お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Activity Feed

リード再訪問通知をセットアップする

更新日時 2020年 9月 25日

対象製品

すべての製品とプラン

リード再訪問アラートにより、リードとの接触はより容易になります。リードがサイトに戻ると、HubSpotから通知が送られ、アクションを実行できるようになります。

注:リード再訪問通知をEメールで受信するには、Marketing Hub ProfessionalまたはEnterpriseアカウントのユーザーであることが必要です。すべてのユーザーは、セールスEメール拡張機能を使用してリード再訪問通知を受信したり、アクティビティーフィードでこれらの通知を表示したりすることができます。

リード再訪問通知の仕組み

リード再訪問機能を使用すると、既存のコンタクトがウェブサイトを訪問した時点で、受信トレイでEメールを受信したり、通知センターでアラートを受信したり、セールス拡張機能によりリアルタイムのアラートを受信したりできます。通知は、HubSpotでホストされているページと外部ページの中で、HubSpotトラッキングコードがインストールされているものについて送信されます。通知には、コンタクトのプロフィールページへのリンクが含まれています。このページでは、その人とあなたの会社とのすべてのインタラクションの履歴を確認できます。

Salesforce内で特定の営業担当者にリードを割り当てると、そのリードがサイトを再訪問した際にその担当者に再訪問アラートが送られます。

すべてのリードまたは自分の担当するすべてのリードについて通知を受信することを選択する場合は、以下を除くすべてのコンタクトについて再訪問アラートが届きます。

Eメール通知の場合:
  • 初めてサイトを訪問しているコンタクト。
  • 過去24時間以内に作成されたコンタクト。
  • 自分の共有範囲でないコンタクト。
  • 過去24時間にあなたがリード再訪問通知を受信したコンタクト。
  • 自分の所有ではないコンタクト(自分所有のリードのみをトラッキングする場合)。
  • [顧客]のライフサイクルステージでサイトを再訪問するコンタクト。通知は、[エバンジェリスト][その他]を含む他のすべてのライフサイクルステージのコンタクトについて送信されます。

セールス通知の場合:

  • 自分の共有範囲でないコンタクト。
  • 自分の所有ではないコンタクト(自分所有のリードのみをトラッキングする場合)。
  • [顧客]のライフサイクルステージでサイトを再訪問するコンタクト。通知は、[エバンジェリスト][その他]を含む他のすべてのライフサイクルステージのコンタクトについて送信されます。

受信するEメール通知には、リードの情報とリードが訪問したドメインの一覧が含まれています。

注:リードが訪問した特定ページの固有のcanonical URLのドメインが表示されるURLのドメインと異なる場合、Eメールにはcanonical URLのドメインが代わりに表示されます。

lead-revisit-email-notification

 

ウェブサイト再訪問通知設定をカスタマイズする

トラッキングするコンタクトと会社、およびウェブサイトを再訪問した際の通知方法を選択します。

注:個人ユーザーは、各自で自分の再訪問通知の設定を設定する必要があります。管理者または他のユーザーはチームメンバーの設定を調整できません。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[通知]に移動します。
  • [ウェブサイトの訪問数]セクションで、コンタクトまたは会社が該当ウェブサイトを訪問した際に通知を受け取る方法を設定します。

 

[コンタクト]セクションの下で、コンタクト再訪問通知を更新します。

  • トラッキングするリードの横にあるラジオボタンを選択します。
    • 表示可能なコンタクト:このオプションは、アカウントで表示できるコンタクトについて、コンタクト再訪問アラート通知を送信する場合に選択します。
    • 担当しているコンタクト:このオプションは、自分に割り当てられているコンタクトについてのみ、コンタクト再訪問アラート通知を送信する場合に選択します。
  • リードがサイトを再訪問した際に通知を受信する方法を決定し、通知タイプの横にあるチェックボックスを選択してオンにします。
    • Eメール:該当サイトを訪問したコンタクトごとに、日次Eメールアラートを受け取ります。
    • アクティビティーフィードのリアルタイムアラート:アクティビティーフィードでコンタクト再訪問アクティビティーを表示します

[会社]セクションの下で、会社再訪問通知を更新します。

  • トラッキングする会社の横にあるラジオボタンを選択します。
    • 表示可能な会社:このオプションは、アカウントで表示できる会社について、会社再訪問アラート通知を送信する場合に選択します。
    • 担当している会社:自分に割り当てられている会社についてのみ、リード再訪問アラート通知を送信する場合にこのオプションを選択します。
  • 会社が該当サイトを再訪問した際に通知を受信する方法を決定し、通知タイプの横にあるチェックボックスを選択してオンにします。
    • Eメール:該当サイトを訪問した会社ごとに、日次Eメールアラートを受け取ります。
    • アクティビティーフィードのリアルタイムアラート:アクティビティーフィードで会社再訪問アクティビティーを表示します

website-visit-notification.settings-1

注:HubSpotユーザーではなく、リード再訪問通知を受信しない場合、以前のリード再訪問通知Eメールを開封し、メッセージの下部にあるサブスクライブ解除リンクをクリックします。

Salesforceのリード担当者である場合、最初のEメールを受信した後にサブスクライブ解除する必要があります。最初のEメールを受信する前には、サブスクライブ解除するオプションはありません。

トラッキングプロスペクトは、プロスペクトツールで保存されたビューに基づいて通知を受け取ることができます。プロスペクトツールでプロスペクト通知を有効にすることができます。そのビューについて受信する通知タイプの横にあるチェックボックスを選択することにより、通知の設定を管理できます。prospect-notifications-in-profile-and-preferences

Salesforceとの連携を使用せずにリード再訪問通知をセットアップする

HubSpotアカウントがSalesforceと連携している場合、リード再訪問アラートは、Salesforceアカウントのリードに割り当てられたセールス担当者に配信されます。Salesforceと連携していない場合は、既定のプロパティーである[コンタクト担当者]を使用して、ユーザーのリード再訪問通知を自動的にトリガーできます。このプロパティーは、アカウントのユーザーから担当者名とEメールアドレスを取得します。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • 未割り当てのコンタクトの名前をクリックします。
  • 左のパネルの[概要]セクションで、[すべてのプロパティーを表示]をクリックします。
  • 検索バーを使用して、コンタクト担当者プロパティーを見つけます。担当者のプロパティーの上にカーソルを置き、鉛筆アイコンeditをクリックし、ドロップダウンメニューから担当者を選択します。
  • [保存]をクリックします。choose-new-contact-owner-from-record

担当者を一度に複数のコンタクトに割り当てるには、ワークフローを使用するか、コンタクトダッシュボードからレコードを一括編集します。将来のコンタクトの担当者割り当てルールを設定するには、ワークフローを使用することもできます。

/jp/notifications/set-up-lead-revisit-notifications