メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

通話のレコーディングと文字起こしを確認する

更新日時 2024年 6月 14日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotの通話ツールで行われたコール、HubSpotのZoom連携を使用して行われたコール、HubSpotと連携しているサードパーティー通話プロバイダーを利用して行われたコールは、そのレコーディングを確認することができます。

割り当て先がSales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseシート y Conversation Intelligence (CI)を使用して、レコーディングを書き起こし、分析することができます。これにより、チームをより効果的にコーチングして、レコーディングと文字起こしから貴重なカスタマーインサイトを引き出すことができます。 


HubSpotモバイルアプリを使用している場合は、外出先でレコーディングを確認する方法をご確認ください。 

始める前に

注:HubSpotでサポートしているサードパーティー通話プロバイダーは、特定のグループに限られます。HubSpotアプリマーケットプレイスでサポートされている通話プロバイダーの詳細をご確認ください。

レコーディングを確認する

レコーディングにアクセスし、メモを追加する。 

  • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[コール]の順に進みます。
  • 通話のタイトルをクリックします。
  • レコーディングの再生を開始するには、レビュー画面の左側にあるplayerPlay[再生]をクリックします。コントロールを使用してplayerFastForward早送りしたり、playerRewind 巻き戻ししたりすることもできます。Zoomのクラウドレコーディングを確認している場合も、再生、一時停止、早送りすることができます。
  • 下部にある「メモ」をクリックし、「メモを追加」をクリックして通話メモを追加します。他のチームメンバーに通知を送信するには、@と入力し、そのユーザーの名をフォローする。E nter your note , and click 「保存」 .Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseアカウントをお持ちの場合は、スレッドインラインコメントを追加することもできます。
    • AIが生成したコールサマリーを作成するには、「コールサマリーを生成」 ( Sales Hub or ServiceHub Professional or Enterprise ) をクリックします。このフィールドは編集不可。メモ以下のテキストボックスを使用して、追加情報を入力してください。
    • 新しい要約を作成する場合は、通話要約の再作成をクリックします。

注: AIアシスタントの通話集計を使用するには、アカウント設定でAIアシスタントおよび通話レコーディングを有効にする必要があります。

  • Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseアカウントをお持ちの場合は、右側のInsights、Stats、Transcriptタブの間をクリックして、トラッキング対象の語句、通話統計、および通話文字起こしを表示します。トラッキング対象の語句を表示できるのは、Sales HubまたはService Hub Enterpriseアカウントをお持ちで、スーパー管理者がトラッキング対象の語句を追加している場合のみです。

インサイト統計文字起こし

レコーディングの共有やプレイリストへの追加

チームメンバーとレコーディングを共有したり、 コーチングプレイリストにレコーディングを追加して、MR のトレーニングに役立てることができます。
  • レコーディングを共有する:
    • 右上のshare Shareボタンをクリックします。
    • Eメールを送信先ドロップダウンメニューをクリックして、レコーディングを共有するチームメンバーを追加します。 
    • テキストボックスにメッセージを入力する。
    • 再生ハンドルまたは開始と終了テキストボックスを使用して、共有したいレコーディングの部分を調整します。
    • クリックシェアまたはリンクコピー。Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseアカウントをお持ちの場合は、特定の文字起こしを共有することもできます。

注:レコーディングクリップの表示権限が付与されているユーザーは、クリップ全体を聞くこともできます。このクリップの目的は、明確なフォーカスと方向性を提示することです。

share-recording-trim

  • プレイリストにレコーディングを追加するには:
    • + プレイリストに追加をクリックする。
    • プレイリストを選択ドロップダウンメニューをクリックして、レコーディングをさまざまなプレイリストに追加します。
    • テキストボックスに説明を入力する。 
    • 再生ハンドルまたは開始と終了テキストボックスを使用して、共有したいレコーディングの部分を調整します。
    • [追加]をクリックします。

プレイリスト1への追加レコーディング

トラッキング対象の語句の確認 ( Sales HubまたはService Hub Enterprise )

トラッキング対象の語句を作成すると、文字起こしでその語句が言及されている部分に移動することができます。

注:トラッキング対象の語句を追加または編集するには、スーパー管理者である必要があります。 

  • 右側のパネルで、Insightsタブをクリックして、トラッキング対象の語句を表示します。
  • トラッキング対象の語句を編集するには、「編集」をクリックする。
  • 右側のパネルで、+ 「カテゴリーを追加」をクリックすると、トラッキング対象の語句にカテゴリーを追加することができる。 
  • カテゴリーにトラッキング対象の語句を追加するには、+「トラッキング対象の語句を追加」をクリックし、とテキストボックスに入力する。 
  • 右パネルの下部にある、「保存」をクリックする。
編集追跡型語句


通話話者を追加し、通話統計を表示 ( Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterprise )

参加者のコンタクトレコードを通話にリンクすることで、通話の統計情報を確認できます。

  • 通話参加者をレコードにリンクするには、上部の参加者をクリックします。右側のパネルで、「「コールの受信者」(通話先)」セクションのスピーカーの横にあるlinkリンクボタンをクリックします。検索バーにコンタクトの名前を入力します。レコードが存在しない場合は、+ コンタクトを追加をクリックしてコンタクトのレコードを作成します。次に、リンク先をクリックします。コンタクトのリンクを解除するには、linkリンクボタンをもう一度クリックしてリンクを解除します。

アドスピーカー

注: HubSpotは、Zoom BasicまたはProで行った2者間通話の文字起こしの際、話者名を自動的に照合します。Zoom Business、Business Plus、Enterpriseで行われた通話は、文字起こしがHubSpotではなくZoomによって提供されるため、手動での話者照合はできません。

  • 通話相手のコンタクト情報にアクセスするには、右パネルでコンタクトの名をクリックし、そのコンタクトレコードに移動します。

参加者コンタクトレコードへ

  • スピーカーを追加したら、右側のパネルで「Stats」()タブをクリックし、以下の通話統計を確認します。
    • Call owner talk time:通話オーナーが話している時間の割合。
    • Talk Speed:通話オーナーの1分あたりの単語数。
    • Longest monologue:通話オーナーが話す最長時間。
    • Longest customer story:顧客が最も長く話した時間。
    • Interactivity:通話中の対話の量。
    • 忍耐:参加者間の一時停止の量。

文字起こしを確認し、スレッドにインラインコメントを追加 ( Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterprise )

文字起こしをレビューする際、スレッドにインラインコメントを追加したり、文字起こしの特定の部分へのリンクを共有することができます。担当者は簡単にコメントに返信することができ、コミュニケーションを集中させ、全ての関連情報を一箇所に集めることができます。

注:自動文字起こしは、HubSpot の既定のコンテンツ作成言語でご利用いただけます。HubSpotは、アカウント設定で選択した言語でレコーディングを文字起こしします。HubSpotが提供する言語の詳細 .

  • 右側のパネルで、Transcriptタブをクリックし、通話文字起こしを表示します。検索バーを使用して、特定のキーワードを検索できます。検索結果として、そのキーワードが使用されている文字起こしの部分が表示されます。
  • 他のチームメンバーに通知を送信したり、タイムスタンプ付きのコメントを追加するには、次のいずれかの操作を行います:
    • レコーディング再生の下にあるコメントタブをクリックします。テキストボックスに、@と入力し、その後にユーザーの名と入力する。コメントを入力し、保存をクリックします。

タグ・チーム・メンバー

    • タイムスタンプを追加する:
      • テキストボックスの下に、タイムスタンプを入力し、テキストボックスをクリックしてタイムスタンプを適用します。右側の文字起こしタブで、文字起こしのその部分にジャンプします。
タイムスタンプ・オン・コメント 
      • 文字起こしで、コメントを追加したい文字起こしの部分に。commentsコメントボタンをクリックします。レコーディング再生の下にあるコメントタブで、正しいタイムスタンプのテキストボックスが開きます。
    • コメントをクリックする。 
    • コメントの下にある「返信」ボタンをクリックすると、スレッドが立ち上がります。返事を書いたら、Replyをクリックします。
  • 文字起こしの特定の部分を共有するには、その文字起こしの抜粋にマウスポインターを合わせ、share Shareボタンをクリックします。ダイアログボックスで、スピーカートラックに沿ってハンドルを使用するか、開始と終了時間を入力して、レコーディングクリップの長さを変更します。レコーディング全体を共有する場合は、スピーカートラックの始まりと終わりにハンドルが位置していることを確認してください。

share-recording-trim

注:レコーディングクリップの表示権限が付与されているユーザーは、クリップ全体を聞くこともできます。このクリップの目的は、明確なフォーカスと方向性を提示することです。


Zoomのレコーディングを同期する

Zoom BusinessまたはEnterpriseのアカウントをお持ちの場合は、Zoomのクラウドレコーディングを同期して、HubSpotで確認することができます。Zoomアカウントでクラウドレコーディングをオンにすると、関連付けされたレコードのタイムラインにレコーディングが表示されます。 Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseの割り当て先のユーザーであれば、コミュニケーションインテリジェンスがZoomクラウドのレコーディングを書き起こし、これらの書き起こしはレコードのタイムラインにも同期されます。

注:
  • Zoomでミーティング参加者のEメールアドレスが提供されていない場合、クラウドレコーディングはコンタクトのレコードに同期されません Zoomの「認証ユーザーのみミーティングに参加できる」設定をオフにすると、この現象が発生する可能性があることにご留意ください。 
  • 無料ユーザーによるレコーディングについては、自動的に文字起こしが行われてHubSpotにインポートされることはありません。

 

コミュニケーションインテリジェンスを使用してZoomレコーディングを設定するには:

  • Zoomでクラウドレコーディングを有効にする。audio transcriptsチェックボックスが選択されていることを確認し、Zoomレコーディングの文字起こしをHubSpotで受け取ります。
  • レコーディングと文字起こしからデータを同期します Zoom連携設定でチェックボックスを選択します。[レコーディングと文字起こしからデータを同期します]チェックボックスをオンにすると、ミーティングとウェビナーの両方で、全ての新しいレコーディングと文字起こしが自動的にHubSpotに同期されます。通話レコーディングを削除するには、通話一覧ページから行えます。

 

  • HubSpotアカウントのユーザーにレコーディングを割り当てるには、そのユーザーがZoomアカウントに接続していることを確認します。HubSpotアカウントのユーザーのEメールアドレスが、通話中のZoomユーザーのEメールアドレスと一致する場合、そのユーザーにエンゲージメント活動のレコーディングが割り当てられます。

Googleミーティングの同期先

Google Meet BusinessまたはEnterpriseアカウントをお持ちの場合は、Google Meetのレコーディングを同期してHubSpotでレビューできます:

コミュニケーションインテリジェンスを使ってGoogleミーティングのレコーディングを設定するには:

  • レコーディングと文字起こしからデータを同期します Google Meet の設定でチェックボックスを選択します。[レコーディングと文字起こしからデータを同期します]チェックボックスをオンにすると、ミーティングとウェビナーの両方で、全ての新しいレコーディングと文字起こしが自動的にHubSpotに同期されます。通話レコーディングを削除するには、通話一覧ページから行えます。

レコーディングを他のレコードに関連付ける

既定では、HubSpot AIによって、通話の参加者に関連付けられたプライマリー会社に自動的にレコーディングが関連付けられます。

また、 CRMの他のコンタクト、会社、取引、チケット、または会議のレコードと関連付けることもできます。そのレコーディングは、関連付けられたレコードのタイムラインに表示されるため、そこからレコーディングの詳細にアクセスして詳しいコンテキストを確認できます。

  • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[コール]の順に進みます。
  • コールのタイトルをクリックします。
  • 上部の関連付けをクリックする。
  • 関連付けを追加するには、右側のパネルで、コンタクト、会社、取引、チケット、ミーティングタブのいずれかの横にある+「追加」をクリックします。

関連付けを追加

関連付けされたレコードは、コール一覧ページにも表示される。関連付けされたレコードがテーブルに表示されない場合は、テーブルの列を編集

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。