お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CMS-Pages-Editor

リッチテキストモジュールでコンテンツを編集する

更新日時 2019年 8月 16日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic
HubSpot CMS

リッチテキストモジュールは、リンク、画像、コードスニペットなどをサポートするフレキシブルコンテンツエディターです。HubSpotブログ記事マーケティングEメールはリッチテキストモジュールです。デザインマネージャーツールのランディングページまたはウェブサイトページのテンプレートにリッチテキストモジュールを追加することができます。

リッチテキストモジュールをクリックすると、コンテンツエディターの一番上に全幅のツールバーが表示されます。 

activate%20rich%20text%20toolbar

ツールバーの左側のセクションのドロップダウンメニューとアイコンで、テキストのスタイル設定と書式設定のオプションを制御します。

  • テキストに適用されるスタイル、フォント、またはフォントサイズを調整するには、ツールバーの左上にあるドロップダウンメニューをクリックします。
  • フォントスタイルを適用したり、テキストの位置合わせを調整したり、箇条書きまたは番号付きリストを挿入したりするには、ツールバーの中央に表示されているアイコンをクリックします。
  • [その他] ドロップダウンメニューをクリックして、取り消し線、上付き文字、下付き文字など、フォントやコンテンツのその他の書式設定オプションにアクセスします。
rich-text-toolbar-style-formatting
ツールバーの右上にあるアイコンとドロップダウンメニューおよびアイコンにより、コンテンツに要素と構造が追加されます。
  • リンク画像、絵文字をコンテンツに挿入するには、右上のアイコンをクリックします。列と行でコンテンツを整理するには、[テーブル] アイコンtable emをクリックしてテーブルを追加します。
  • 動画CTAパーソナライズトークン、またはエンベッドコードを追加するには、右上の [挿入] メニューをクリックします。特殊文字、横線、アンカー、ハードスペースを追加することもできます。
  • モジュールのソースコードにアクセスするには、[詳細] ドロップダウンメニューをクリックして [ソースコード] を選択します。リッチテキストエディターではすべてのHTMLがサポートされているわけではないため、コードモジュールを使用して、複雑なHTMLをページに追加します

注:HubL以外のコーディング言語を使用してリッチテキストエディターにコードスニペットを追加している場合、コードを正しく表示する方法を確認してください。

rich-text-toolbar-more-options

エディターに入力するときに、キーボードのEnterまたはReturnを押すと段落が作成されます。キーボードで Shift + Enterを押すと、段落や間隔を壊すことなく、前の行の下に新しい行が返されます。エディターでは、コピーControl/Command + C、貼り付けControl/Command + V、およびやり直し(Control/Command + Z)などのシンプルなキーボードショートカットもサポートされます。

コンテンツを追加したら、要素をクリックして追加の書式設定オプションを表示します。 リッチテキストモジュールにはシンプルな画像エディターがあります。インラインの画像をサイズ変更するには、選択した画像の青い角をクリックしてドラッグします。エディターから画像をすばやく削除するには、画像をクリックして選択し、[削除] をクリックします。

modify%20element%20in%20rte