メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

HubSpotの支払いとサブスクリプションのプロパティー

更新日時 2024年 4月 10日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Starter , Professional , Enterprise
Sales Hub   Starter , Professional , Enterprise
Service Hub   Starter , Professional , Enterprise
Operations Hub   Starter , Professional , Enterprise
Content Hub   Starter , Professional , Enterprise

購入者が決済を行うと、HubSpot は特定のプロパティーに決済に関する詳細を保存します。HubSpotは、定期的な支払い用にサブスクリプションレコードが作成された場合、サブスクリプションに関する詳細も保存します。 

注:ペイメントとサブスクリプションはHubSpot定義オブジェクトで、標準CRMオブジェクトと同じオブジェクトフレームワークで構築されています。ただし、これらのプロパティーは、プロパティー設定を編集で管理したり編集したりすることはできません。

支払プロパティー

ワークフローで支払プロパティーを使用したり、インデックスページで支払レコードをセグメント化することができます。 

  • 「銀行またはカード発行者」:購入者が支払いに使用した銀行名またはカード発行会社名。
  • 請求先住所。購入者が支払いに使用した支払い方法の住所、市町村、州、郵便番号、国。 
  • 請求先アドレス city:購入者が支払いに使用した支払い方法の都市。
  • 請求先アドレスの国:購入者が支払いに使用した支払い方法の国。
  • 請求先住所1行目:購入者が支払いに使用した支払い方法の送信者アドレス。
  • 請求先住所2行目:購入者が支払いに使用した支払い方法のアパート、ユニット番号、または建物。これはオプションのフィールドである。
  • 請求先住所の郵便番号:購入者が支払いに使用した支払い方法の郵便番号。 
  • 作成者ユーザーID:このオブジェクトを作成したユーザー。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。
  • 通貨コード:支払いの通貨コード。これは米ドル建てとなる。 
  • Customer:支払いを行った購入者のEメールアドレス。
  • 総額:顧客が請求された総額。
  • 下4桁:支払い方法として使用する銀行口座またはカードの下4桁。
  • 正味金額:手数料と払い戻しを差し引いた合計金額。支払い金額を返金した場合、手数料は返還されないため、この金額がマイナスになる可能性がある。
  • オブジェクトID:このレコードの固有ID。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。
  • オブジェクトの作成日時:このレコードが作成された日時。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。
  • 「オブジェクトの最終変更日時」:このレコードのプロパティーを更新した最新のタイムスタンプ。これにはHubSpotの内部プロパティーも含まれ、表示・非表示が可能です。このプロパティーは自動的に更新される。
  • 支払いID:この支払いに固有のID。この値はHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 支払日:顧客が支払いを送信した日、またはHubSpotから定期支払いの請求があった日。
  • 支払い方法:顧客が支払いを行った方法(クレジットカードなど)。
  • 支払元名:支払を作成した支払リンクの内部名。
  • 決済処理機能:この支払いを処理するためにHubSpotが請求した合計金額です。現在のレートを確認するには、支払い設定のアカウント情報タブにアクセスしてください。
  • Refunded:顧客に返金された合計金額。
  • 発送先住所:購入者が購入した商品を受け取る番地、市町村、都道府県、郵便番号、国コード。 
  • 送信者アドレス city:購入者が購入した商品を受け取る都市。 
  • 発送先の国:購入者が購入した商品を受け取る国。 
  • 配送先住所1行目:購入者が購入した商品を受け取る番地。 
  • 送信者アドレス2行目:購入者が購入した商品を受け取るアパート、ユニット番号、または建物。これはオプションのフィールドである。 
  • 送信者アドレス state:購入者が購入した商品を受け取る州。 
  • 送信者アドレス zip:購入者が購入した商品を受け取る郵便番号。 
  • Source:支払いを作成したオブジェクト、ツール、または統合。
  • ソース ID:支払いを作成したオブジェクト、ツール、または統合の固有ID。
  • 「ソースURL」:支払いを作成したオブジェクト、ツール、または統合の URL。
  • 「ステータス」:支払いの現在のステータス。支払いステータスは、成功、失敗、一部返金、返金、または処理のいずれかです。 
  • 「ステータス更新日」:支払のステータスが最終更新された時刻。
  • 割引合計金額:購入者から回収した支払いの全ての割引の合計。商品項目や注文の割引を含む。
  • 「注文の合計割引金額」:購入者から回収された支払いに対する注文割引金額(商品項目の割引は含まない)。
  • 「商品項目の合計割引金額」: 1回限りの商品項目と定期的な商品項目を含む、購入者から回収した支払いの全商品項目割引の合計。
  • 手数料合計:支払われたすべての手数料商品項目の合計額。このプロパティーはレポートでのみ利用可能であり、支払い記録には表示されません。
  • Total taxes:納税した全ての商品項目の合計額。このプロパティーはレポートでのみ利用可能であり、支払い記録には表示されません。
  • 「更新者ユーザーID」: このオブジェクトを最後に更新したユーザー。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。 

サブスクリプションプロパティー

リストワークフローカスタムレポートなど、他のHubSpotツールでもサブスクリプションプロパティーを使用できます。

  • 年間経常収益:サブスクリプションからの年間経常収益。
  • 解約日:は、サブスクリプションのステータスが非アクティブまたは未払いに変更された時を示す。
  • 作成日:このサブスクリプションレコードが作成された日時。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。
  • 通貨コード:サブスクリプションの通貨コード。これは米ドル建てとなる。 
  • 終了日:サブスクリプションの終了日。
  • 最終変更日:このレコードの日付プロパティーが更新された最新のタイムスタンプ。これにはHubSpotの内部プロパティーも含まれ、表示・非表示が可能です。このプロパティーは自動的に更新される。
  • 最終支払い金額:直近の請求期間中にサブスクリプションに対して請求された金額。
  • 「月間経常収益」:サブスクリプションからの毎月の継続収益。
  • 送信者名:サブスクリプションの名前。
  • 次回の支払い金額:次回の請求期間の開始時に支払うべき金額。
  • 次回支払期日:次回請求期間の開始日。
  • 支払い完了回数:サブスクリプションに対して正常に処理された支払い回数。
  • 支払い予定回数:サブスクリプションの支払い予定回数。
  • 支払い方法:このサブスクリプションに登録されている支払い方法。
  • 支払元:サブスクリプションを作成したオブジェクトまたはツール。
  • 支払いソース ID:サブスクリプションを作成したオブジェクトまたはツールの固有ID。この値はHubSpotによって自動的に設定され、変更することはできません。
  • 「定期請求の頻度」:顧客がサブスクリプションの課金を受ける頻度。
  • 開始日:サブスクリプションの開始予定日(最初の支払い日)。 
  • ステータス:サブスクリプションのステータス。サブスクリプションのステータスは、アクティブ、期限切れ、未払い、キャンセル、予定、または期限切れです。 
  • サブスクリプションの所有者:サブスクリプションの所有者。
  • 「合計収集金額」:サブスクリプションから収集された合計金額。 
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。