お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Events

訪問されたURL イベントを作成

更新日時 1月 3, 2019

対象製品

Marketing Hub  Enterprise

匿名の訪問者または HubSpot コンタクトがウェブサイト上で特定の URL を訪問したときにおける、訪問されたURL イベントレコード。

注:イベントは、HubSpot Marketing Hub Enterprise アカウントでのみ利用可能ですProfessionalEnterprise のアカウントは、いずれも訪問された URL に基づくリストを作成できますが、訪問された URL イベントレポートを作成できるのは、Enterprise アカウントのみです。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。次、Events (イベント)を選択します。

  • 右上の[Create event (イベントを作成)]をクリックします。
  • 右側のペインで、[Event name (イベント名)]を入力し、[Tags (タグ)] (任意) を選択して、イベントを簡単に検索して追跡できるようにします。[Event type (イベントタイプ)]して [Visited URL (訪問されたURL)]を選択。
  • [Next (次へ)]をクリックします。

HubSpot のヘルプ記事のスクリーンショット

  • [Page URL (ページ URL)]フィールドに訪問を追跡する URL を入力します。 

注:訪問されたURLイベントは、HubSpot トラッキングコードがインストールされているページでのみ作成され追跡できます。

訪問された URL イベントの作成時に、ページ URL にワイルドカード文字を使用できます。これにより、各 URL を明示的に定義せずに幅広いページでイベントを追跡できます。

訪問時にイベント完了を正しく記録するワイルドカードの組み合わせの例:

  • http://www.fifthseasonadventure.com/*
  • http://www.fifthseasonadventure.com/blog/*
  • http://www.*.com/blog
  • http://www.*.com/blog/*
  • http://*.fifthseasonadventure.com
  • http://www.fifthseasonadventure.*/blog

トレイリングスラッシュの後に続くワイルドカードには、元のページ URL は含まれません。たとえば、http://myblog.com/*には、myblog.com/以降のサブディレクトリのページがすべて含まれますが、myblog.com にあるページ自体は含まれません。.トレイリングスラッシュの前にワイルドカードが入力されると、元の URL が含まれます.たとえば、myblog.com* には、myblog.com/my-articlemyblog.com が含まれます。

  • [Save (保存)]をクリックして、訪問した URL イベントの作成を完了します。

HubSpot のヘルプ記事のスクリーンショット