URL mapping(URLマッピング)ツールを使用してページをリダイレクトする方法

更新日時 July 1, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise
アドオン: ウェブサイトページ

HubSpotで作成されたページや投稿のURLを変更すると、元のURLから更新されたURLに301リダイレクトが自動で設定されます。

たとえば、http://www.site.com/pageというページがあり、サイトページコンテンツエディターでこのページのURLをhttp://www.site.com/newpageに変更した場合、訪問者がhttp://www.site.com/pageにアクセスすると、自動でhttp://www.site.com/newpageへの301リダイレクトが行われます。このように自動的に301リダイレクトが行われるため、URLが変更された場合でも、訪問者は常に目的のページにアクセスできます。[Content Settings(コンテンツ設定)]URL mapping(URLマッピング)ツールを使用して、手動で301リダイレクトを設定することもできます。

以下では、COSに手作業でURLマッピングを設定する手順を説明します。ここで説明する手順は、COSページをリダイレクトするためのものです。HubSpotのClassic CMSでは、ページを外部サイトにリダイレクトするか、[Content Settings(コンテンツ設定)] > [CMS URL Mappings(CMS URLマッピング)]を使用できます。

HubSpot CMSへサイトを移行するときは、HubSpotの移行チームが、お客様サイトの古いページをすべて新しいサイトの対応するページまたはホームページにマップします。

URL mapping(URLマッピング)ツールに移動

HubSpotダッシュボードから、[Content(コンテンツ)] > [Content Settings(コンテンツ設定)]の順に進みます。

HubSpot Help article screenshot

[Content Options(コンテンツオプション)]サイドメニュー[COS URL Mappings(COS URLマッピング)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

新しいURLマッピングの追加をクリック

[Add a new redirect(新しいリダイレクトを追加)]ボタンをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

単一マッピングまたは一括マッピングを選択

COS URLマッピングでは、単一のマッピングを追加したり、一度に多くのマッピングを追加したりすることができます。[Add one redirect(1つのリダイレクトを追加)]をクリックして、単一のURLマッピングを追加します。

一括URLマッピングについては、後で説明します

HubSpot Help article screenshot

[Add a new URL mapping(新しいURLマッピングを追加)]ウィンドウがポップアップで表示され、情報を入力できます。

HubSpot Help article screenshot

元のURLまたはパスを設定

トラフィックのリダイレクト元にするURLまたはパスを入力します。絶対URLを使用する場合であれば、たとえばhttp://www.site.com/pageのようにします。また、相対パスを使ったURLでも同じようにそのページにトラフィックをリダイレクトできます。相対パスを使用する場合には、/pageのようになります。

注意:HubSpot COSファイルマネージャーにホストされているファイルをリダイレクトすることはできません。これらのファイルについては、ホスト方法が原因となってURLマッピングが動作しません。古いファイルを削除する代わりに、更新されたバージョンに置き換えることができます。

HubSpot Help article screenshot

リンク先のURLまたはパスを設定

元のURLまたはパスのトラフィックのリダイレクト先となるURLまたはパスを入力します。URLはたとえば、http://site.com/new-pageのように指定します。また、同じようにそのページにトラフィックをリダイレクトできるパスとしては、ほかにも/new-pageがあります。

注意:HubSpotでホストされていない外部ウェブサイトのページをリダイレクト先URLとして入力するときは、http://www.domain.com/name-of-pageのように、必ずURL全体を指定してください。

HubSpot Help article screenshot

相対URLパスを使用した場合に、HubSpotのCOSツールに複数のドメインが接続されていると、接続されているすべてのサブドメインについてマッピングが行われます。たとえば、blog.site.comがCOSブログのプライマリドメインに設定されていて、www.site.comがサイトページのプライマリドメインに設定されている場合、上記の相対URLを使ったリダイレクトの例では、ユーザーが入力したURLに応じてblog.site.com/pageblog.site.com/new-pageに、www.site.com/pagewww.site.com/new-pageにそれぞれリダイレクトします。

COS URL Mappings(COS URLマッピング)ツールは、[Content Settings(コンテンツ設定)] > [Domain Manager(ドメインマネージャー)]で接続されたプライマリCOSドメインをリダイレクトできます。このツールでは、外部のサイトおよびHubSpot Classic CMSに関連付けられたドメインをリダイレクトできません。ただし、リダイレクト先URLには任意のURLを指定できます(そのドメインを所有しているか否かは関係ありません)。

セカンダリCOSドメインのリダイレクトは、HubSpotのエンタープライズ製品がある場合に限り設定できます

URLマッピングを追加

適切な設定(詳細は以下で説明)を選択したら、[Add URL Mapping(URLマッピングの追加)]をクリックします。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングを設定

HubSpotでは、元のURLとリダイレクト先URLとして入力した内容に基づいて、自動的に適切なマッピング設定を選択しようとします。また、[Show Advanced Options(詳細オプションを表示)]をクリックすると、新しいリダイレクトに関してさらに多くのオプションを使用できます。

HubSpot Help article screenshot

手動での構成を検討できるオプションは、以下のとおりです。

Redirected URLs should match original URL's query string, or lack thereof(リダイレクトされるURLは、元のURLのクエリ文字列と一致する必要がある(一致しないとリダイレクトされない)

元のURLとそのクエリ文字列がブラウザーのアドレスバーに入力されたときだけマッピングを機能させたい場合に、このオプションを選択します。つまり、このオプションを選択すると、クエリ文字列と共にページを入力した場合にのみリダイレクトされます。同じページのURLをブラウザーのアドレスバーに入力しても、一致するクエリ文字列も共に入力していなければ、マッピングはリダイレクトされません。

HubSpot Help article screenshot

Ignore this URL mapping if a page exists at the requested URL(要求されたURLにページが存在する場合にこのURLマッピングを無視する)

このオプションを選択すると、そのURLに既存のページがない場合にのみURLをリダイレクトします。これにより、置き換え後のページの構築が終了するまで一時的にURLをリダイレクトできます。その後、同じURLでページを公開すると、自動的にリダイレクトが無効になります。このオプションは、社内のエンドユーザー向けのサイトを設定するデザイナーやIT担当者にとっても役立ちます後でページや投稿が作成されてパターンに基づくマッピングの対象になった場合でも、このオプションが選択されていると、ページや投稿が公開された時点で、そのコンテンツがリダイレクトされなくなります。このオプションを選択解除すると、HubSpotアカウントでこのURLのページがある場合でも、リダイレクトが常に有効になります。このオプションをオンにすると、URLマッピングに優先順位を示すpostという文字が表示されます。

HubSpot Help article screenshot

Advanced:Original URL is a flexible pattern URL(詳細:元のURLは柔軟なパターンのURL)

別のCMSからHubSpotに移行した場合、以前のサイトのURLは特定のパターンに従っている可能性があります。この場合、個々のURLをすべてマッピングするのではなく、パターンベースのマッピングを使用して、対応するHubSpotのURLにそれらのページを動的にリダイレクトできます。

以下の例では、コロン(:)を使用して、URLの各構成要素に名前を与えています。 アスタリスク(*)で始まる部分により、URLの末尾まで(クエリ文字列の前まで)一致する名前付きの構成要素が作成されます。次に、これらと同じ構成要素名を、リダイレクト先URLの配置したい場所に、中かっこ{}で囲んで追加します。このツールでは、リダイレクト先URLの下に、元のURLで入力した構成要素の名前が自動的に表示されます。

HubSpot Help article screenshot

上で示した例では、http://www.site.com/blog/12/25/2013/marketing/merry-christmas?post-id=33などのURLは、http://blog.site.com/12-25-2013/post-33/marketing/merry-christmasにリダイレクトされます。

柔軟なパターンのマッピングの詳細については、ここをクリックしてください

Redirect requests with or without a trailing slash(末尾のスラッシュの有無に関係なくリダイレクト要求)

このオプションは、追加するすべての新しいリダイレクトについて自動的にオンになります。

HubSpot Help article screenshot

Redirect requests regardless of protocol (either http or https)(プロトコル(httpまたはhttps)に関係なくリダイレクト要求)

このオプションは、追加するすべての新しいリダイレクトについて自動的にオンになります。

HubSpot Help article screenshot

Redirect Type(リダイレクトタイプ)

[Redirect Type(リダイレクトタイプ)]オプションでは、このリダイレクトを永続的(301)なリダイレクトと一時的(302)なリダイレクトのどちらにするかを選択できます。検索エンジンは、これら2つのタイプのリダイレクトを異なる方法で処理します。301リダイレクトでは、ページが永続的に新しい場所に移動したことを検索エンジンに通知し、それに応じて新しいページにインデックスが作成されます302リダイレクトでは、元のページがまだ存在していることを検索エンジンに通知し、引き続き元のページにインデックスが作成されます。ウェブ管理者が一時的(302)リダイレクトの使用を希望する理由が特になければ、[Permanent(301)(永続的(301))]を選択してください。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングの管理

マッピングの作成以外にも、COS URL mappings(COS URLマッピング)ツールには、既存のマッピングを管理しやすくするその他の機能があります。

リダイレクトを一括で追加

複数のURLマッピングを一度に追加するには、[Bulk add redirects(リダイレクトを一括で追加)]ボタンをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

各URLマッピングはそれぞれ1行に、ソースURLとリダイレクト先URLまたはパスをセパレーターで区切って指定する必要があります。デフォルトのセパレーターはコンマですが、独自にカスタムのセパレーターを設定できます。[Update existing mapping with new destination in case of conflict(競合した場合には新しいリダイレクト先で既存のマッピングを更新)]を選択すると、これらのマッピングによって、同じ元のURLを共有する既存のマッピングを上書きすることもできます。複数のURLマッピングの追加が終了したら、[Add URL Mappings(URLマッピングを追加)]をボタンをクリックして終了します。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングをエクスポート

[Export Mappings(マッピングをエクスポート)]ボタンをクリックすると、URLマッピングを.csvファイルにエクスポートできます。

HubSpot Help article screenshot

スプレッドシートでURLマッピングを確認するには、.csvファイルをダウンロードする必要があります。ブラウザーのダウンロードセクションで、ファイルのリンクをクリックします。

HubSpot Help article screenshot

これで、1つの場所ですべてのURLマッピングを表示できます。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングを検索

検索ボックスを使用すると、すばやくURLマッピングを検索できます。

HubSpot Help article screenshot

システムマッピングと手動マッピング

システムマッピングとは、HubSpotがユーザー用に自動的に作成したリダイレクトです。これらのマッピングはCOS URL Mappings(COS URLマッピング)に表示され、ウェブ管理者は、ユーザーのHubSpotコンテンツに関連して発生するすべてのリダイレクトを追跡できます。 手動マッピングは、COS URL Mappings(COS URLマッピング)ツールを使用するか、コンテンツエディター内でページのURLを変更して作成したリダイレクトです。たとえば、コンテンツエディターでブログまたは特定のページのURLを変更すると、HubSpotはユーザーに代わってそれらのマッピングを設定し、手動で作成されたというラベルを付けます。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングを編集

既存のURLマッピングを編集するには、ギアアイコンをクリックし、[Edit(編集)]を選択します。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングを削除

URLマッピングを削除するには、ギアアイコンをクリックし[Delete(削除)]を選択します。これによって、リダイレクトが永続的に無効になります。そのリダイレクトを復元する場合は、新しいURLマッピングを追加する必要があります。

HubSpot Help article screenshot

URLマッピングの優先順位を変更

URLマッピングの優先順位を調整するには、ギアアイコンをクリックし、[Change priority(優先順位を変更)]オプションを選択します。

HubSpot Help article screenshot

ここでは、マッピングの新しい優先順位を入力できます。複数のマッピングを同じURLに適用するときは、優先順位の数字の小さいマッピングが、優先順位の数字の大きなマッピングよりも優先されます。たとえば、優先順位1のマッピングは、優先順位2のマッピングに優先して適用されます。また、そのURLにページが存在しない場合にのみ、このマッピングを適用することを選択できます(これはマッピングを編集するときに利用できるオプションと同じです)。

HubSpot Help article screenshot

ページが存在しない場合にのみ有効になるマッピングでは、優先順位の横にpostの文字が表示されます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

Measuring Your Performance Project

次の記事