Connected Email

IMAP を使用して受信トレイを HubSpot に接続するための技術的要件

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

受信トレイを HubSpot に接続するには、E メールサーバーが、IMAP (インターネットメッセージアクセスプロトコル) と SMTP (シンプルメール転送プロトコル) をサポートする必要があります。IMAP を使用して受信トレイを接続するための要件が、以下にあります。

この記事には、ITチームやEメール管理者向けの技術的リソースや定義が記載されています。E メールサーバーが現在 IMAP 用にセットアップされていない場合は、IT 管理者と連携して、受信トレイが正しく構成されていることを確認してください。

注:コミュニケーション受信トレイは IMAP 接続をサポートしていません。E メールアカウントをコミュニケーション受信トレイに接続しようとしている場合、Gmail または Office 365 でホストされている受信トレイを接続する必要があります。

サーバーの要件

受信トレイを HubSpot に接続して E メールを送信すると、HubSpot は TLS (トランスポート層セキュリティー) 経由で E メールサーバーと接続します。受信トレイにアクセスしてメールを送信するには、IMAP と SMTP をそれぞれ使用します。これらのプロトコルを実行している両方のポートは、トラフィックに対してオープンにされるか、これらの接続を作成している IP をホワイトリストにすることもできます。

受信トレイがIMAPに接続されている場合は、HubSpotが最大4つの同時接続を確立します。受信トレイが接続されている場合は、少なくとも2つの永続的な同時接続が存在するため、HubSpotは受信トレイと送信済みフォルダーからEメールを同期できます接続された受信トレイ経由でEメールを送信すると、一時的な2つの同時接続が確立されます。

HubSpotが接続するポートは、暗号化をサポートする必要があります。HubSpotはすべてのポートでTLSv1.0、TLSv1.1、TLSv1.2、SSLv3、またはTLSv1.0、TLSv1.1、TLSv1.2、SSLv3へのSTARTTLSアップグレードをサポートしています。TLSv2はサポートされていません。

サーバーでIMAPソフトウェアとしてCourier-IMAPが使用されている場合は、HubSpotが受信トレイ接続をサポートしません。これは、返信がCourier-IMAPソフトウェアを使用して受信トレイに送信される場合は、CRMにEメール返信を記録することができないためです。

サーバーにインストールするSSL証明書の共通名(CN)には、HubSpotが接続しているサーバーの完全修飾ドメイン名(FQDN)を含める必要があります。たとえば、IMAPサーバーがimap.domain.comの場合は、SSL証明書のCNにimap.domain.comを含める必要があります。 

設定

E メールの設定は、IMAP 経由で受信トレイを接続する機能に影響を及ぼす可能性があります。

  • メールを同期するには、IMAP を有効にする必要があります。
  • HubSpotはActiveSyncとの接続をサポートしていませんが、EメールクライアントでActiveSyncを使用している場合、HubSpot-Exchange接続を使用してアカウントを接続します。

セキュリティ証明書

SSL 証明書が証明機関によって署名されていない場合、接続を開始する際にセキュリティで保護されていない証明書を許可するオプションがあります。サーバーにアクセスするための適切なユーザー名とパスワード、および IMAP と SMTP サーバー名が必要です。これらの手順に従って、この情報を取得するか、IT チームと連携して、使用する適切なログイン資格情報を決定します。

ホワイトリスト

ITチームは、特定のIPアドレスのみに受信トレイとの接続を許可する場合があります。この場合、IT チームは HubSpot で受信トレイを接続するために使用する IP アドレスをホワイトリストに登録する必要があります。

認証方法、セキュリティー設定、および利用可能なプロトコルが E メールサーバーでお互いに異なるため、E メールサーバーが上記の要件を満たしていることを確認するために IT チームとの連携が必要になる場合があります。IMAP接続プロセス中に問題が発生した場合、HubSpotサポートでチケットを開封すると、HubSpotがアクセスを持たないトラブルシューティングの方法に必要な特定の情報をIT部門が提供できるので、ITチームまたは管理者と連携してください。