メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローで日付の遅延を使用する

更新日時 2022年 8月 22日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional, Enterprise

ワークフローを作成するときは、日付の遅延を使用して、特定の日付のみ、または特定の日付プロパティに基づいてアクションを実行します。たとえば、連絡先の誕生日プロパティに基づいて電子メールを送信する連絡を遅らせることができます。  

日付の遅延または関連するプロパティの値を編集する前に、これらの変更が遅延にどのように影響するかについて詳細を確認してください。      

注意:特定の日付 および取引先責任者日付プロパティのワークフローでは、日付の遅延を使用することはできません。代わりに、遅延アクションは中央の日付または日付プロパティーを基準にして設定されます。日付ベースのワークフローでのアクションのスケジュールについて詳細をご確認ください。

ワークフローに日付の遅延を追加する 

日付の遅延を追加するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • ワークフローエディタで、[++]アイコ  ンをクリックします。
  • 右側のパネルで、[日付まで遅延]を選択します。

select - delay - until - a - date - as - workflow - action

 

  • 遅延のソースを選択します。
    • カレンダーの日付:その後のアクションは、特定の日付時刻まで遅れます。
    • [object] dateプロパティ:登録されたオブジェクトの特定のdateプロパティが設定する条件を満たすまで、次のアクションが遅延します。
      • [プロパティ]ドロップダウンメニューをクリックして、プロパティを選択します。
      • [遅延タイミング]で、[日付オン]、[日付]、または[日付後] ラジオボタンを選択します。[日付の前]または[日付の後]を選択した場合は、選択した日付プロパティの前後の日数を入力します。
      • 遅延が終了する時間を選択します。
  • 設定した日付を過ぎているかどうかに基づいて異なるアクションを実行するには、[はい]チェックボックスをオンにして、ブランチを追加します。
    • 遅延の原因としてカレンダーの日付を選択した場合、ブランチには2つのブランチが含まれます:日付と日付の後です。たとえば、8月31日午前10時まで遅れるワークフローを作成できます。その時点で、ウェビナーリンクを含む電子メールを送信します。日付が過ぎると、ワークフローに登録したその後の連絡先に、元のウェビナーが終了したことを知らせる別の電子メールを受け取り、代わりに参加できる今後のウェビナーのリストを提供するよう指示することができます。 
    • 遅延の原因としてDateプロパティを選択した場合、ブランチには3つのブランチが含まれます。日付、日付の、および日付のプロパティが不明です。
    • チェックボックスをオンにしなかった場合、設定された遅延の後、登録されたレコードはすぐに次のアクションに進みます。
  • [保存]をクリックします。

delay - a - date - workflows

 

日付の遅延の編集

遅延に関連付けられたプロパティ値または設定日を編集すると、遅延で待機しているすべてのレコードの遅延に影響します。
  • プロパティの値または予定表の日付が将来さらに別の日付に変更された場合、遅延はそれに応じて延長されます。
  • プロパティ値または予定表の日付が以前の日付に変更された場合、遅延はそれに応じて短縮されます。
  • プロパティ値または予定表の日付が過去の日付に変更された場合、遅延は終了し、レコードは自動的に次のアクションに進みます。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.