メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

HubSpotのプロパティーフィールドのタイプ

更新日時 2024年 2月 28日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotでカスタムプロパティーを作成する際、プロパティーに収集・保存させたい情報のタイプによって選択するフィールドタイプが決まります。フィールドタイプによっては、プロパティーを作成した後に、プロパティーのタイプやオプションを編集することもできます。

テキスト入力

  • 単行テキスト:単語、句、文など、任意の英数字からなる1つの文字列を格納します。CRMを通じて値が追加される場合の文字数制限は65,536文字です。フォームを通じて値が送信される場合、文字数制限はありません。
  • 複数行テキスト:段落や項目のリストなど、英数字からなる複数の文字列を格納します。CRMを通じて値が追加される場合の文字数制限は65,536文字です。フォームを通じて値が送信される場合、文字数制限はありません。
  • 電話番号:電話番号を格納します。これには、既定の[電話番号]、[携帯電話番号]、[ファックス]のプロパティーが含まれますが、カスタムの電話番号プロパティーを作成することもできます。国コードに基づいて、標準的な書式設定と検証が自動的に電話番号に適用されます。

選択オプション

  • 1つのチェックボックス:オンとオフの2つのオプションのみを格納します。値が真または偽のプロパティーが必要な場合は、このフィールドタイプを使用できます。フォームでは、1つのチェックボックスとして表示されます。
  • 複数のチェックボックス:複数のオプションを持つチェックボックスを格納します。オプションの上限数は5,000です。ラベル、値、説明を含め、各オプションには最大3,000文字を使用できます。これは列挙プロパティーです。
  • ドロップダウン選択:最大5,000個のオプションを格納しますが、値として選択できるのは1つのオプションのみです。ラベル、値、説明を含め、各オプションには最大3,000文字を使用できます。フォームでの動作は、フィールドを選択するという点でラジオボタンと似ていますが、表示は異なります。これは列挙プロパティーです。
  • ラジオボタン:最大5,000個のオプションを格納しますが、値として選択できるのは1つのオプションのみです。ラベル、値、説明を含め、各オプションには最大3,000文字を使用できます。ータ、ータ、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 、ータ 。フォームでの動作は、フィールドを選択するという点でドロップダウンと似ていますが、表示は異なります。これは列挙プロパティーです。

dropdown-vs-radio-select-form

  • 日付入力:日付値を格納します。フォームでは、訪問者が特定の日付を一貫した形式で入力できるようにするために使用されます。

注:設定で手動で作成できるのは、日、月、年を含む日付プロパティーのみです。日付と時刻の両方を持つ「日時」プロパティーは、APIを使用してのみ作成できます。詳しくは、開発者ドキュメントをご覧ください。 


注:リストやワークフローの登録は整数値でしか設定できませんが、値に小数点が含まれるレコードでも条件を満たす場合は、リストやワークフローの登録対象となります。例えば、数値プロパティーの値が「-2.5」のコンタクトは、「数値プロパティーが-2未満」という登録トリガーが設定されたワークフローに登録されます。

  • 計算:関連付けされたレコードのプロパティーに基づいて、またはカスタムプロパティー内のプロパティーに基づいて、式を保存します。計算プロパティーをフォームで使用することはできません。計算プロパティーは、ProfessionalおよびEnterpriseアカウントでのみ使用できます。作成後のプロパティーに表示されるフィールドタイプは、選択した計算プロパティーのタイプに応じて、[数式]または[ロールアップ]になります。カスタム式を作成する場合、計算プロパティーの作成方法に応じて、以下の出力タイプが利用可能です:
  • スコア :は、コンタクト、会社および取引でのみ利用可能な、カスタムスコア属性に基づく数値をストアします。作成できる[スコア]プロパティーの数は、HubSpotのサブスクリプションによって異なります。

その他

  • ファイル:レコードに関連付けられているファイルを格納します。フォームでは、送信時に訪問者は任意の種類のファイルをアップロードできますが、ファイルフィールドでアップロードするファイルサイズには(複数のファイルフィールドを使用する場合は合計で)100MBの制限があります。アップロードされたファイルのリンクが、個々のコンタクトレコードから利用できるようになります。フォームを使用してファイルがアップロードされていない場合、このプロパティーはレコード上で1行のテキストプロパティーになります。HubSpotでサポートされているファイルの種類をご確認ください。
  • HubSpotユーザー:HubSpotアカウント内のユーザーのリストを格納します。1人のHubSpotユーザーのみを値として選択できます。既定の[[オブジェクト]所有者]プロパティーとは別に、このフィールドタイプを使用してカスタム所有者プロパティーを作成することができます。このプロパティーを選択したユーザーはレコードのオーナーとして扱われ、オーナーと同じレコードの編集権限を持つことになります。例えば、 "Point of contact"または "Collaborator" プロパティを作成して、レコードに関連する追加ユーザーの役割を指定することができます。最大50個のカスタムHubSpotユーザープロパティーを作成できます。レコードの所有権の割り当て先およびレコードのユーザー権限についてはこちらをご覧ください。
  • リッチテキスト:スタイルが設定されたテキストや画像を格納します。書式オプションには、太字、斜体、下線、文字色、フォントの種類とサイズ、番号付きリストと箇条書きリスト、段落のインデント、ハイパーリンク、画像などがあります。デフォルトでは、リッチテキストデータは段落としてレンダリングされるため、リッチテキストプロパティーの値は、インラインテキストとしてではなく、コンテンツ内の独立した段落として使用するのが最適です。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。