お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

HubSpotで許可パスキャンペーンを実行する

更新日時 2021年 1月 28日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

許可は、インバウンドEメールマーケティングの基本要素です。コンタクトのオプトインのステータスをトラッキングしたり、確認したりオプトインを確認したりしない場合は、今後の送信から未確認のコンタクトを削除する許可パスキャンペーンを実行できます。

注:許可パスキャンペーンを使用するのは、コンタクトのオプトインステータスを再確認する必要がある場合に限ってください。まだブランドに直接オプトインしていないコンタクトのオプトインを取得するために許可パスキャンペーンを使用することはできません。HubSpotでは、マーケティングEメールの送信先とするコンタクトについては、検証可能なオプトインレコードがあることを要件としています。

許可パスキャンペーンは、何らかの形のダブルオプトインをまだ使用していないコンタクトに対し、引き続きEメールの受信を希望するかどうかの確認を求める、1回限りのEメールキャンペーンです。サブスクリプションステータスを確認したコンタクトだけがリストに保持されます。確認しないユーザーは、HubSpotのマーケティングEメールからオプトアウトされます。したがって、リストには会社からのマーケティングEメールの受信を希望したコンタクトだけが残るため、エンゲージメントの高いリストになります。コミュニティーで許可パスキャンペーンの例を参照できます。

この記事では、許可パスキャンペーンを実装する手順について説明します。以下の手順は記載順に従って行うよう意図されていますが、必要に応じて、特定のステップのリンクをクリックして、そのステップに直接進むこともできます。

  1. フォームの再サブスクリプションEメールを有効にして、フォームの同意情報とEメールのサブスクリプションタイプを確認する
  2. 最近Eメールに反応していないコンタクトのリストを作成する
  3. 新しい許可パスEメールを作成してコンタクトリストに送信する
  4. Eメール送信後の指標を確認する
  5. Eメールからオプトアウトするコンタクトを決定する
  6. 未確認のコンタクトをオプトアウトする
  7. 繰り返し(任意)

 

1. サブスクリプション設定を確認し、通知および同意情報を確認する

フォームの再サブスクリプションEメールを有効にする

許可パスキャンペーンを開始する前に、HubSpotのフォーム機能の再サブスクリプションEメールを有効にします。この機能を有効にすると、EメールからオプトアウトしたコンタクトがHubSpotフォームに記入することで、再サブスクライブできるようになります。

通知と同意情報をフォームに追加する

フォームに通知と同意情報が追加されていることを確認し、フォーム送信時にオプトインした内容をコンタクトが把握できるようにします。

サブスクリプション設定を確認する

次のステップを開始する前に、Eメールのサブスクリプションタイプをセットアップしてください。Eメールの送信先コンタクトが複数のサブスクリプションタイプのサブスクライバーである場合、既定のマーケティング情報サブスクリプションタイプを使用することもできますが、特定の状況についてのコンプライアンス情報提供元として最適なリソースは各会社の法律チームです。

 

2. 最近Eメールに反応していないコンタクトのリストを作成する

最近Eメールにエンゲージメントしていないコンタクトのアクティブなリストを作成します。

  • HubSpot アカウントにて、[コンタクト] > [リスト]の順に進みます。
  • 右上の[リストを作成]をクリックします。
  • リストに名前を付け、アクティブなリストにします。
  • リスト条件を追加します。
    • エンゲージメントしていないすべてのコンタクトの許可パスキャンペーンを実行する場合は、これらの手順に従ってリストを作成します
    • 特定のEメールキャンペーンの結果に基づいて許可パスキャンペーンを実行している場合は、次の条件を追加します。
      • マーケティングEメールのアクティビティ | コンタクトはEメールを受信したが開封しなかった | [フォーカスを当てるキャンペーンを選択かつコンタクトのプロパティー | マーケティングEメールの最終開封日 | 52週間以上前

        または

        マーケティングEメールのアクティビティ | コンタクトはEメールを受信したが開封しなかった | [フォーカスを当てるキャンペーンを選択かつコンタクトのプロパティー | マーケティングEメールの最終開封日 | 不明

permission-pass-screenshot-final

  • [保存]をクリックします。

 

3. コンタクトリストに送信する新しいEメールを作成する

リストに送信する新しいEメールを作成します。受信者にサブスクリプションを確認するためにCTAを含めます。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 右上にある[Eメールを作成]をクリックします。
  • テンプレートを選択し、Eメールに名前を付けて、[作成]をクリックします。
  • Eメールコンテンツを編集する際に、ユーザーがオプトインするためにクリックするCTAを含めます。CTAをシンプルなサンキューページにリンクすることができます。ここで、ステータスを確認したり、新しいオファーを提供したりすることもできます。

  • 受信者を選択する際に、ステップ2で作成したリストを含めます。
  • サブスクリプションタイプを選択します。
    • サブスクリプションタイプは、ステップ2で作成したリストの中のサブスクライバーに対応してなければなりません。たとえば、リスト内のユーザーが元々はマーケティングニュースレターのサブスクリプションタイプをサブスクライブしていた場合、許可パスEメールのサブスクリプションタイプと同じタイプを選択する必要があります。
    • ステップ2で作成したリスト内の受信者が複数の異なるサブスクリプションタイプのサブスクライバーである場合、既定のマーケティング情報サブスクリプションタイプを使用することもできますが、特定の状況についてのコンプライアンス情報提供元として最適なリソースは各会社の法律チームです。
  • [送信またはスケジュール]タブを使用して、許可パスEメールを送信します。

 

4. Eメール送信後の指標を確認する

[受信者]タブに表示される送信後の指標で、Eメールに対してアクションを実行したコンタクトを確認できます。CTAをクリックして確認したコンタクトは、その他のEメールキャンペーンを受信します。そうでないコンタクトについては、今後のすべてのEメールからオプトアウトしてください。

 

5. Eメールからオプトアウトするコンタクトを決定する

オプトアウトするコンタクトを確認するには、以下の条件を使用してアクティブなリストを2つ作成します。

  • リスト1 - マーケティングEメールアクティビティ | コンタクトが許可パスEメール]のリンクをクリックした

permission-pass-email-screenshot

  • リスト2 - マーケティングEメールのアクティビティ | コンタクトに許可パスEメール]が送信された。かつリストメンバーシップ | コンタクトはリスト1]のメンバーではない

permission-pass-list-2

 

6. 未確認のコンタクトをオプトアウトする

2番目のリストを使用して、許可パスEメールにエンゲージメントしなかったコンタクトをオプトアウトします。許可パスEメールとのやり取りを受信者に提供する前に1週間待つことをお勧めします。

[サブスクリプションステータスを管理]アクションを使用してワークフローを使用することもできます。サブスクリプションステータスを管理することもできます。

 

7. プロセスを繰り返す(任意)

従来の許可パスキャンペーンでは1つのEメールだけが送信されますが、2つまたは3つのEメールを送信することもできます。リスト条件を使用し、以前の許可パスEメールを選択して、後続の許可パスEメールのリストを作成します。

許可パスキャンペーンの詳細については、Spamhausを参照してください。ベストプラクティスとして、フォームのダブルオプトインを有効にし、四半期ごとに再エンゲージメントキャンペーンを実行することをお勧めします。