お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

更新後のクラシックエディター(ベータ版)でマーケティングEメールを作成して送信する

更新日時 2021年 1月 11日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

クラシックEメールエディターの更新バージョンでは、より簡単にマーケティングEメールを編集、確認、公開できるようになっています。

また、更新後のエディターを使って作成したEメールをドラッグ&ドロップEメールテンプレートに変換することもできます。

注:2021年1月11日に、HubSpotは更新後のクラシックエディターを使用するようにすべてのアカウントを移行しますが、既存のテンプレートは更新後のエディターでも引き続き機能します。この変更によって、ドラッグ&ドロップEメールエディターを使用して作成されたEメールに影響が及ぶことはありません

更新前のクラシックエディターで使用されていたEメールテンプレートの使用

更新後のクラシックエディターでは、更新前のクラシックエディターの機能のすべてを引き続きサポートします。これには、カスタムEメールテンプレートのサポートも含まれます。 

  • 作成した既存のEメールテンプレートは更新後のエディターでも引き続き使用可能であり、いつでもデザインマネージャーで編集できます。
  • カスタムテンプレートを使用していた既存のEメールを複製する場合、更新後のクラシックエディターまたはドラッグ&ドロップEメールエディターのどちらを使用して複製するかを選択できます。

新規Eメールを作成する

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 右上にある[Eメールを作成]をクリックします。
  • 表示されるダイアログボックスで、Eメールのタイプを選択します。
    • 通常送信:コンタクトのセグメントに送信できる、パーソナライズされたEメール。
    • 自動送信:特定のコンタクトがワークフローをトリガーした時点でそれらのコンタクトに送信されるように構成できる、パーソナライズされたEメール。
    • ブログ/RSS:新しいコンテンツをブログまたはRSSフィードに公開すると、サブスクライバーに自動的に送信されるEメール。
  • [カスタム]タブで、Eメールテンプレートを選択します。

レイアウトとコンテンツを編集する

  • コンテンツをカスタマイズする要素をクリックします。
  • テキスト要素はインラインで編集して、リッチ テキスト ツールバーでスタイルを設定できます。テキストフィールドに絵文字を挿入するには、絵文字アイコンemojiをクリックします。

updated-classic-editor-edit-content

EメールのA/Bテストを行う

  • [設定]タブで、[A/Bテスト]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • ダイアログボックスで、バリエーションB Eメールの名前を入力し、[OK]をクリックします。
  • A/BテストEメールの両方のバージョンを作成した後は、いつでも2つのバージョンを切り替えることができます。コンテンツエディターの左上にある[バリエーションA]または[バリエーションB]タブをクリックします。
  • EメールのバリエーションAとバリエーションBを編集したら、[設定]タブをクリックします。[A/Bテスト] セクションで、テストオプションを設定できます。
    • A/B分布:スライダーを使用して、バリエーションAとバリエーションBを受信するコンタクトの割合を決定します。バリエーションAをコンタクトの50%に送信し、バリエーションBを残りの50%に送信するように、スライダーを設定することもできます。このように設定すると、Eメールの一方のバリエーションがコンタクトの半数に、もう一方のバリエーションが残り半分のコンタクトに送信されます。これにより、送信後の2つのEメールバージョンの統計情報を分析して、どちらのバージョンが効果的であるかを確認できます。
    • 勝利指標:バリエーションAとBを小さなグループに送信し、効果的だったほうのバージョンを残りの受信者に送信する場合は、 [勝利指標]ドロップダウンメニューをクリックし、勝者のバリエーションを決定する指標を選択します。開封率クリック率、またはクリックスルー率を選択できます。
    • テスト期間:スライダーを使用して、勝者のバリエーションを選択して送信する前にデータを収集する期間を設定します。A/Bテストは最大100時間まで実行できます。テスト期間が経過してもテスト結果が確定されない場合、バリエーションAが残りの受信者に送信されます。

注:サンプルサイズを使用して、フルスプリット(50/50)A/Bテストを実行できます。その他すべてのサンプル分割には、以前にハードバウンスまたはサブスクライブ解除したコンタクト を除く、少なくとも1,000人の受信者が含まれるリストが必要です

Eメールをプレビューまたはテストする

Eメールを送信またはスケジュールする前に、さまざまなデバイスタイプで受信者に対してEメールがどのように表示されるかをプレビューできます。アカウントで自分自身または別のユーザーにテストEメールを送信することもできます。

  • 右上の[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[プレビュー]を選択して、受信者のさまざまなデバイスタイプにおいて自分のEメールがどのように表示されるかを確認します。
    • [デバイス]タブには、デスクトップまたはモバイルデバイスでEメールがどのように表示されるかが示されます。既定では、Eメールはパーソナライゼーションのデフォルト値を使用してレンダリングされます。特定のコンタクトとしてEメールをプレビューするには、[特定のコンタクトとしてプレビュー]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • [クライアント]タブをクリックし、テストするEメールクライアントのチェックボックスをオンにしてから、[今すぐEメールをテスト]をクリックします。クライアントリストの下部には、このEメールの以前のクライアントテストの結果が表示されます。

preview-email-gif-1


  • アカウントで自分自身または別のユーザーにテストEメールを送信することもできます。
    • 右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[テストEメールを送信]を選択します。
    • 右側のペインで、[1人以上の受信者を選択]ドロップダウンメニューをクリックし、テストEメールの受信者を選択します。
    • (任意)[特定のコンタクトとしてEメールを受信する]ドロップダウンメニューをクリックし、Eメールを特定のコンタクトに表示される形式でプレビューします。これは、パーソナライズのテストに役立ちます。
    • [テストEメールを送信]をクリックします。

  • Eメールを自動送信Eメールに変換してワークフローで使用するには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[自動送信Eメールに変換]を選択します。

 

Eメールを送信する、または送信スケジュールを設定する

  • 右上にある[次へ]をクリックします。
  • [送信先]ドロップダウンメニューをクリックし、受信者リストに追加するリスト個別コンタクトを選択します。
  • [送信しない]ドロップダウンメニューをクリックし、受信者リストから除外するリスト個別コンタクトを選択します。
  • [エンゲージメントしていないコンタクトに送信しない]チェックボックスをオンにして、エンゲージメントが低いコンタクトを除外します。この機能は、すでにHubSpotからいくつかのEメールキャンペーンを送信し、エンゲージメントしていないコンタクトの識別に必要なデータを集めた後で使用することをお勧めします。
  • 右のサイドバーで送信オプションを選択し、Eメールを受信するコンタクトの数を確認します。
    • [今すぐ送信]を選択して、Eメールをすぐに送信するか、[後で特定の日時に送信する]を選択して、将来の特定の日時に送信されるように設定します。
    • [受信者合計]で、そのEメールを受信するコンタクトの数を確認できます。これは、選択したリストおよび個別のコンタクトに基づきます。リストを選択して含めた場合、[合計受信者数]の数値には、マーケティングEメールをサブスクライブ解除したコンタクトや一度もサブスクライブしたことのないコンタクトはカウントされません

merged-classic-editor-send-or-schedule

  • ワークフローでEメールを使用するには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[自動配信Eメールに変換する]を選択します。
  • 右上の[レビューおよび送信]をクリックしてEメールの警告を確認します。Eメールが102KBより大きい場合は、Gmailによって受信者のEメールコンテンツの一部が省略されるというアラートが表示されます。
  • Eメールを送信した後、または送信スケジュールを設定した後に、Eメールを最初に作成した時点で含めるのを忘れた受信者に対して、Eメールを送信することができます。
    • HubSpotのアカウントで、[マーケティング]>[Eメール]に移動します。
    • 送信またはスケジュールされたEメールを追加の受信者に送信する場合、そのEメールの名前をクリックします。
    • 右上の[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[さらに送信]を選択します。
    • [送信先]ドロップダウンメニューをクリックし、受信者リストに追加するリスト個別コンタクトを選択します。
    • [送信しない]ドロップダウンメニューをクリックし、受信者リストから除外するリスト個別コンタクトを選択します。
    • [エンゲージメントしていないコンタクトに送信しない]チェックボックスをオンにして、エンゲージメントが低いコンタクトを除外します
    • [送信]をクリックします。

クラシックEメールをドラッグ&ドロップEメールテンプレートに変換する

クラシックEメールエディターを使用してマーケティングEメールまたはマーケティングEメールの下書きを作成した場合、そのEメールをドラッグ&ドロップEメールテンプレートに変換できます。変換後のテンプレートは、更新後のドラッグ&ドロップEメールエディターを使用して操作できます。

クラシックEメールをドラッグ&ドロップEメールテンプレートに変換するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • ドラッグ&ドロップテンプレートに変換するEメールの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。
  • 左のサイドバーで[デザイン]タブをクリックします。
  • [アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[ドラッグ&ドロップに変換]を選択します。
  • 表示されるダイアログボックスで、[ドラッグ&ドロップに変換]をクリックします。

convert-classic-email-to-dnd-template

注:

  • 変換するクラシックEメールがカスタムモジュールに大きく依存している場合、変換後のドラッグ&ドロップテンプレートにいくつかの違いが見られる可能性があります。たとえば、クラシックEメール内のロゴモジュールは画像モジュールで置き換えられ、メインのEメール本文モジュールはリッチ テキスト モジュールで置き換えられます。
  • デザインマネージャーで、変換後のEメール内のロックされたモジュールまたはグローバルグループをテンプレートレベルで編集する必要があります。

クラシックEメールエディターを使用するように復元する

Eメールをドラッグ&ドロップEメールテンプレートに変換した後、クラシックエディターを使用するように復元する、次の手順に従います。

  • ドラッグ&ドロップEメールエディターで、左上の[終了]ボタンの横に示されている[未保存の変更はありません]または[Last Saved(最後の保存内容)]をクリックします。ツールチップで[バージョン履歴]をクリックします。
  • 左のサイドバーで、[このバージョンではカスタムテンプレートを使用しています]というラベルが付いた最新のバージョンをクリックします。
  • 左上にある[このバージョンを復元して公開]をクリックします。

revert-converted-dnd-email-back-to-classic