お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

従来のEメールエディターでマーケティングEメールを作成して送信する

更新日時 2020年 7月 28日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

HubSpotのマーケティングEメールツールにより、アクティブな購読者とのエンゲージメントを維持できます。このツールを使用して、購読者が興味を持ちそうなニュース、プロモーション、オファーを購読者に通知することができます。その後、Eメールのキャンペーン結果を分析して、読者が共感するコンテンツについて、さらに詳しく調べることができます。

注:無料のCRMアカウントまたはMarketing Hub Starterアカウントをお持ちの場合、ドラッグ&ドロップエディターでマーケティングEメールを作成して送信する方法を確認してください。

新規Eメールを作成します

HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット
  • Eメールの名前を入力し、[Eメールを作成]をクリックします。 
  • [詳細を編集]をクリックして、Eメールの件名と送信者情報を更新します。プレビューテキストを除くすべての詳細は必須です。
    • [送信者名][送信者アドレス]のドロップダウンメニューをクリックし、アカウントのユーザーを送信者として選択します。パーソナライズ機能を使用して、コンタクトの所有者からEメールを送信することもできます。
      • 送信元アドレスにEメール返信が送られるようにするには、[これを返信用アドレスとして使用]チェックボックスを選択してオンにしておきます。
      • 別のアドレスにEメール返信が送られるようにするには、[これを返信用アドレスとして使用]チェックボックスの選択を解除してオフにし、[返信先アドレス]フィールドに別のEメールを入力します。
    • 電子メールの件名を入力します。絵文字スマートコンテンツをここに追加することができます。
    • テキスト受信者が受信トレイプレビューに表示されるようにプレビューテキストを追加します。プレビューテキストを追加しない場合、既定のEメールの最初の行が表示されます。

edit-details-email

  • モジュールの上にカーソルを置き、鉛筆アイコンeditをクリックして、コンテンツを変更します。メインのEメール 本文のコンテンツを編集する方法についてもっと詳しく説明します。Eメールテンプレートのリッチテキストモジュールパーソナライズを追加することができます。
  • 左のサイドバーでモジュールアイコン integrationsをクリックして、モジュールの完全なリストを開きます。ここではE メールテンプレート内のロゴモジュールまたは他のモジュールを編集できます。

注:プレーンテキストEメールはすべてのマーケティングEメールに対して自動的に作成されます。このバージョンは、Eメールクライアントでリッチ テキスト バージョンがサポートされていない場合のみ受信者に送信されます。コンテンツエディターの [プレーンテキスト]タブでEメールのプレーンテキストバージョンをカスタマイズすることができます。


設定

[設定]タブで、内部Eメール名を変更できます。この名前はウェブサイト訪問者には表示されません。サブスクリプションタイプを選択し、Eメールをキャンペーンに割り当てます。

email-settings
 
 

詳細設定フッター

[詳細設定]をクリックして、メール設定の追加オプションを展開します。

  • Eメールのウェブバージョンを有効にするには、[ウェブバージョンのコンテンツを編集]をオンに切り替えます。ページタイトルを入力し、このウェブページのURLをカスタマイズするように指示されます。 
  • Eメールテンプレートを編集するには、テンプレート名をクリックしてデザインマネージャーで編集します。このEメールの別のテンプレートを選択するには、[別のテンプレートを選択]をクリックして既存のテンプレートを選択します。
  • このEメールのEメールフッター情報をカスタマイズするには、[Eメールフッターコンテンツの編集]をクリックします。または[管理]をクリックすると、設定で直接すべてのEメールのEメールフッター情報を編集できます。 

advanced-settings

 

受信者

[受信者]タブでE メールを受信するコンタクトを選択します。除外するコンタクトやリストを選択することもできます。選択した受信者は、右側の[送信対象]の下に表示されます。
  • [受信者]タブをクリックするか、[次へ]をクリックします。
  • ワークフローでこのEメールを使用している場合は、[自動化用に保存]を選択します。
  • 今すぐEメールを送信するには、[受信者を追加]を選択します。
  • [リスト]タブで、送信するリストの上にカーソルを置き、[含める]をクリックします。Eメールを受信するコンタクトのリストを除外するには、[除外]をクリックします。
  • [個別のコンタクト]タブをクリックして、特定のコンタクトを受信者として追加します。Eメールを受信する個別のコンタクトを除外するには、[除外]をクリックします。
  • [エンゲージメントしていないコンタクトに送信しない]のチェックボックスをオンにして、エンゲージメントが低いコンタクトを除外します。この機能は、すでにHubSpot からいくつかの Eメールキャンペーンを送信し、エンゲージメントしていないコンタクトを識別するデータを集めた後で使用することが最適です。
  • 何人のコンタクトがEメールを受信するかは、[受信者合計]の横で確認できます。これは、選択したリストおよび個々のコンタクトに基づきます。含めるリストを選択した場合、[受信者合計]の数値として、マーケティングEメールをサブスクライブ解除したコンタクトや一度もサブスクライブしたことのないコンタクトはカウントされません

select-recipients
 

レビュー

[レビュー]タブをクリックするか、[次へ]をクリックして、欠落している項目または推奨項目を確認します。必須項目は赤でフラグが付けられますが、追加項目は確認のため、[提案]の下に表示されます。 

  • [解決]をクリックして、更新する必要があるEメールエディターのセクションに移動します。

    review%20before%20sending

Eメールツールの機能

コンテンツエディターの左側で、サブスクライバーに送信する前にEメールをテスト、プレビュー、最適化するためのツールがあります。 

プレビュー

  • 目アイコンviewをクリックして、さまざまなデバイスでEメールが表示される方法をプレビューします。
  • スマートルールまたはパーソナライゼーションをテストするには、[特定のコンタクトとしてプレビュー]ドロップダウンメニューをクリックし、データベース内のコンタクトを選択します。
HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット  

テストEメールを送信

  • Eメールアイコンemailをクリックして、自分自身またはチームのメンバーにテストEメールを送信します。
  • スマートルールまたはパーソナライゼーションをテストするには、[特定のコンタクトとしてプレビュー]ドロップダウンメニューをクリックし、データベース内のコンタクトを選択します。
HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット
「プレビュー」の語が、テストEメールの件名の最初に追加されます。これは、コンタクトの最終送信には含まれません


Eメールクライアントでのテスト

Eメールクライアント、ウェブブラウザー、デバイスタイプでEメールが表示される方法をテストします。以前にHubSpotで送信したEメールのEメールクライアントによるエンゲージメントの内訳を確認できます。

:サブスクリプションレベルに基づいて、毎月実行できるEメール クライアント テストの数に制限があります。

  • Legacy Marketing Hub Basic - 30日ごとに500件のテスト
  • Marketing Hub Professional -30日ごとに500件のテスト
  • Marketing Hub Enterprise - 30日ごとに1,500件のテスト
  • さまざまなクライアントでEメールをテストするには、チェックマークアイコンsuccessをクリックします。
  • 左側のスライドインパネルで、[Eメールをテスト]をクリックします。
  • [異なるEメールクライアントのテスト]ウィンドウで、テストするEメールクライアント、ブラウザー、デバイスのチェックボックスを選択します。最も一般的なクライアントとデバイスタイプは既定で選択されます。 
  • [今すぐEメールをテスト]をクリックしてテストを実行します。 
  • [結果を表示]タブで、プレビューをクリックして受信者に表示される方法を確認します。[次へ]をクリックして各プレビューをスクロールします。
  • 受信者のクライアントで画像がどのように表示されるかを確認するには、画像ブロックスイッチをオンに切り替えます。

test-email-clients


最適化

[最適化]パネルで、Eメールのコンテンツ、配信可能性、送信時間を改善するための推奨事項のチェックリストが表示されます。

注:Eメール最適化は、コード化されたHTMLテンプレートで作成されたEメールの提案を提供しません。

  • 棒グラフアイコンをクリックして、[最適化]パネルを展開します。推奨されるTo-do項目のリストが表示され、すでに完了している項目のリストが表示されます。 

email-optimize

  • 情報アイコンinfoの上にカーソルを置き、各推奨の詳細についての詳細を確認します。以下の詳細が表示されます。
    • Eメール送信ドメインの接続やSPFレコードのカスタマイズなどの配信可能性ベストプラクティス。
    • 以前に送信されたEメールのデータに基づいてEメールを送信する日時。アカウントに理想的な送信時間を計算するための十分なEメールデータがない場合、すべてのHubSpotお客様からのEメールデータに基づいて一般的な推奨事項を提供します。
    • パーソナライゼーションCTA画像リンクなどのEメールに含めるコンテンツ。 


モジュールを編集

  • モジュールアイコンintegrations をクリックして、[モジュールを編集]ペインを開きます。ここには、Eメールに含まれるすべてのモジュールのリストが表示されます。
  • リスト内のモジュールをクリックするとコンテンツを編集できます。
HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット


A/Bテスト

A/Bテストを使用して、Eメールコピーまたはデザインのエンゲージメントを変更する方法を確認します。A/Bテスト内の要素のみを変更することをお勧めします。

注:この機能はMarketing Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみで利用可能です。

  • バリエーションAのEメールコンテンツを作成したら、A/Bアイコンをクリックします
  • [A/Bテストを作成]をクリックして、既存のEメールの複製であるバリエーションBを作成します。A/B テストをセットアップし、設定を構成して結果を分析する方法についての詳細を説明します。

HubSpotのヘルプ記事のスクリーンショット


送信またはスケジュール

受信者の準備ができたら、[送信またはスケジュール]タブをクリックします。[受信者]タブ[自動化用に保存]を選択した場合、[自動化用に保存]をクリックしてこのEメールを公開し、ワークフローで使用できるようにします。

  • 次のいずれかのオーディエンスを選択します。
    • 今すぐ送信:Eメールが選択された受信者に今すぐ送信されます。
    • 後の予定としてスケジュール:Eメールを送信する未来の日時を設定します。表示されるボックスから日付と時間を選択します。
    • タイムゾーンに基づいて送信:受信者のローカルタイムゾーンで送信するEメールをスケジュールします。この機能は、Marketing Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみで利用可能です。

  • 右上の[送信]または[スケジュール]をクリックします。 

Eメールは、Eメールキューのポジション、時間、曜日、受信者リストのサイズに応じてに数分から1時間かかる場合があります。Eメールダッシュボード([コンテンツ]>[Eメール])は自動的に更新されず、更新されたステータスを確認するためにブラウザーを更新する必要がある点にご注意ください。

/jp/email/create-and-send-marketing-emails