お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Reports

カスタムレポートを作成

更新日時 January 18, 2019

対象製品

レポート
レポート アドオン
Marketing Hub
marketing-pro-enterprise
Professional, Enterprise
Sales Hub
sales-pro-enterprise
Professional, Enterprise
Service Hub
service-pro-enterprise
Professional, Enterprise

HubSpotでカスタムレポートを作成.その他の機能としては、新しいレポートを保存したり、ダッシュボードに追加したり、コピーをEメールアドレスにエクスポートしたりすることが含まれます。

注意:ダッシュボードに保存したり追加したりできるカスタムレポートの数は、製品サブスクリプションに応じて異なります。

  • 単一データセット:コンタクト、企業、取引、チケット、アクティビティ、製品など、1つのデータセットについてレポートします。
  • データセット全体:2つの異なるデータセットを通じてレポートします。
  • ファネルまたはパイプライン:コンタクト、取引、およびイベントに関連する進捗を示すレポートを設定します。
  • 属性:訪問者がウェブサイトをどのように移動しているかを分析するためのイベントのファネルを作成します。

単一データセット

カスタムレポートを使用することにより、自分が作成した特定のソース、レコード、所有者、または特定のカスタムプロパティーからのレコードを分析できます。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • [カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • [単一データセット]を選択します。
  • レポートするデータを選択し、[次へ]をクリックします。
  • 鉛筆アイコン編集をクリックして、レポートに名前を付けます。
  • 左側のパネルの[プロパティ]タブで[Add [Record type] property([レコードタイプ]のプロパティーを追加)]をクリックし<レポートするプロパティを選択します。< li>
  • 左側のパネルの[フィルター]タブで[フィルターを追加]をクリックし、レポート内のデータをセグメント化します。レポートのフィルタリングのために使用するプロパティを参照または検索して、フィルターの条件を設定します。
  • [視覚化]タブをクリックして、レポートのチャートをカスタマイズします:
    • チャートタイプを選択:このオプションには、棒、縦棒、折れ線、面、ドーナツ、円、サマリー、テーブルが含まれます。利用可能なスタイルは、レポート対象のデータのタイプによって異なります。
    • チャートを構成:視覚化チャートに表示するプロパティを選択します。プロパティをドラッグ&ドロップして、リアルタイムでチャートにプロットされた内容を変更できます。データをプロットするには、日付プロパティ、または特定のカウント情報を提供するプロパティを選択する必要があります。
  • 引き続き、レポートビルダーで、フィルターや視覚化を調整できます。
    • 上部にある[データ]タブをクリックして、レポート内のプロパティまたはフィルターを調整します。
    • レポートに新しいプロパティを追加するには、[データ]タブの左側のパネルで[プロパティ]タブをクリックします。プロパティを削除するには、[X]をクリックします。
    • レポートフィルターを追加または削除するには、[データ]タブの左側のパネルで[フィルター]タブをクリックします。値を編集するには、既存のフィルターを直接クリックします。
  • レポートが完了したら、[保存]をクリックして、それを保存レポートのリストに追加します。

データセット全体

データセットは、HubSpotのコンタクト、会社、取引、チケット、または製品レコードのいずれかです。2つのデータセットのプロパティー間の関係を示すクロスオブジェクトレポートを作成できます.レポートビルダーで作成できるさまざまなレポートタイプの詳細について確認してください

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • [カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • [データセット全体]を選択します。
  • レポート対象のデータセットのチェックボックスをオンにし、[次へ]をクリックします。
  • 鉛筆アイコン編集をクリックしてレポートに名前を付けます。
  • 左側のパネルの[プロパティ]タブで[Add [Record type] property([レコードタイプ]のプロパティーを追加)]をクリックし<レポートするプロパティを選択します。< li>
  • 左側のパネルの[フィルター]タブで[フィルターを追加]をクリックし、レポート内のデータをセグメント化します。レポートのフィルタリングのために使用するプロパティを参照または検索して、フィルターの条件を設定します。

注意:レポートを実行するには、少なくとも1つのフィルターをレポートに追加する必要があります。

  • プロパティとフィルターを設定したら、[Get data(データを取得)]をクリックしてレポートを実行します。

クロスオブジェクト%20レポート

  • [視覚化]タブをクリックして、レポートのチャートをカスタマイズします。
    • チャートタイプを選択:このオプションには、棒、縦棒、折れ線、面、ドーナツ、円、サマリー、テーブルが含まれます。利用可能なスタイルは、レポート対象のデータのタイプによって異なります。
    • チャートを構成:視覚化チャートに表示するプロパティを選択します。リアルタイムでチャートにプロットされた内容を変更するには、プロパティをドラッグ&ドロップします。データをプロットするには、日付プロパティ、または特定のカウント情報を提供するプロパティを選択する必要があります。

クロスオブジェクト%20視覚化

  • 引き続き、レポートビルダーで、フィルターや視覚化を調整できます。
    • 上部にある[データ]タブをクリックして、レポート内のプロパティまたはフィルターを調整します。
    • レポートに新しいプロパティを追加するには、[データ]タブの左側のパネルで[プロパティ]タブをクリックします。プロパティを削除するには、[X]をクリックします。
    • レポートフィルターを追加または削除するには、[データ]タブの左側のパネルで[フィルター]タブをクリックします。値を編集するには、既存のフィルターを直接クリックします。
    • 変更を加えたら、[Get data(データを取得)]をクリックしてレポートを更新します。

change-properties-or-filters

  • レポートが完了したら、[保存]をクリックして、それを保存レポートのリストに追加します。

ファネルまたはパイプライン

コンタクト、取引、またはイベントのファネルレポートを作成します。

コンタクトまたは取引のファネルレポートでは、コンタクトまたは取引が特定のライフサイクルまたは取引ステージを時間の経過につれてどう移動していくかを確認できます。レポートを設定することにより、自分が定義したライフサイクルステージまたは取引ステージすべてまたはいずれかに移動したコンタクトや取引を確認できます。

イベントファネルレポートでは、HubSpotで作成したイベントにどのコンタクトがエンゲージしているかを確認できます。イベントパイプラインの定義には、最大5件のイベントを使用します。レポートは、訪問者がウェブサイト上のタッチポイントを時間と共にどう移動しているかを追跡します1つのイベントタグまたはパイプライン中のすべてのイベントタグについてレポートを実行できます。

注意:イベントファネルレポートは、Enterprise版ユーザーのみ利用できます。これらのレポートをダッシュボードに追加することはできません.

コンタクトまたは取引ファネルレポートを作成するには

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • [カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • ファネルまたはパイプラインを選択します。
  • [コンタクト]または[取引]を選択し、[次へ]をクリックします。
  • 鉛筆アイコン編集をクリックして、レポートに名前を付けます。
  • [データ]タブで[フィルターを追加]をクリックして、レコード全体で比較するプロパティを選択します。
  • [ビジュアライゼーション]タブで、データ視覚化に使用するチャートをクリックします。使用可能なチャートタイプは、レポート用に選択したコンタクトまたは取引のプロパティに応じて異なります。
    • パイプラインからさらにステージを選択してレポートに含めるには、[ステージを追加]ドロップダウンメニューを使用します。ステージを削除するには、[x]をクリックします。
    • [すべて]ドロップダウンメニューを使用して、パイプラインステージをレコードがどう移動したかを指定します。
      • 選択したすべてのパイプラインステージを通じて移動したすべてのレコードについてレポートするには、[すべて]を選択します。すべてのステージを通じてのレポートには、各ステージのコンバージョン率が含まれています。
      • 選択したパイプラインステージのいずれかにあったことのあるすべてのレコードについてレポートするには、[いずれか]を選択します。

deal-pipeline-visualization-1

  • 選択が完了したら、[レポートを実行]をクリックします。引き続き、レポートビルダーで、フィルターや視覚化を調整できます。[データ]タブをクリックして、レポート内の選択したプロパティまたはフィルターを調整します。
  • レポートが完了したら、[保存]をクリックして、それを保存レポートのリストに追加します。

イベントファネルレポートを作成するには:

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • [カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • ファネルまたはパイプラインを選択します。
  • [イベント]を選択し、[次へ] をクリックします。
  • 鉛筆アイコン編集をクリックして、レポートに名前を付けます。
  • [データ]タブで、レポートのフィルターを設定します。
    • 特定のイベントタグまたはすべてのイベントタグについてレポートするには、[タグ]ドロップダウンメニューを使用します。
    • [完了日付範囲]ドロップダウンメニューを使用して、レポートの期間を選択します。

      event-funnel-filters
  • [視覚化] タブをクリックして、イベントパイプラインおよびチャートをカスタマイズします:
    • [すべて]ドロップダウンメニューを使用して、イベントファネルをレコードがどう移動したかを指定します。
      • 選択したすべてのイベントを通じて移動したコンタクトについてレポートするには、[すべて]を選択します。すべてのステージを通じてのレポートには、各ステージのコンバージョン率が含まれています。
      • 選択したパイプラインステージのいずれかにあったことのあるコンタクトについてレポートするには、[いずれか]を選択します。
    • [イベントを追加]をクリックして、レポートに含める最大5件のイベントを追加します。
      • パイプラインの中のイベントを並べ替えるには、イベントをクリックして、該当する場所までそれをドラッグします。
      • 選択したイベントの1つを削除するには、[X]をクリックします。

        event-visualization
  • 選択が完了したら、[レポートを実行]をクリックします。引き続き、レポートビルダーで、フィルターや視覚化を調整できます。[データ]タブをクリックして、レポートのタグと期間を調整します。
  • 選択が完了したら、[保存]をクリックして、それを保存レポートのリストに追加します。

 属性

属性レポートは、ウェブサイトで特定のコンバージョンにつながったやり取りを分析します属性レポートの作成方法について確認してください。