お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

[日付を基準にする] または [日付のプロパティーを基準にする] を指定したコンタクトベースのワークフローの作成

更新日時 2020年 7月 15日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

カレンダー日付またはコンタクト日付プロパティーに基づくワークフローアクションを設定するために、[日付を基準にする] または [日付のプロパティーを基準にする] を指定したコンタクトベースのワークフローを作成します。これにより、特定の日付に基づいてワークフローアクションをスケジュール設定して実行することができます。

注: この記事では、[日付を基準にする] または [日付のプロパティーを基準にする] を指定したコンタクトベースのワークフローを作成します。標準、または最初からの コンタクトベースのワークフローを作成する方法を学習します

ワークフロータイプを選択する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の [ワークフローを作成] をクリックします。
  • 左のパネルで、ワークフロータイプとして [コンタクトベース] を選択します。
  • 右側のパネルで[タイプを選択]を選択し、日付プロパティーの [日付を基準にする] または [日付のプロパティーを基準にする] を選択します。コンタクトベースのワークフローのタイプに関する詳細を確認してください。
    • [日付を基準にする] を選択する場合は、[イベント日] ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローアクションの基準とする日付を選択します。
    • [日付のプロパティーを基準にする] を選択する場合は、[コンタクトの日付プロパティー]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローアクションの基準とするコンタクト 日付プロパティーを選択します。
  • 鉛筆アイコン edit をクリックして、ワークフローに名前を付けてから、[ワークフローを作成] をクリックします。

  • ワークフローアクションを日付または日付のプロパティーに基づいて毎年繰り返す必要がある場合は、このワークフローを日付/プロパティボックスをクリックします。
    • 右側のパネルで、年次チェックボックスを選択します。これにより、ワークフローが毎年選択された日付にコンタクトを再登録できるようになります。たとえば、コンタクトのワークフローアクションを毎年更新日または誕生日に基づいて実行するために使用できます。この日付で毎年再登録されるため、コンタクトを再登録する必要はありません。

      注: デフォルトのコンタクトのプロパティ Date of birth (生年月日)は広告ツールにリンクされており、変更できない単行テキストのフィールドタイプです。コンタクトの誕生日を中心にワークフローを作成するには、日付選択カレンダーフィールドタイプでカスタムのコンタクトのプロパティーを作成します (誕生日など)。

    • [保存] をクリックします。

登録条件を設定する

コンタクトが登録条件を満たしている場合、自動的に登録されます。コンタクトを手動で登録する場合は、登録トリガーボックスを空白のままにします。手動登録についてもっと詳しく

  • ワークフローエディターで、[登録トリガーを設定] をクリックします。
  • 右側のパネルで、登録トリガーのフィルタータイプを選択します。条件を設定して [フィルターを適用] をクリックします。

    adding-workflow-enrollment-criteria
  • 既定で、コンタクトは初めて登録トリガーを満たしたときにだけワークフローに登録されます。再登録を有効にするには、次のようにします。
  • [日付プロパティーを基準に実行] ワークフローでは、[日付プロパティーを基準に実行] を登録トリガーとして追加します。それは登録トリガーとも呼ばれます。アクションは日付プロパティーの値を持つコンタクトに対してのみ実行されるため、この登録条件は、ワークフローに入ったすべてのコンタクトが正常にアクションを実行できることを保証します。
  • [保存] をクリックします。
  • ワークフローのアクションは、選択された日付またはコンタクトの日付プロパティー値に対して相対的なものです。次のアクションを実行する日時を設定するには、[..ボックスで次のアクションを実行]をクリックします。

注: 次のアクションを実行します。選択された日付または日付のプロパティーに基づいて最初のワークフローアクションをスケジュールするために使用されているため、遅延は削除できません。

date-centered-workflow-delay-schedule-and-timing
  • 右側のパネルで、[次のアクションの実行時にクリックしますか?]ドロップダウンメニューをクリックし、日付を選択するか、またはアクションがコンタクトの日付のプロパティーの その時点、それとものどの時点で実行されるのかを選択します。[実行する日時] ドロップダウンメニューをクリックして時間を選択します。
  • [保存] をクリックします。

アクションを追加する

  • 右のパネルで、アクションを選択します。ワークフローアクションを選択する方法を確認してください。
  • アクションの詳細をセットアップしてから、[保存]クリックします
  • プラスアイコン + をクリックして、さらにワークフローアクションを追加します。

設定を管理する

ワークフローの設定を管理するには、[設定] タブをクリックします。[一般] ページでは、アクションを実行する日時を選択したり、Salesforce からのコンタクトを登録したり、キャンペーンをワークフローに関連付けたりします。[登録解除と除外] ページで、ワークフローからレコードを自動的に削除または除外するための登録解除除外条件を設定します。

ワークフロー設定の管理についてもっと詳しく。

ワークフローを有効にする

  • 右上にある [確認] をクリックします。
  • 現在条件を満たしているレコードを登録するか、それとも将来に条件を満たすレコードだけを登録するかを選択します。
    • ワークフローが有効になった後に登録トリガーを満たすオブジェクトだけを登録するには、[いいえ、ワークフローを有効にした後にトリガー条件に合致する [オブジェクト] のみ登録する] を選択します。
    • 登録トリガーを満たす既存のオブジェクトを登録するには、[はい、現在トリガー条件に合致する既存の [オブジェクト] を登録する] を選択します。 
enrollment-existing
    • アカウントが Marketing Hub StarterProfessional、または Enterprise である場合、コンタクトベースのワークフローで、[リストを使用してこれらのコンタクトを表示] をクリックすることにより、条件を満たすコンタクトの静的リストを表示できます。 リストは自動的に保存され、リストダッシュボードからアクセスできます。
workflow-review-contact-list
  • ワークフロー設定を確認してから、[有効にする] をクリックします。
  • ダイアログボックスで 、[はい、有効にする]をクリックします。

ワークフローを有効にしたら、ワークフロー履歴を表示することにより、登録されているレコードをモニタリングできます。

/jp/workflows/create-center-on-a-date-or-center-on-a-date-property-contact-based-workflows