お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Lists

リスト、ワークフロー、レポートでのANDロジックとORロジックの違い

更新日時 2021年 5月 10日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise
Operations Hub  Professional

複数のリストフィルターワークフロー登録トリガー、およびレポートフィルターがある場合、2つのタイプのロジックのいずれかが適用されます。具体的には、ANDORです。

 

「AND」ロジック

一連のフィルターまたはワークフロー登録トリガーの条件のすべてを満たすオブジェクトを識別する場合は、ANDロジックを使用します。たとえば、マサチューセッツ州とボストンの市区町村からのコンタクトを識別するには、2番目のフィルターあるいはトリガーを追加する前に[AND]をクリックします。

オブジェクトに関連付けられた複数のプロパティーに基づくフィルターまたはトリガーを使用する場合、同じオブジェクトのプロパティーのうち、条件とする2つ以上のプロパティーのそれぞれを、ネストされたANDボタンを使用して区切ります。たとえば、関連付けられている会社のドメイン名が既知であり、かつ、年間売上高が100,000であるコンタクトを識別するには、2番目のフィルターを追加する前に、ネストされた[AND]をクリックします。

 

「OR」ロジック

一連のリストフィルターまたはワークフロー登録トリガーの条件を少なくとも1つ満たすオブジェクトを識別する場合は、ORロジックを使用します。たとえば、マサチューセッツ州またはボストンの市区町村からのコンタクトを特定するには、2番目のフィルターまたはトリガーを追加する前に、[OR]をクリックします。