お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CMS-Pages-Editor

リッチテキストモジュールでコンテンツを編集する

更新日時 4月 19, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic
HubSpot CMS

リッチテキストモジュールは、リンク、画像、コードスニペットなどをサポートするフレキシブルコンテンツエディターです。HubSpot ブログ記事マーケティング E メールはリッチテキストモジュールです。デザインマネージャーツールのランディングページまたはウェブサイトページのテンプレートにリッチテキストモジュールを 追加することができます。 

コンテンツエディターでリッチテキストモジュールをクリックすると、モジュールの一番上に4つのドロップダウンメニューオプションがあるツールバーが表示されます。リッチテキストツールバーの 2 行目のアイコンを使用して、これらのアクションの一部にすばやくアクセスすることもできます。

rich-text-toolbar
  1. 挿入 - コンテンツの追加または編集、リンク画像動画ドキュメントリンクCTAパーソナライズトークン。特殊文字、横線、アンカー、ハードスペースを追加することもできます。
  2. スタイル - すでにリッチテキストモジュールに追加しているテキストをフォーマットします。フォントの編集、インラインスタイルの追加、テキストサイズ、行の高さ、アラインメント (位置合わせ) の調整を行います。スタイルをクリアすることもできます。
  3. テーブル - テーブルを追加または編集して、列と行でコンテンツを整理します。
  4. ツール - ブロックの表示やモジュールのソースコードへのアクセスなどのその他のツールを使用します。リッチテキストエディターでは全ての HTML がサポートされていないため、 コードモジュール使用して複雑な HTML をページに追加します

注意: HubL 以外のコーディング言語を使用してリッチテキストエディターにコードスニペットを追加している場合、コードを正しく表示する方法を学習します。

エディターに入力すると、キーボードの入力 または 返信が段落を作成します。キーボードで [シフト+エンター] を入力すると、段落や間隔を壊すことなく、前の行の下に新しい行が返されます。エディターは、コピー (コントロール/コマンド + C)、貼り付け(コントロール/コマンド + V)、及びやり直し(コントロール/コマンド + Z)を含むシンプルなキーボードショートカットをサポートしています。

リッチテキストモジュールにコンテンツを追加した後、要素をクリックして追加のフォーマットオプションを表示します。 リッチテキストモジュールにシンプル画像エディターがあります。インラインの画像をすばやくサイズ変更するには、選択した画像の青い角をクリックしてドラッグします。エディターから要素をすばやく削除するには、ゴミ箱アイコン ゴミ箱をクリックします。

modify%20element%20in%20rte