お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CMS-Pages-Editor

リッチテキストモジュールでコンテンツを編集する

更新日時 1月 24, 2019

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Basic
HubSpot CMS

ブログ記事、E メール、ページ用のコンテンツエディターにリッチテキストモジュールが表示され、コンテンツを追加できます。

コンテンツエディターでリッチテキストモジュールをクリックすると、モジュールの一番上にツールバーが表示されます。一番上のメニューに、次のオプションが表示されます。 

rich-text-toolbar
  1. 挿入 - コンテンツの追加または編集、リンク画像動画ドキュメントリンクCTAパーソナライズトークン。特殊文字、横線、アンカー、ハードスペースを追加することもできます。
  2. スタイル - すでにリッチテキストモジュールに追加しているテキストを書式設定します。フォントの編集、インラインスタイルの追加、テキストサイズ、行の高さ、アラインメント (位置合わせ) の調整を行います。スタイルをクリアすることもできます。
  3. テーブル - テーブルを追加または編集して、列と行でコンテンツを整理します。
  4. ツール - ブロックの表示やモジュールのソースコードへのアクセスなどのその他のツールを使用します。埋め込みアイコン埋め込み asdfg をクリックしてソースコードにアクセスすることもできます。

注: リッチテキストモジュールのソースコードですべての HTML がサポートされるわけではありません。複雑な HTML をページに追加する必要がある場合、代わりにカスタムコードモジュールを使用することをお勧めします。

リッチテキストツールバーの 2 行目のアイコンを使用して、これらのオプションの一部にすばやくアクセスすることもできます。

リッチテキストモジュールへのコンテンツの追加を開始したら、要素をクリックしてその他の編集オプションにアクセスします。アラインメント (位置合わせ) を調整したり、画像の周囲をテキストでラップしたり、画像サイズ、間隔、alt テキストを編集したりできます。ごみ箱アイコン削除をクリックして、画像をすばやく削除することもできます。

edit-image-rich-text