプ別)
    • コールとミーティングの合計(担当者別)
    • 通話分数の履歴

過去の通話分数レポートは、 通話連携 および Twilio Connect 通話を含む通話分数の集計です。 このレポートは、請求されたHubSpot通話分数と一致させるものではありません。

    • チームアクティビティーの合計
  • 通話時間、アクティビティー日付、アクティビティー割り当てドロップダウンメニューをクリックすると、レポートをさらに絞り込むことができます。

コールアナリティクスフィルター

ボイスメールにアクセスする

HubSpotで着信通話を受けると、発信者は営業担当やサービス担当者にボイスメールを残すことができます。留守電は最大3分まで、通話分数にはカウントされません。ただし、ボイスメールレコーディングの文字起こしは文字起こし分としてカウントされます。HubSpotの製品& サービスカタログで、ご利用のサブスクリプション層で利用可能な文字起こし分について詳細をご覧ください。

注:

  • ボイスメールをレコーディングするには、設定で通話レコーディングを有効にする必要があります。
  • 留守番電話はブラウザーからの着信のみで、転送された着信には使用できません。

 

ボイスメールにアクセスするには

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コール]の順に進みます。
  • 通話一覧ページの右上にある+ ビューの追加をクリックします。ドロップダウンメニューから、Voicemailsを選択します。

ボイスメールビュー

  • Voicemailsタブは、通話一覧ページの上部にデフォルトのピン留めビューとして表示されます。
  • ボイスメールに関連する詳細にアクセスするため:
    • ボイスメールタイトルにマウスポインターを合わせ、プレビューボタンをクリックします。通話プレビューパネルが表示され、ボイスメールに関連する詳細が表示されます。
    • ボイスメールタイトルにマウスポインターを合わせてクリックします。ボイスメールのレコーディングが表示され、レコーディングを聞く文字起こしを見る(Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseのみ)することができます。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。