メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

[特定の日付]または[コンタクトの日付プロパティー]に基づくコンタクトベースのワークフローの作成

更新日時 2022年 4月 1日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

カレンダー日付またはコンタクトの日付プロパティーをワークフローアクションの基準にするには、[特定の日付]または[コンタクトの日付プロパティー]を指定したコンタクトベースのワークフローを作成します。これにより、特定の日付に基づいてワークフローアクションのスケジュールを設定および実行できます。

注:この記事では、[特定の日付]または[コンタクトの日付プロパティー]を指定したコンタクトベースのワークフローの作成について説明します。標準、または空のコンタクトベースのワークフローを作成する方法をご覧ください。

ワークフロータイプを選択する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の[ワークフローを作成]をクリックします。
  • 左のパネルで、ワークフロータイプとして[コンタクトベース]を選択します。
  • 右のパネルの[タイプを選択]で、[特定の日付]または[コンタクトの日付プロパティー]を選択します。コンタクトベースのワークフローのタイプに関する詳細をご確認ください。
    • [特定の日付]を選択する場合は、[イベント日]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローアクションの基準にする日付を選択します。
    • [コンタクトの日付プロパティー]を選択する場合は、[コンタクトの日付プロパティー]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローアクションの基準にするコンタクトの日付プロパティーを選択します。
  • 鉛筆アイコンeditをクリックし、ワークフローに名前を付けて、[ワークフローを作成]をクリックします。ワークフローエディターが開きます。

登録条件を設定する

コンタクトは、登録条件を満たすと自動的に登録されます。コンタクトを手動でのみ登録する場合は、登録トリガーボックスを空白のままにします。手動登録に関する詳細をご確認ください

  • ワークフローエディターで、[トリガーを設定]をクリックします。
  • 右側のパネルで、登録トリガーのフィルタータイプを選択します。条件を設定し、[フィルターを適用]をクリックします。

  • 既定でコンタクトは、登録トリガーを初めて満たしたときにだけワークフローに登録されます。再登録をオンにするには、次の手順に従います。
    • 右側のサイドバーで、[再登録]タブをクリックします。
    • [再登録を許可]チェックボックスをオンにします。
    • 再登録に使用するトリガーを選択します。ワークフローへの再登録トリガーの追加をご確認ください。
  • コンタクトの日付プロパティーのワークフローに[コンタクトの日付プロパティーを追加することは、登録トリガーとして知られています。該当する日付プロパティーに値があるコンタクトについてアクションが実行されることから、この登録条件では、ワークフローに入った全てのコンタクトにアクションが正常に実行されます。
  • [Save(保存)]をクリックします。
  • ワークフローのアクションは、選択した日付またはコンタクトの日付プロパティー値に関連付けられます。次のアクションの実行日時を設定するには、[遅延のスケジュールとタイミング]アクションをクリックします。

注:[次のアクションは...に実行します]の遅延は、選択された日付または日付プロパティーに基づく最初のワークフローアクションのスケジュール設定に使用されるため、削除できません。

date-centered-workflow-delay-schedule-and-timing
  • 右側のパネルで、[次のアクションはいつ実行されますか?]ドロップダウンメニューをクリックし、日付を選択するか、またはアクションをコンタクトの日付プロパティーの当日、またはのどの時点で実行するかを選択します。[実行時刻]ドロップダウンメニューをクリックし、時間を選択します。
  • [Save(保存)]をクリックします。

ワークフローの年次の繰り返しを設定する(任意)

日付に基づくワークフローは既定で、年ごとに繰り返されません。ただし、選択した日付または日付プロパティーに基づいて毎年、コンタクトを再登録するためのワークフローを設定できます。この方法は例えば、毎年のコンタクトの更新日または誕生日にコンタクトをワークフローに自動登録する場合に使用します。 

注:既定のコンタクトプロパティー「誕生日」は広告ツールにリンクされる、変更不可能な単行テキストのフィールドタイプです。コンタクトの誕生日を基準にワークフローを作成するには、日付入力フィールドタイプのカスタム コンタクト プロパティーを作成します(「生年月日」など)。

ワークフローの年次の繰り返しを設定するには、次の手順に従います。

  • [日付を指定]アクションをクリックします。
  • 右側のパネルで、[毎年繰り返す]チェックボックスをクリックして選択します。
  • [保存]をクリックします。

[コンタクトの日付プロパティー]ワークフローの年次の繰り返しを設定すると、ワークフローのプロパティー値の年は無視され、月と日が使用されます。つまり、年次の繰り返しワークフローに含まれるアクションは、現在の年の月日からの相対日付としてスケジュールされます。 

例えば、コンタクトの[顧客になった日付]プロパティーを基準にワークフローを作成したとします。この日付から300日後として最初のアクションがスケジュールされている場合、登録されたコンタクトは、[顧客になった日付]プロパティーの月日に基づいてスケジュールされます。コンタクトが顧客になった日付が2020年1月20日でも、このコンタクトが2021年にワークフローによって登録されると、最初のアクションは2021年1月20日から300日後としてスケジュールされます。 

アクションを追加する

  • 右のパネルで、アクションを選択します。ワークフローアクションを選択する方法をご確認ください。
  • アクションの詳細をセットアップしてから、[保存]をクリックします。
  • プラスアイコン + をクリックして、さらにワークフローアクションを追加します。

設定を管理する

ワークフローの設定を管理するには、[設定]タブをクリックします。[全般]ページでは、アクションの実行日時の選択、Salesforceからのコンタクト登録、キャンペーンとワークフローの関連付けを行います。[登録解除と除外]ページでは、ワークフローからレコードを自動的に取り除く、または除外するための登録解除と除外の条件を設定します。

ワークフロー設定の管理についてご確認ください。

ワークフローをオンにする

  • 右上にある[確認]をクリックします。
  • 現在条件を満たしているレコードを登録するか、今後条件を満たすレコードだけを登録するかを選びます。
    • ワークフローをオンにした後にだけ登録トリガーを満たしたオブジェクトを登録するには、[いいえ、ワークフローを有効にした後にトリガー条件に合致する[オブジェクト]のみ登録します]を選択します。
    • 登録トリガーを満たしている既存のオブジェクトを登録するには、[はい、現時点でトリガー条件に合致する既存の[オブジェクト]を登録します]を選択します。 
enrollment-existing
    • ご使用のアカウントがMarketing HubのStarter、Professional、またはEnterpriseの場合、コンタクトベースのワークフロー内の[リストを使用してこれらのコンタクトを表示]をクリックすることで、条件を満たすコンタクトの静的リストを表示できます。リストは自動的に保存され、リストダッシュボードからアクセスできます。
workflow-review-contact-list
  • ワークフロー設定を確認してから、[有効にする]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[はい、有効にする]をクリックします。

ワークフローを有効にしたら、ワークフローの履歴を表示して、レコードの登録を確認できます。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.