お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

IMAP/SMTP経由で受信トレイを接続する際に起こるエラーのトラブルシューティング

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

IMAPとSMTP経由で受信トレイを接続した際に、接続プロセスまたはEメール連携設定にエラーが発生する場合があります。エラーの発生理由を理解するために、IMAPとSMTP経由で受信トレイを正常に接続するための手順を参照してください。

  1. HubSpotから、該当するIMAPサーバー上の指定のポートに対する接続が行われます。
  2. 入力済みのEメールアドレスとパスワード、またはカスタムユーザー名(提供されている場合)を使用して、HubSpotからIMAPサーバーへのログインが行われます。
  3. HubSpotから、該当するSMTPサーバー上の指定のポートに対する接続が行われます。
  4. 入力済みのEメールアドレスとパスワード、またはカスタムユーザー名(提供されている場合)を使用して、HubSpotからSMTPサーバーへのログインが行われます。
  5. 受信トレイが機能していることを確認するために、HubSpotによって受信トレイからアカウントのBCCアドレスにテストメールが送信されます。

プロセスを理解することで、エラーの発生箇所と解決方法が分かりやすくなります。例えばSMTP設定が正しくない場合、HubSpotが正常にIMAPサーバーに接続されてログインできますが、SMTPサーバーへの接続中にエラーが発生します。

右側の[目次]でエラーメッセージを選んで、エラーの発生箇所と解決方法を確認してください。 

IMAP設定が正しくありません

該当するIMAPサーバー上の指定のポートにHubSpotが接続できません。 

  • IMAPのサーバーとポートが正しいことを確認してください。ほとんどのIMAPポートは993または143です。
  • サーバーがIMAPとSMTP経由で接続する技術要件を満たしていることを確かめてください。
  • 貴社のITチームが、特定のIPアドレスにしか受信トレイとの接続を認めていない場合があります。この場合、ITチームに依頼して、許可リストにHubSpotでの受信トレイの接続に使用されるIPアドレスを追加してもらう必要があります。

IMAP認証エラー

IMAPサーバーでの認証エラーが発生しました。ただし、エラーメッセージ上では認証エラーの原因が特定されていません。
  • IMAPのサーバーとポートの設定が正しいことを確認してください。ほとんどのIMAPポートは993または143です。
  • 権限なしエラーのステップを確認してください。
  • ITチームやEメールプロバイダーと協力し、これらの認証エラーに関する詳細が分かるかどうかを確認します。次のようなケースが考えられます。
    • 貴社のITチームが、特定のIPアドレスにしか受信トレイの認証を認めていない場合があります。この場合、ITチームに依頼して、許可リストにHubSpotでの受信トレイの接続に使用されるIPアドレスを追加してもらう必要があります。
    • 一部のサーバーによっては、メールボックスへの同時接続が多すぎる場合に認証エラーが返されることもあります。IMAPを使用した受信トレイ接続の際にHubSpotが確立する同時接続をご覧ください。

IMAP検証エラー

HubSpotが、該当するIMAPサーバー上の指定のポートとの接続を検証できません。
  • IMAPのサーバーとポートの設定が正しいことを確認してください。ほとんどのIMAPポートは993または143です。
  • IMAPサーバーがIMAPとSMTP経由で受信トレイを接続する技術要件を満たしていることを確かめてください。
  • 貴社のITチームが、特定のIPアドレスにしか、IMAPサーバー上で稼動しているIMAPサービスへのアクセスを認めていない場合があります。この場合、ITチームに依頼して、許可リストにHubSpotでの受信トレイの接続に使用されるIPアドレスを追加してもらう必要があります。

SMTP設定が正しくありません

HubSpotは該当するSMTPサーバー上の指定のポートに接続できませんでした。
  • SMTPのサーバーとポートが正しいことを確認してください。ほとんどのSMTPポートは465、587または25です。
  • IMAPサーバーがIMAPとSMTP経由で受信トレイを接続する技術要件を満たしていることを確かめてください。
  • 貴社のITチームが、特定のIPアドレスにしか受信トレイとの接続を認めていない場合があります。この場合、ITチームに依頼して、許可リストにHubSpotでの受信トレイの接続に使用されるIPアドレスを追加してもらう必要があります。

テストメールに失敗しました

Eメールサーバーからテストメールを送信する際にエラーが発生しました。貴社のITチームが、特定のIPアドレスにしか受信トレイでのEメール送信を認めていない場合があります。この場合、ITチームに依頼して、許可リストにHubSpotでの受信トレイの接続に使用されるIPアドレスを追加してもらう必要があります。

権限なし

サーバーより資格情報が正しくないという認証エラーが示されました。他のエラーとは異なり、これはIMAPまたはSMTPの接続プロセスで発生することがあります。
  • Eメールとパスワードが正しいことを確認してください。
  • 一部のサーバーでは、ログインするカスタムユーザー名が必要です。設定の際に接続用のカスタムユーザー名が必要な場合は、ITチームに確認してください。
  • サーバー上でアプリ固有のパスワードが求められるかどうかを確認してください。
  • SSL証明書を確認してください。
  • 貴社のITチームが、特定のIPアドレスにしか受信トレイの認証を認めていない場合があります。この場合、ITチームに依頼して、許可リストにHubSpotでの受信トレイの接続に使用されるIPアドレスを追加してもらう必要があります。

権限なし - 接続するにはアプリパスワードが必要です

Eメールクライアントによっては、ユーザーがログインするためにアプリ固有のパスワードの作成を求められる場合があります。Eメールプロバイダーのステップに従ってアプリ固有のパスワードを作成し、アプリ固有のパスワードを使用してログインしてください。

以下に、この問題について一般的に使用されるプロバイダーが説明している文書へのリンクを示します。

権限なし - SSL証明書が信頼されていません

IMAP/SMTPサーバーは、信頼できる認証機関によって署名されたSSL証明書を保持している必要があります。このエラーメッセージは、貴社で保持されているSSL証明書が破損している、期限切れになっている、または認識されていない認証機関によって署名されていることを示します。

受信トレイにサインインして接続を続行するには、IMAP経由で受信トレイを接続する際に、[詳細オプション]セクションにある[セキュアでない証明書を許可する]チェックボックスを選択してください。 

認証方法、セキュリティー設定、および利用可能なプロトコルはEメールサーバーごとに異なるため、このようなエラーのトラブルシューティングにはITチームによる支援が必要になる場合があります。IMAPの接続プロセスに問題が発生し、HubSpotのサポートチケットを発行いただく場合は、貴社のITチームまたは管理者と連携していただき、HubSpotがアクセスできない領域のトラブルシューティングに必要な情報はIT部門からご提供ください。