メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Forms

ポップアップフォームを作成する

更新日時 2021年 10月 28日

対象製品

すべての製品とプラン

ポップアップ フォーム ツールを利用して、新しいリードを惹き付けるリード獲得フォームを作成できます。ポップアップフォームは、HubSpotでホスティングしている任意のブログ記事、ランディングページ、ウェブサイトのページで利用できます。

外部ページにポップアップフォームを追加するには、外部サイトにHubSpotトラッキングコードをインストールするか、WordPressサイトにHubSpot WordPressプラグインをインストールする必要があります。

  • HubSpotアカウント上で、[フォーム]を開きます。
    • ProfessionalまたはEnterpriseをご利用の場合、[マーケティング]>[リードの獲得]>[フォーム]の順に進みます。
    • Starterまたは無料版をご利用の場合、[マーケティング]>[フォーム]の順に進みます。
  • 右上の[フォームを作成]をクリックします。
  • フォームタイプを選択します。ポップアップフォームとして次のいずれかを選択できます。
    • ポップアップボックス
    • ドロップダウンバナー
    • スライドインボックス(左)
    • スライドインボックス(右)
  • 右上の[次へ]をクリックします。
  • フォームエディターの上部にある edit 鉛筆アイコンをクリックし、フォーム名を編集します。

1. コールアウト - アクションを選択する

[コールアウト]タブでは、訪問者の注意を喚起するためのコールアウトを追加し、カスタマイズします。

  • キービジュアル:コールアウトとフォームの両方のステップに表示するキービジュアルを選択します(ポップアップボックスとスライドイン ボックスのみ)。
  • コールアウトテキスト:コールアウトのメインの見出し。
  • コールアウト本文:コールアウトの追加情報または詳細。(任意)
  • コールアウト ボタン テキスト:コールアウトフォームのボタンテキスト。
  • テーマカラー:ポップアップフォーム上のボタンのテーマカラーを設定します。カラーピッカーからカスタムカラーを選択するか、16進数の値を手入力します。
  • リンクボタン:コールアウトボタンのリンク先を選択します。
    • フォームステップ:ポップアップフォームからフォームにユーザーを誘導します。[フォーム]タブをクリックし、フォームをカスタマイズします。
    • HubSpot以外のURL:外部ページへのリンクを貼り付けます。
    • HubSpotページまたはブログ記事(「Marketing Hub Starter」、「Professional」、または「Enterprise」、「CMS Hub Professional」または「Enterprise」):ドロップダウンからHubSpotページまたはブログ記事を選択します。
    • ファイルダウンロード:[ファイルを参照]をクリックし、ファイルを追加します。
    • ミーティングリンク:ドロップダウンメニューからミーティングリンクを選択します。
    • カレンダーイベント:カレンダーイベントを作成し、イベント名開始日終了日タイムゾーン場所、および詳細を設定します。イベントは、顧客のGoogleまたはOutlookカレンダー内に作成されます。

  • コールアウトのカスタマイズは右側のプレビューに表示されるため、ページで公開されたときにポップアップフォームがどのように表示されるかを把握できます。
  • [次へ]をクリックします。ボタンをフォームにリンクさせない場合は、ステップ5に進んでください。

2. フォーム - ポップアップフォームをカスタマイズする

[フォーム]タブでは、ポップアップフォームボタンをクリックした訪問者に表示される内容をカスタマイズします。
  • フォーム本文:フォームに関する追加情報または詳細。(任意) 
  • 追加されたフィールド:既定の[Eメール]フィールドが自動的に組み込まれます。フォームには最大4つのフィールドを追加できます。
    • フォームにフィールドを追加するには、[+別のフォームフィールドを追加]をクリックします。ポップアップフォームでサポートされているフィールドタイプは、単行テキスト、複数行テキスト、ドロップダウン選択、単一チェックボックス、数値、日付選択カレンダー、ファイルです。Marketing Hub Starter」、「Professional」、および「Enterprise」アカウントのユーザーは、ポップアップフォーム内にカスタム コンタクト プロパティーを作成できます
    • 訪問者に対するフォームフィールドの表示方法をカスタマイズするには、edit鉛筆アイコンをクリックします。フィールドのラベルを編集するには、プレースホルダーテキストを追加するか、既定の値を入力します。Eメールのフィールドには、ブロックするEメールアドレスやドメインを設定できます。
  • フォーム ボタン テキスト:このフィールドには、[コールアウト]タブのフォーム ボタン テキストが自動的に入力されます。フォームステップでボタンテキストを変更するには、ここで更新してください。
  • 通知と同意/正当な利害関係(GDPR):HubSpotアカウント上でGDPRが有効化されている場合、このポップアップフォームの通知と同意のオプションを設定できます。既定のテキストをカスタマイズするには、edit鉛筆アイコンをクリックします。
  • 言語:フォームの言語を設定します。これにより、フォームフィールドのラベル、通知と同意/正当な利害関係のメッセージ、フォームに表示されるエラーメッセージが変更されます。編集可能なその他すべてのフィールドは、手動で翻訳する必要があります。
  • ライフサイクルステージの設定:ポップアップフォームを送信するコンタクトのライフサイクルステージを選択します。既定でリードに設定されています。
  • CAPTCHA:スパム送信に対する追加の保護を提供するCAPTCHAを有効にします。

ポップアップフォームのカスタマイズが完了したら、[次へ]をクリックします。

3. サンキュー - サンキューメッセージを作成する

[サンキュー]タブでは、訪問者がポップアップフォームを送信した後に表示するサンキューメッセージを入力します。リッチ テキスト エディターを使って、簡易フォーマットのテキストを含めたり、訪問者を追加資料にリンクしたりできます。

サンキューメッセージの後に訪問者を別の場所にリダイレクトするためのボタンを追加するには、次の手順に従います。

  • [ボタンを追加]チェックボックスを選択します。
  • ボタンテキストをカスタマイズします。
  • ボタンのリンク先を選択します。
    • HubSpot以外のURL:訪問者を外部ページにリダイレクトします。ページのURLを入力します。
    • HubSpotページまたはブログ記事(「Marketing Hub Starter」、「Professional」、または「Enterprise」、「CMS Hub Professional」または「Enterprise」)ドロップダウンメニューからHubSpotページまたはブログ記事を選択します。
    • ファイルダウンロード:[ファイルを参照]をクリックし、ファイルを追加します。
    • ミーティングリンク:ドロップダウンメニューからミーティングリンクを選択します。
    • カレンダーイベント:カレンダーイベントを作成し、イベント名開始日終了日タイムゾーン場所、および詳細を設定します。イベントは、顧客のGoogleまたはOutlookカレンダー内に作成されます。
  • サンキューメッセージの作成が完了したら、[次へ]をクリックします。



4. フォローアップ - フォローアップEメールを作成する

[フォローアップ]タブで、訪問者がフォームを送信した後に訪問者に送信するフォローアップEメールを作成します。

注:HubSpotの無料ツールを使用しているアカウントでポップアップフォームでダブルオプトインを有効にするには、Eメール セットアップ ウィザードを完了する必要があります。

  • [フォローアップEメールを作成]をクリックします。
  • 右のパネルで、フォローアップEメールの詳細設定をカスタマイズします。
    • サブスクリプションタイプ:ドロップダウンメニューをクリックし、サブスクリプションタイプを選択します。
    • 送信元ユーザー:ドロップダウンメニューをクリックし、フォローアップEメールの送信者を選択します。
    • 送信者名:フォローアップEメール用にカスタマイズした送信者名入力します。
    • 件名:フォローアップEメールの件名を入力します。
    • 本文:コンタクトとのエンゲージメントを続けるためのEメール本文を入力します。
    • Eメールのフッターを編集:クリックすると、Eメール設定で会社名や住所をカスタマイズできます。
  • [保存]をクリックします。Eメールの簡単なプレビューが表示されます。Marketing Hub Starter」、「Basic(レガシー)」、「Professional」、または「Enterprise」アカウントのユーザーは、[別のEメールを追加]をクリックして、最大3件のフォローアップEメールを追加できます。
  • フォローアップEメールの追加が完了したら、[次へ]をクリックします。

注:フォローアップEメールを作成すると、フォームにCAPTCHAが自動的に追加されます。

5. ターゲティング - ポップアップフォームの表示場所をカスタマイズする

このポップアップフォームをサイトに表示するタイミングを選択して訪問者のターゲティングを行います。ポップアップフォームを表示する対象の訪問者に関する複数のルールセットを結合するためのフィルターを追加します。ターゲティングルールの詳細をご覧ください。

ウェブサイトURL

特定のウェブページURLや、クエリーパラメーター値の条件付きロジックを追加できます。既定では、ポップアップフォームがすべてのページに表示されます。

  • 訪問者が特定のウェブサイトURLにアクセスしたときにポップアップフォームを表示するには、[ウェブサイトURL]セクションで、次の手順に従います。
    1. 最初のドロップダウンメニューをクリックし、[ウェブサイトURL]を選択します。
    2. 2つ目のドロップダウンメニューをクリックし、ターゲティングルールを選択します。
    3. テキストフィールドにルールの条件を入力します。

  • 訪問者がURLに特定のクエリーパラメーターが含まれるウェブサイトページにアクセスしたときにポップアップフォームを表示するには、次の手順に従います。
    1. 最初のドロップダウンメニューをクリックし、[クエリーパラメーター]を選択します。
    2. 1つ目のテキストフィールドに、クエリーパラメーター名を入力します。
    3. ドロップダウンをクリックし、ターゲッティングルールを選択します。
    4. 2つ目のテキストフィールドに、クエリーパラメーター値を入力します。

  • 別のルールを追加するには、[ルールを追加]をクリックします。
  • 特定のページ(プライバシー ポリシー ページなど)からポップアップフォームを除外するには、[除外ルールを追加]をクリックします。

訪問者の情報および行動(任意)

既知の訪問者の情報と行動に基づいて、ポップアップフォームを表示する対象のコンタクトを限定することもできます。追加できるフィルタリングルールのタイプは、アカウントのサブスクリプションによって異なります。Marketing Hub Professional」および「Enterprise」アカウントでは、ポップアップフォームを表示または非表示にする条件を追加したフィルターを作成できます。

訪問者情報に基づいて条件を設定するには、[訪問者の情報および行動]セクションに進み、次の手順に従います。

  • ポップアップフォームを表示するタイミングを選択します。
    • [ポップアップを表示]タイルで、最初のドロップダウンメニューをクリックし、訪問者にポップアップフォームを表示するタイミングを選択します。
    • 次のドロップダウンメニューをクリックして、フィルタリングルールを選択します。
    • ポップアップフォームを表示するタイミングに関するルールを追加するには、[ルールを追加]をクリックしてフィルターを選択します。
  • ポップアップフォームを非表示にするタイミングを選択します。
    • [除外ルールを追加]をクリックします。
    • 最初のドロップダウンメニューをクリックして、ポップアップフォームを非表示にするタイミングを選択します。
    • 次のドロップダウンメニューをクリックして、フィルタリングルールを選択します。
    • ポップアップフォームを非表示にするタイミングに関するルールを追加するには、[除外ルールを追加]をクリックしてフィルターを選択します。
  • 別のフィルタリングルールを作成するには、[フィルターグループを追加]をクリックし、フィルタリングルールを選択します。

add-filter-groups

トリガー

ポップアップフォームがページに表示されるタイミングを設定します。次のオプションを選択できます。

  • 50%ページをスクロールしたとき:訪問者がページを半分までスクロールした時点でフォームが表示されます。
  • 離脱意図があるときポップアップボックスのみ):訪問者がブラウザーウィンドウの上部バーにカーソルを移動すると、フォームが表示されます。
  • 経過時間後:指定された秒数の後にフォームが表示されます。

ターゲティングルールのセットアップが完了したら、[次へ]をクリックします。

注:

  • 複数のトリガーを選択すると、最初に満たされたトリガー条件に従ってフォームが表示されます。

  • 注:コンタクトがポップアップフォームを入力した後、同じ閲覧セッションで再度ポップアップフォームが表示されることはありません。 


6. オプション - ポップアップフォームをさらにカスタマイズする 

[オプション]タブで、ポップアップフォームをカスタマイズできます。次のオプションをカスタマイズできます。

  • 予約設定(「Professional」または「Enterprise」アカウントのみ):ポップアップフォームをスケジュール設定して、特定の日付以降にのみ有効にするには、[後の予定としてスケジュール設定]を選択します。
    • 特定の日時にポップアップフォームを公開するには、[開始日]ドロップダウンメニューと[時間]ドロップダウンメニューをクリックし、日付、時刻をそれぞれ設定します。
    • 特定の日時にポップアップフォームを非公開するには、[非公開の日時を設定]ドロップダウンメニューをクリックし、[終了日]ドロップダウンメニューと[時間]をクリックし、日付、時刻をそれぞれ設定します。 
  • 画面サイズ(小):モバイルデバイスでポップアップフォームを無効にするには、[画面サイズ(小)のポップアップフォームをオフにする]チェックボックスをオンにします。ポップアップフォームはモバイル環境にも最適化されていますが、モバイルでは無効にすることをお勧めします。
  • 却下されたポップアップフォームをもう一度表示するまでの時間:ドロップダウンメニューをクリックして、ポップアップフォームを却下した訪問者にポップアップフォームを再表示するまでの経過が必要な時間を設定します。
  • コンタクトをSalesforceキャンペーンに追加:Salesforce連携を使用している場合に、ドロップダウンメニューをクリックして、ポップアップフォームを送信したコンタクトを特定のSalesforceキャンペーンに関連付けます。
  • GoToWebinarにコンタクトを追加:GoToWebinar連携を使用している場合に、ドロップダウンメニューをクリックして、特定のウェビナーのポップアップフォームを送信したコンタクトを登録します。
  • コンタクトを獲得したときにEメール通知を送信:ドロップダウンメニューをクリックして、コンタクトが獲得された時点で通知を受け取るEメールアドレスを入力するか、ユーザーまたはチームを選択します。
  • オプトインEメールを送信:ダブルオプトインが有効になっている場合に、ポップアップフォームのダブルオプトイン設定を管理するには、[設定で管理]をクリックします。
  • フォローアップ サブスクリプション タイプ:GDPR設定が有効になっている場合、ドロップダウンメニューをクリックして、Eメール送信のサブスクリプションタイプを選択します。
  • 新規コンタクトをEメールプロバイダーにプッシュする(任意):[設定で管理]をクリックして、獲得したコンタクトをプッシュするEメールプロバイダーを設定できます。コンタクトをMailChimpリストにプッシュする方法をご覧ください。
フォームのオプションの設定が完了したら、[次へ]をクリックします。


7. プレビュー - ポップアップフォームのプレビューを表示する

[プレビュー]タブでは、ポップアップフォームのプレビュー動作をテストできます。

  • ポップアップフォームが別のデバイスに表示される方法を確認するには、左上の[デスクトップ]、[タブレット]または[モバイル]ボタンをクリックします。
  • ポップアップフォームの各ステップを表示するには、lefright左/右の矢印アイコンをクリックします

ポップアップフォームを公開/非公開にする

  • フォームのセットアップが完了したら、右上の[公開]をクリックしてポップアップフォームを公開します。
  • [オプション]タブで、公開されているフォームを非公開にすることもできます。
    • [オプション]タブに移動します。
    • [非公開]をクリックします。
    • ダイアログボックスで[ポップアップフォームを非公開]をクリックします。
    • フォームを非公開にした後は、[ダッシュボードに移動する]を選択してフォームに戻ることも、[エディターに留まる]を選択してフォームエディターに留まることもできます。

New Call-to-action