お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

[日付を基準にする]または[日付のプロパティーを基準にする]を指定したコンタクトベースのワークフローの作成

更新日時 2020年 3月 4日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

カレンダー日付またはコンタクト日付プロパティーに基づくワークフローアクションを設定するために、[日付を基準にする]または[日付のプロパティーを基準にする]を指定したコンタクトベースのワークフローを作成します。これにより、特定の日付に基づいてワークフローアクションをスケジュール設定して実行することができます。

ご注意ください: この記事では、[日付を基準にする]または [日付のプロパティーを基準にする] を指定したコンタクトベースのワークフローを作成します。標準、または最初からの コンタクトベースのワークフローを作成する方法を学習します

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の[ワークフローを作成]をクリックします。
  • 左のパネルで、ワークフロータイプとして [コンタクトベース] を選択します。
  • 右側のパネルで[タイプを選択]を選択し、日付プロパティーの[日付を基準にする]または[日付のプロパティーを基準にする]を選択します。コンタクトベースのワークフローのタイプに関する詳細を確認してください。
    • [日付を基準にする]を選択する場合は、[イベント日]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローアクションの基準とする日付を選択します。
    • [日付のプロパティーを基準にする]を選択する場合は、[コンタクトの日付プロパティー]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローアクションの基準とするコンタクト 日付プロパティーを選択します。
  • 鉛筆アイコンedit をクリックして、ワークフローに名前を付けてから、[ワークフローを作成]をクリックします。

  • ワークフローアクションを日付または日付のプロパティーに基づいて毎年繰り返す必要がある場合は、このワークフローを日付/プロパティボックス をクリックします。
    • 右側のパネルで、年次チェックボックスを選択します。これにより、ワークフローが毎年選択された日付にコンタクトを再登録できるようになります。たとえば、コンタクトのワークフローアクションを毎年更新日または誕生日に基づいて実行するために使用できます。この日付で毎年再登録されるため、コンタクトを再登録する必要はありません。

      ご注意ください:デフォルトのコンタクトのプロパティ Date of birth (生年月日)が広告ツールにリンクされ、単行テキストフィールドタイプは変更できませんい。コンタクトの誕生日を中心にワークフローを作成するには、[Date ピッカー]フィールドタイプを用いてカスタムのコンタクトのプロパティーを作成します[誕生日など]。

    • [保存]をクリックします。

  • ワークフローエディターで、[登録トリガーを設定] をクリックします。
  • 右側のパネルで、ワークフローを自動でトリガーするか、手動でトリガーするかを選択します。オブジェクトをワークフローに手動で登録する方法を確認してください。

ご注意ください:
HubSpot アカウントが 2019 年 11 月 5 日以降に作成された場合は、[手動] オプションが表示されません。コンタクトベースのワークフローは、コンタクトを自動的に登録するようにしか設定できません。コンタクトはいつでもワークフローに手動で登録できます。新しいコンタクトベースのワークフローの違いを確認してください。

    • [自動] を選択した場合は、トリガー条件を選択します。ワークフローの登録トリガーの設定について詳細を確認してください。 
    • 既定で、コンタクトは初めて登録トリガーを満たしたときにだけワークフローに登録されます。再登録を有効にするには、[再登録オプションを変更] をクリックします。ワークフローに再登録トリガーを追加する方法を確認してください。
    • 既定で、ワークフローがオンになってからコンタクトが登録トリガーを満たした場合にのみ、コンタクトがワークフローに登録されます。登録トリガーを満たしている既存のコンタクトを登録するには、[すでにこれらの条件を満たしているコンタクトを登録します] チェックボックスをオンにします。
  • [日付プロパティーを基準に実行] ワークフローでは、[日付プロパティーを基準に実行] 既知であるを登録トリガーとして追加します。アクションは日付プロパティーの値を持つコンタクトに対してのみ実行されるため、この登録条件は、ワークフローに入ったすべてのコンタクトが正常にアクションを実行できることを保証します。
  • [保存]をクリックします。

  • ワークフローのアクションは、選択された日付またはコンタクトの日付プロパティー値に対して相対的なものです。次のアクションを実行する日時を設定するには、[..ボックスで次のアクションを実行]をクリックします。
  • 右側のパネルで、[次のアクションの実行時にクリックしますか?]ドロップダウンメニューをクリックし、日付を選択するか、アクションがコンタクトの日付のプロパティーの その時点又は後に実行されるかどうかを選択します。[実行する日時]ドロップダウンメニューをクリックして時間を選択します。
  • [保存]をクリックします。

ご注意ください:次のアクションを実行します。選択された日付または日付のプロパティーに基づいて最初のワークフローアクションをスケジュールするために使用されているため、遅延は削除できません。

  • アクションの詳細をセットアップしてから、[保存]クリックします
  • プラスアイコン + をクリックして、さらにワークフローアクションを追加します。

  • ワークフローアクションに、登録されたコンタクトへマーケティング Eメールの送信が含まれている場合は、ワークフロー目標を設定して、ワークフローの内容と成否でエンゲージメントを評価することをお勧めします。コンタクトベースのワークフローで目標を使用する方法を確認してください。
    • 左上のgoal [目標を設定] をクリックします。
    • ダイアログボックスで、目標基準を選択します。完了したら、[保存]をクリックします。
  • 次に、[設定] タブをクリックします。ここでは、アクションを実行する曜日を選択するとか、ワークフローに抑制リストを追加するなどのワークフローの設定を管理できます。コンタクトベースのワークフロー設定を管理する方法を確認してください。
  • 右上にある [確認] をクリックします。

  • ワークフロー設定を確認してから、[有効にする] をクリックします。
  • ワークフローが有効になっていることを示すダイアログボックスが表示されます。
/jp/workflows/create-center-on-a-date-or-center-on-a-date-property-contact-based-workflows