メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

Eメールのオプトイン同意について

更新日時 2022年 10月 4日

対象製品

すべての製品とプラン

オプトインとは一般的に、コンタクトが「自分自身で」自分のEメールアドレスを組織に提供し、マーケティングEメールが送られてくることを期待している状況として定義することができます。

HubSpotの利用規定に従って、HubSpotを介してマーケティングEメールを送信する前に、それらのEメールの受信者から確認可能な許可をもらってください。新しいコンタクトとコミュニケーションをとる必要がある場合(例:紹介メールを送るなど)、相手がまだマーケティングメールの受信を確認できる許可を与えていない場合でも、1対1のメールを送ることができます。

この記事では、さまざまな種類の同意について説明します。また、コンタクトにマーケティングメールを送信するのに際し、どの形式の同意がHubSpotの基準で有効となるのかについての例も紹介します。

暗黙の同意と明示の同意

マーケティングEメールを送信する前に、Eメールによるマーケティングのコンプライアンス、すなわち暗黙的なオプトイン同意と明示的なオプトイン同意の違いについて理解することが重要です。

  • 個人が何らかの事業目的でEメールアドレスを提供した時点で、暗黙の同意が発生しますが、マーケティングEメールを受信したいという意思を明示したわけではありません。
  • 明示の同意が得られるのは、個人にマーケティングEメールを送信する許可を求め、その個人が同意した場合です。受信者は、書面による同意、フォーム上のチェックボックスのクリック、またはダブルオプトインにより、Eメールを受信する意向があることを手動で表明する必要があります。

コンタクトからいずれかの形式の同意を得ることで、権限ベースの送信モデルに従っていることになりますが、明示の同意を得た方が、健全なメール送信を行っているという評価を得られるようになります。

注:暗黙の同意と明示の同意のどちらを得るかにかかわらず、常に確認可能な手法で行われる、お客様のアクションによる同意の意思表示が必要です。希望者がオプトアウトできるようになっていなければ、確認可能なオプトイン同意を得るためのHubSpotの要件を満たしません。

有効な形式の同意

以下の例は、コンタクトが完全に有効な形式で同意した場合のシナリオを説明しています。これらのシナリオでは、コンタクトに自由にEメールを送信することができます。 

  • コンタクトがウェブサイト上のフォームを送信した
  • コンタクトが過去2年間に貴社ブランドを購入した
  • コンタクトが過去2年間に貴社ブランドと書面契約を締結した
  • コンタクトが過去2年間に貴社に寄付したか、貴社でボランティアをした
  • コンタクトが貴社のサービス、組織、またはクラブに登録し、アクティブなユーザーとなっている
  • コンタクトが紙ベースまたは電子形式のニュースレター専用登録フォームに入力した
  • コンタクトを広告で獲得した

注:上記のシナリオのいずれかで、コンタクトから暗黙の同意を得た場合、フォームのチェックボックスまたは書面による明示的な同意を得るようにすることをお勧めします。

無効な形式の同意

以下の例は、コンタクトが自分のEメールアドレスを貴社ブランドに直接提供していない場合のシナリオを説明しています。HubSpotの基準では、このようなシナリオではコンタクトがオプトインに同意したとは解釈されません

  • サードパーティーのリストから購入、賃借、借用、またはその他の方法で取得したコンタクト:リストによっては、オプトインの同意を得ていると宣伝している場合がありますが、これらのコンタクトをマーケティングEメールツールで使用することはできません。購入または賃借したソースから取得したコンタクトの場合、Eメールがバウンスしたり配信が停止したり、スパムとしてマークされたりする可能性が高く、ブロックリストに登録される原因となり得ます。
  • 会員または組織のリスト:これらのリストは、何を目的に収集されたかを問わず、サードパーティーのリストとみなされます。
  • 以前の会社での個人的な業務関連のコンタクト:これらのコンタクトは、以前の会社ではEメールの受信に同意していたとしても、HubSpotの基準により、新しい会社にその同意は引き継がれません。
  • 他のブランドのウェブサイトでフォームを送信したコンタクト:他のブランドのウェブサイトでフォームを送信したコンタクトは、オプトインの要件を満たしていません。
  • リード/プロスペクトプロバイダーまたはデータ エンリッチメント ツールから取得されたコンタクト:データ エンリッチメント ツールはコンタクトプロファイルを構築するために使用できますが、マーケティングEメールツールから送信するEメールのコンタクトEメールアドレスのソースとして使用することはできません。
  • 直接Eメールを送ってきたコンタクト:コンタクトが1対1のEメールで連絡してきたとしても、一括コミュニケーションに同意したことにはなりません。明示的なオプトイン同意を得るためには、登録フォームを使用してコンタクトを誘導し、コンバージョンする必要があります。

その他の共通シナリオ

以下のシナリオは、本来、有効な形式の同意とは見なされないため、コンタクトへの確認が必要になります。

  • 友人、家族、過去の同僚:過去に関係があったとしても、あなたの新しいブランドからの一括コミュニケーションに同意したことにはなりません。したがって、マーケティングEメールを送信する前に、いずれかの有効な方法で同意を得てください。
  • 展示会やイベントからのコンタクト:貴社のブースに立ち寄ってバッジスキャンで情報を提供した、名刺を渡した、またはフォームや登録シートに記入したコンタクトは、オプトインの要件を満たします。ただし、イベントや展示会の主催者が提供する参加者リストからコンタクトの情報を取得した場合、コンタクトがEメールアドレスを提供した対象は貴社のブランドではなく、主催者であるため、オプトインに同意したとは見なされません
  • 雇用主から取得した従業員リスト:雇用主は、健康保険などの雇用主が提供する福利厚生のために、従業員の仕事上のEメールアドレスのリストを提供することができます。Eメールの健全性に対するリスクを軽減するには、オプトインの同意を得るために1対1のEメールで従業員に連絡し、同意を確認するためのダブルオプトインを有効にすることを検討してください。
  • ブランドの合併や買収で獲得したコンタクト:ブランドの合併や買収ではオプトインを引き継ぐことが可能ですが、コンタクトが新しいブランドからの連絡を期待していないことも考えられます。メールの健全性を保つために、顧客にブランド買収を通知し、新しいブランドに引き続きオプトインするかどうかを顧客が再確認できるようにしてください。
  • 直接会ったコンタクト:HubSpotでは確認可能なオプトインの同意を要件としているため、直接顔を合わせるコンタクトについては、電子形式または紙ベースで同意するよう誘導する必要があります。口頭での同意は確認不可能であるため、マーケティングEメールを送信する際のHubSpotの要件を満たしていません。
  • 役割別メールアドレス:会社、部署、グループなどに関連するグループアドレスにメールを送ると、特定の個人ではなく、複数の人に転送されることが多い。その結果、ロールベースのメールアドレスからは、検証可能な同意を得ることができません。

コンタクトの取得元と同意に関する慣例がHubSpotの要件を満たしているかどうかについてご不明な点がある場合は、HubSpotカスタマー サクセス マネージャーまたはHubSpotサポートにお問い合わせください。

ご注意:上記の情報は、HubSpotの利用規定(Acceptable Use Policy)に従っていただくためのものです。現地の法律により、他にも要件がある場合があります。現地法についてご不明な点がある場合は、法務チームに相談するのが最善の策です。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.