メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Analytics Tools

従来の行動イベントツールを使用してイベントを分析して管理する

更新日時 2021年 6月 30日

対象製品

Marketing Hub  Enterprise

従来の行動イベントを分析して管理する方法を学習します。新しいイベントは新しいカスタム行動イベントツールでのみ作成できますが、既存の行動イベントには引き続き機能します。また、引き続き従来のイベントを管理し、イベント ファネル レポートを作成して、パフォーマンスを分析することもできます。

注:従来の行動イベントを新しいイベントツールに移行することはできません。代わりに、新しいツールで従来のイベントを再作成することをお勧めします。新しいカスタムイベントでは、イベントプロパティーの柔軟性が向上するからです。たとえば、従来のイベントでは個別のキャンペーンをトラッキングするために複数のイベントを作成することが必要でしたが、1つのカスタム行動イベントで複数のキャンペーンをトラッキングできるようになりました。

新しいカスタム行動イベントツールで作成されたイベントの分析の詳細をご覧ください。

従来の行動イベント完了の分析

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。
  • [行動イベント(レガシー)]をクリックします。
  • イベント ファネル レポートを作成するには、右上にある[イベントファネルを作成]をクリックします。ファネル レポート ビルダーに移動します。ここでファネルレポートを作成できます。
  • イベントの完了の測定指標を表示するには、[分析]タブをクリックします。
  • 特定の期間および頻度でデータを絞り込むには、[日付範囲]と[頻度]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • 特定の日付範囲を選択した場合、データセットでは現在の日付が除外されます。
    • 選択された日付範囲が一週間の場合や頻度が 「週次」に設定されている場合、レポートの週は既定で日曜日に開始されます。
  • タグでデータを絞り込むには、[タグ]ドロップダウンメニューをクリックし[タグ]を選択します。
  • 従来の行動イベントをエクスポートするには、次の手順を実行します。
    • 右上にある[エクスポート]をクリックします。
    • ダイアログボックスでエクスポートの名前を入力し、[ファイル形式]ドロップダウンメニューからファイルタイプを選択します。
    • [エクスポート]をクリックします。

[分析]タブに、チャートとテーブルの両方の形式でイベント完了が表示されます。

チャート

チャートには、選択した日付範囲および頻度でタグの完了が表示されます。

  • チャートの右上にある[スタイル]ドロップダウンメニューをクリックし、分析に使用したいチャートのスタイルを選択します。
  • チャート内の特定のイベントのデータを表示するには、下のテーブルの横にあるチェックボックスを選択します。

テーブル

テーブルには、各イベントの完了日と作成日が表示されます。テーブル内のデータを並べ替えるには、対応する列ヘッダーをクリックします。

特定のイベントのアクティビティーログを表示するには、テーブル内のイベントにカーソルを置き、[アクティビティーログ]をクリックします。

従来の行動イベントを管理する

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [アナリティクスツール]の順に進みます。
  • [行動イベント(レガシー)]をクリックします。従来の行動イベントページの[管理]タブに移動します。
  • イベントを削除するには、削除するイベントの横にあるチェックボックスを選択し、[削除]をクリックします。
  • イベントを作成したら、承認済みイベントのみが完了を記録します。
    • 承認済みイベントを一括却下するには、次の手順を実行します。
      • 左のサイドバーメニューで[承認済み] をクリックし、却下する イベント を選択します。
      • テーブルの上部にある[削除]をクリックします。これらのイベントは却下され、[拒否済み]タブに移動されます。
    • イベントを一括承認または却下するには、次の手順を実行します。
      • 左のサイドバーメニューで [予想外のイベント] をクリックします。予想外のイベントは、一般的に、カスタムイベント上限を超えてカスタムイベントを作成する場合のカスタムイベントです。
      • 承認または却下するイベントの横にあるチェックボックスを選択します
      • テーブルの上部にある[承認]をクリックして、[承認済み]カテゴリーに移動するか[却下]をクリックして、[拒否済み]カテゴリーに移動します。 
    • 却下されたイベントを一括復元するには、次の手順を実行します。
      • 左のサイドバーメニューで[拒否済み]をクリックし、復元するイベントの横にあるチェックボックスをオンにします。
      • テーブルの上部にある[復元]をクリックすると、これらのイベントが承認済みカテゴリーに移動します。

一括で最大25イベントまで、イベントの作成、承認済みイベントの削除、予想外のイベントの承認または却下、却下されたイベントの復元ができます。