お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Blog

ブログをCSVファイルとしてHubSpotにインポートする

更新日時 2021年 3月 9日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise

スマート コピー インポート機能と互換性のないブログの場合、CSVファイルを使用してブログをHubSpotにインポートできます。このサンプルCSVファイルに基づいて、既存の各ブログ記事のコンテンツを収集します。次にこのファイルをインポートします。HubSpotで、既存のブログコンテンツが取り込まれた新しいブログ記事が生成されます。

始める前に

  • HubSpotアカウントを作成すると、ブログ記事をインポートするために使用できる新しい既定のブログがアカウントに表示されます。ブログ設定では、新しいブログを作成したり、ブログをカスタマイズしたりできます。
  • インポートに向けてブログコンテンツの形式を設定するときに使用できるサンプルCSVファイルがあります。
  • CSVインポートファイルには以下のフィールドが必要であることに注意してください。
    • URL
    • タイトル
    • SEOタイトル
    • 作成者
    • メタディスクリプション
    • 公開日
    • 記事の本文

CSVファイルに含まれているブログコンテンツをインポートする

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[ブログ]に移動します。
  • 右上にある[ブログをインポート]をクリックします。これにより、ブログのインポーターダッシュボードが表示されます。
  • 右上にある[新しいブログをインポート]をクリックします。
  • [CSVファイルのアップロード]オプションを選択し、[次へ]をクリックします。
  • インポートを設定します。
    • 現在どのブログプラットフォームを使用していますか:ドロップダウンメニューをクリックし、インポートするブログを現在ホストしているプラットフォームを選択します。
    • HubSpotブログ:ドロップダウンメニューをクリックして、ブログコンテンツをインポートするHubSpotブログを選択します。
    • CSVファイルのアップロード:[ファイルを選択]をクリックして、ブログコンテンツを含むCSVファイルをアップロードします。
  • 右下の[ブログ記事をコピー]をクリックします。

インポートファイルから列をマッピングする

次に、CSVファイルの列を新しいHubSpotブログの対応するプロパティーにマッピングします。

HubSpotブログのプロパティーについて詳しくは以下を参照してください。CSVファイルとインポートするブログコンテンツを形式設定する例を参照するには、サンプルCSVインポートファイルを確認してください

  • URL(必須):この列には各ブログ記事のURLを入力します。
  • タイトル(必須):この列には各ブログ記事のタイトルを入力します。
  • SEOタイトル:検索エンジンで、読者に対して表示するタイトルとは異なるタイトルをブログ記事に索引付けする場合は、この列にカスタムSEOタイトルを入力します。
  • 作成者(必須):この列には各ブログ記事の執筆者の名前を入力します。インポートが完了したら、ブログ執筆者の説明をカスタマイズできます。
  • キービジュアル:この列には、各ブログ記事のキービジュアルのURLを入力します。ブログ記事のキービジュアルをインポートしたくない場合は、この列を空白にするか、またはCSVファイルでこの列を省略します。
  • カテゴリー/タグ:この列には、各ブログ記事に適用されるカテゴリーまたはタグを入力します。複数のタグまたはカテゴリーをインポートするには、サンプルCSVインポートファイルに示されているように、タグまたはカテゴリーをコンマで区切ります。このブログ記事のカテゴリーまたはタグをインポートしない場合は、この列を空白にするか、またはCSVファイルでこの列を省略します。
  • メタディスクリプション(必須):ブログ記事の概要です。ブログ記事の先頭55文字をメタディスクリプションとして自動的に使用するには、[ファイルの列ヘッダー]ドロップダウンメニューをクリックし、[既定を使用]を選択します。
  • 公開日(必須):この列には各ブログ記事の公開日を入力します。現時点では、日付形式MM/DD/YYYYだけが受け入れられることに注意してください。インポートが完了したら、ブログ設定でブログの日付形式設定をカスタマイズできます。これは、アカウント設定に含まれています。
  • 記事の本文(必須):タグや画像URLなど、ブログ記事コンテンツの本文のソースコードを入力します。ブログ記事本文の型式設定の例については、サンプルCSVインポートファイルを参照してください

map-blog-properties-from-a-csv-file

CSVファイルのブログコンテンツを新しいブログ記事にマッピングするには、次の手順に従います。

  • [ファイルの列ヘッダー]ドロップダウンメニューをクリックし、対応するHubSpotブログプロパティーを選択します。スプレッドシートでその列の最初の行の値と共に[情報のプレビュー]が表示されます。
  • CSVファイルからインポートする各ブログプロパティーのマッピングを確認します。
  • 右下の[次へ]をクリックします。インポート処理が完了するまでには数分かかることがあります。
  • [ダッシュボードに戻る]をクリックして、インポートのステータスを確認します。

インポートを完了する

  • インポートを完了するには、[結果をレビュー]をクリックします。 
  • インポート処理中にエラーが発生した場合、[エラー]タブで詳細を確認できます。
  • [プレビュー]をクリックします。ブログ記事コンテンツのシンプルなプレビュー、画像URL、インポートツールによって特定されたその記事の値のリストが表示されます。

    注:ブログ記事の画像はブログ記事のプレビューには表示されません。プレビューでは代わりに画像URLが表示されます。

  • ブログ記事の機能に既定値が適用されている場合は、[マッピングを完了するために使用される既定値]というコメントが表示されます。
    • 既定値を確認するには、[既定値を変更]をクリックします。
    • サイドバーパネルで、すべてのブログ記事にマッピングできなかったブログ機能の既定値を確認します。以下の例では、ブログの[作成者]とブログの[公開日]に既定値が取り込まれています。
    • テキストフィールドの値を目的の値に更新します。
    • [保存]をクリックして、これらの値をすべてのブログ記事に適用します(このプロパティーの値を除く)。

review-default-values-for-blog-posts

  • 既定ではすべてのブログ記事がインポート対象として選択されます。インポートしないブログ記事の左側にあるチェックボックスを選択解除します。
  • 選択内容を最終的に確認したら、[インポート]をクリックします。
  • [記事をインポート]ダイアログボックスで、これらのブログ記事を下書きまたは公開中の記事のいずれとしてインポートするかを選択します。[保存]をクリックします。

ブログのインポートステータスが[インポートが進行中]に更新されます。インポートが完了したら、ステータスが[インポートが完了しました]に更新されます。

インポートで問題が検出された場合は、[続き]ドロップダウンメニューをクリックし、[詳細を表示]を選択します。

次のステップ:HubSpotでブログをセットアップする

ブログ記事をインポートしたら、HubSpotでブログのセットアップを完了します。