お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email Tracking

IMAPとSMTP経由で受信トレイを接続する際に起こるエラーのトラブルシューティンを行う

更新日時 2019年 10月 23日

IMAPとSMTP経由で受信トレイを接続すると、接続プロセス中またはEメール統合設定中にエラーが発生する可能性があります。エラーが発生した理由をより良く理解するには、IMAPとSMTP経由で受信トレイを正常に接続するために実行する手順を確認します。

  1. HubSpot 指定されたポートの対応するIMAPサーバーに接続します。
  2. 入力済みのEメールアドレスとパスワード、または提供されている場合はカスタムユーザー名を使用して、IMAPサーバーにHubSpotでログインする。
  3. HubSpotは指定されたポートの対応するSMTP サーバーに接続します
  4. 入力済みのEメールアドレスとパスワード、または提供されている場合はカスタムユーザー名を使用して、IMAPサーバーにHubSpotでログインする。
  5. 受信トレイが機能していることを確認するには、HubSpotよりあなたの受信トレイからあなたのアカウントのBCC アドレスにテストメールを送信します。

プロセスを理解することで、エラーが発生した場所と解決方法を理解することができます。たとえば、SMTP設定が正しくない場合、HubSpotは正常にIMAPサーバーに接続されてログインできますが、SMTPサーバーに接続中にエラーが発生します。

右側の[目次]でエラーメッセージを選択し、エラーが発生した場所と解決方法について学習します。 

IMAP設定が正しくありません

HubSpotは指定されたポートの対応するIMAPサーバーに接続できません。 

IMAP認証エラー

IMAPサーバーに認証エラーが発生しました。ただし、エラーメッセージは認証エラーの原因を指定していません。
  • IMAPサーバーとポート設定が正しいことを確認してください。ほとんどのIMAP ポートは993または143です。
  • [未承認]エラーのステップを確認する。
  • ITチームやEメールプロバイダーと協力し、これらの認証エラーについてさらに可視化できるかどうかを確認する。可能性のあるケースには次のようなものがあります:
    • ITチームは、特定のIPアドレスのみを受信トレイで認証する場合があります。この場合、ITチームはHubSpotで受信トレイを接続するために使用するIPアドレスをホワイトリストに登録する必要があります。
    • 一部のサーバーは、メールボックスへの同時接続が多すぎる場合に認証エラーの返信を行います。

IMAP検証エラー

HubSpotは指定されたポートで対応するIMAPサーバーとの接続を検証できません。

SMTP設定が正しくありません

HubSpotは指定されたポートの対応するSMTPサーバーに接続できませんでした。

テストメールに失敗しました

Eメールサーバーからテストメールを送信する際にエラーが発生しました。ITチームは、特定のIPアドレスのみにあなたの受信トレイにEメールを送信することを認める場合があります。この場合、ITチームはHubSpotで受信トレイを接続するために使用するIPアドレスをホワイトリストに登録する必要があります。

未承認

サーバーより資格情報が正しくないという認証エラーが示されました。他のエラーとは異なり、これはIMAPまたはSMTP接続プロセス中に発生することがあります。
  • Eメールとパスワードが正しいことを確認してください。
  • 一部のサーバーでは、ログインするカスタムユーザー名が必要です。設定の際に接続のためにカスタムユーザー名が必要な場合は、IT チームに確認してください。
  • サーバーにアプリ固有のパスワードが必要かどうかを確認してください。
  • SSL証明書を確認してください。
  • ITチームは、特定のIPアドレスのみを受信トレイで認証する場合があります。この場合、ITチームはHubSpotで受信トレイを接続するために使用するIPアドレスをホワイトリストに登録する必要があります。

[未承認]:接続にはアプリパスワードが必要です

一部の Eメールクライアントでは、ログインするためにユーザーがアプリ固有のパスワードを作成する必要があります。アプリ固有のパスワードを作成するには、Eメールプロバイダーのステップに従い、アプリ固有のパスワードを使用してログインしてください。

以下は、一般的に使用されるプロバイダーについての問題に関する文書へのリンクです:

[未承認]:SSL 証明書が信頼されていません

IMAP/SMTPサーバーは、信頼できる認証機関によって署名されたSSL証明書を保有している必要があります。このエラーメッセージは、保有されているSSL証明書が、不正な形式か、期限切れであるか、または認識されていない認証機関によって署名された ものであることを示しています。

受信トレイにサインインして引き続き接続するには、IMAP 経由で受信トレイを接続する際に[高度なオプション]セクションの下にある[セキュアでない証明書を許可する]チェックボックスを選択してください。 

認証方法、セキュリティー設定、および利用可能なプロトコルが Eメールサーバーでお互いに異なるため、これらのエラーをトラブルシューティングするためにIT チームとの連携が必要になる場合があります。IMAP接続プロセス中に問題が発生した場合、HubSpotサポートでチケットを開封すると、HubSpotがアクセスを持たないトラブルシューティングの方法に必要な特定の情報をIT部門が提供できるので、ITチームまたは管理者と連携してください。
/jp/email-tracking/troubleshoot-imap-inbox-connection