メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

リードの設定

更新日時 2024年 7月 12日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Sales Hub   Professional , Enterprise

営業活動管理ワークスペースでリードの管理を始める前に割り当てられたSales Hub シートプロパティー設定を編集の権限を持つユーザーを使って、アカウントのリード設定を構成することができます。

リード設定に移動するには、次の手順を実行します。 

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーメニューで、[オブジェクト][リード]に移動します。

リードプロパティーを管理する

リードプロパティーを管理するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーメニューで、[オブジェクト][リード]に移動します。
  • [リードプロパティーを管理]をクリックして、リードプロパティーを追加し、編集します。リードプロパティーの作成と編集の方法について詳細をご確認ください。

Manage-lead-properties

リード担当者の設定

リードの担当者を設定するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーメニューで、[オブジェクト][リード]に移動します。
  • スーパー管理者の権限を持つユーザーは、自動的にリード担当者をコンタクトまたは会社と同じ所有者に設定することができます。これを行うには、[リード担当者をコンタクト担当者または会社担当者と同期]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。

sync-lead-owner-toggle

注:リードがClosedに設定された後、リード担当者が変更された場合、自動的に更新されません。

[リードを作成]フォームのカスタマイズ

アカウント権限を持つユーザー リード作成フォームをカスタマイズする場合:
  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーメニューで、[オブジェクト][リード]に移動します。
  • [[リードを作成]フォームをカスタマイズ]をクリックし、レコード作成をカスタマイズする手順に従ってください。

customize-form

リードステージの設定

リードのステージを設定するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーメニューで、[オブジェクト][リード]に移動します。
  • [パイプライン]タブをクリックします。
  • リードステージ名を変更するには、名前をクリックします。
  • リードステージを追加するには、[+ステージを追加]をクリックします。
  • リードステージを削除するには、リードステージにカーソルを合わせてクリックし、名前の横にある[削除]をクリックします。

コンフィグリードステージ-1

  • [保存]をクリックします。

見込みあり設定の構成

ユーザーがリードを見込みありに認定したときに、取引が自動的に作成されるように設定できます。

  • リードが見込みありに認定されたときに取引を作成するよう要求するには、[取引の作成が必要]スイッチをクリックして切り替えます。

qualified-leads

  • リードを見込みありに移行する際に必要なプロパティーを編集するには、ステージにカーソルを合わせ、[プロパティーを編集]をクリックします。
  • ポップアップボックスの[リード情報]セクションで、リードが見込みなしになった場合に表示したいプロパティーの横にあるチェックボックスをオンにします。[選択したプロパティー]セクションで、必要なプロパティーの横にあるチェックボックスをオンにします。
  • リードステージ名を変更するには、名前をクリックします。
  • リードステージを追加するには、[+ステージを追加]をクリックします。
  • リードステージを削除するには、リードステージにカーソルを合わせてクリックし、名前の横にある[削除]をクリックします。
  • [保存]をクリックします。

見込みなし設定の定義

ユーザーがリードを見込みなしにする場合は、見込みなしの理由を設定できます。

  • リードが見込みなしに移行したときに必要なプロパティーを編集するには、ステージにカーソルを合わせ、[プロパティーを編集]をクリックします。

disqualification-properties

  • ポップアップボックスの[リード情報]セクションで、リードが見込みなしになった場合に表示したいプロパティーの横にあるチェックボックスをオンにします。[選択したプロパティー]セクションで、必要なプロパティーの横にあるチェックボックスをオンにします。
  • リードステージ名を変更するには、名前をクリックします。
  • リードステージを追加するには、[+ステージを追加]をクリックします。
  • リードステージを削除するには、リードステージにカーソルを合わせてクリックし、名前の横にある[削除]をクリックします。
  • [保存]をクリックします。

プロパティーの内容を変更したい場合は、リードプロパティーを管理する方法をご確認ください。

自動化設定を構成する

リードステージの進行には、既定の設定が2つあり、変更することはできない:

  • Move lead to attempting : ユーザーがEメールまたはLinkedInメッセージの送信、電話の発信、ミーティングを設定することにより、リードへのアウトリーチを完了した場合。
  • リードをコネクテッドに移動 : Eメールの返信、ミーティングの予約によってリードがユーザーとコネクテッドになった場合、またはユーザーが通話の結果を記録した場合をコネクテッドとした場合。

自動化設定を構成する際、コンタクトまたは会社がライフサイクルステージに移動したときに新規リードを自動作成したり、フォローアップのためにリードを作成したり、リードが新しいステージに移動したときにアクションをトリガーするシンプルワークフローを作成したりすることができます。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーメニューで、[オブジェクト][リード]に移動します。
  • [パイプライン]タブをクリックします。[自動化]タブに移動します。
ライフサイクルステージに基づいてリードを自動的に作成するには、次の手順に従います。
  • [新しいリードを作成]スイッチをオンに切り替えます。
  • リードを作成するライフサイクルステージを編集するには、edit編集アイコンをクリックします。次に右側のパネルの[ライフサイクルステージを選択]セクションで、リードの作成をトリガーするライフサイクルステージを選択します。

select-lifecycle

  • [保存]をクリックします。

注:このオートメーションは、会社のライフサイクルステージの同期の結果、コンタクトのライフサイクルステージが変更された場合のリードを作成しません。

リードが失格になった後、フォローアップのために自動的にリードを作成する:

  • Create a lead for follow-up スイッチを切り替える。
  • 作成されるリードの詳細を編集するには、edit編集アイコンをクリックします。次に、右側のパネルで、Select lead typeドロップダウンメニューをクリックし、作成したいリードタイプを選択します。次に、失格理由を選択ドロップダウンメニューをクリックし、新規リード作成のトリガーとなる失格理由を全て選択します。
  • [保存]をクリックします。

リードが新規ステージに到達したときにこのアクションをトリガーするには、次の手順に従います。

  • [ワークフローをゼロから作成]セクションで、ステージの[+ワークフローを作成する]をクリックします。
create-lead-workflow
  • 左側のパネルで、ワークフローのアクションを選択して設定します。ワークフローアクションについて詳細をご確認ください。
  • 左上の[保存]をクリックします。
  • アクションをさらに追加するには、+プラスアイコンをクリックします。 

営業活動管理ワークスペースでリードを管理する方法をについて説明します。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。