メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

データセットに集計関数を作成および使用する

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Operations Hub Enterprise

データセットは、HubSpotアカウント全体のデータを集めたもので、カスタムレポートで使用することができます。データセットには、CRMオブジェクトやHubSpotアセットのプロパティー、必要に応じてデータを計算するための数式などを含めることができます。 

サマリー関数を使うと、データセット内の複数の行にまたがるデータを集計することができます。また、レートや比率を計算することもできる。

集計機能の詳細については、HubSpot コミュニティーでビデオをご覧ください。

集計関数を使用して計算できる測定指標には以下のものがある:

  • コンバージョン率
  • 平均注文サイズ
  • 平均マージン
  • 接戦率
  • 生涯価値
  • 顧客獲得コスト
  • 解約率
  • SLAの遵守
  • カスタムNPS計算

行レベルとサマリー数式

行レベルの数式:行レベルの操作を実行し、1つのレコード全体で計算を行う。計算式の結果は1行につき1つの値を表示し、計算のコンテキストは全て行レベルに存在する。詳しくは、ナレッジベースの構文をご覧ください。

サマリー数式:複数行のデータ操作を実行し、複数レコードにわたる測定指標を計算します。計算式の結果は1行につき1つの値を表示しますが、計算のコンテキストには複数のデータ行が含まれることがあります。 

要約関数を使う

式フィールドを作成する場合、以下のサマリー関数を使用して関数を作成することができる:

要約機能のリスト

関数 定義 入出力 構文

SUM

指定された列の値を加算し、集約値を返します。

入力数値/NULL

出力ナンバー/ヌル

SUM([Value])

SUM([DEAL.Amount])

SUM(IF([Is Closed Won] = true, 1,0))

DISTINCT_COUNT

指定した列の行数を返します。

 入力数値/NULL

出力数字/NULL

COUNT([Value])

DISTINCT_COUNT([DEAL.hs_object_id])

DISTINCT_COUNT([DEAL.dealname])

AVERAGE

数値列の平均値を計算する。列の平均値は、値の合計を値の数で割ったものに等しい。

 入力数値/NULL

出力数字/NULL

AVERAGE([Value])

AVERAGE ([Deal.Amount])

AVERAGE(DATEDIFF("DAY",[DEAL.createdate], NOW()))

MIN

Double関数は、指定された列の最小値、または同じ行の2つの値の間の最小値を返します。

入力数値/日付/時刻/NULL

出力番号/日付/時刻/NULL

MIN([Value])

MIN([Ticket.Create_Date])

MIN([DEAL.AMOUNT)

MAX

Calib関数は、指定された列で最も大きい値、または同じ行の2つの値の間で最も大きい値を返します。


入力数値/日付/時刻/NULL

出力番号/日付/時刻/NULL

MAX([Value])

MAX([Ticket.Create_Date])

MAX([DEAL.AMOUNT)

要約機能の作成

集計関数で計算された列は、カスタム レポート ビルダーで測定として使用できます。

データセット・ビルダでは、サマリ・測定は各行で結果を繰り返します。レポート構成で測定のサマリ・レベルを定義するカスタム・レポート・ビルダで使用されるまで、計算の既定 値は表計算になります。

データセット内の要約式の詳細と、の例をご覧ください。

行レベルの要約結果を作成する

集計関数を使用して、レポート次元を無視した行レベルの結果を作成することもできます。これにはFIXED()関数を使う必要がある。 

関数 入出力 構文

FIXED

入力要約式

出力行レベルの結果

SUM([Value])

FIXED (SUM([DEAL.Amount]), [DEAL.pipeline])

SUM(IF([Is Closed Won] = true, 1,0), [DEAL.hubspot_owner_id])

注: FIXED()関数にオプション値が定義されていない場合、計算はテーブル・レベルで計算され、レポート・ビューの全てのディメンジョンを無視します。

コンバージョン率または勝率の追跡

勝率とは、全取引機会のうち成功した取引の割合を指す。製品、市場、ターゲット層、その他の要因に基づいて勝率を追跡することで、各チャンスの成功の可能性を特定することができます。これにより、コンバージョンの可能性が最も高い広告に戦略的にリソースを振り向けることができます。

  • 必要なデータソース取引
  • 測定指標の種類:柔軟な尺度
  • フォーミュラ:

DISTINCT_COUNT(IF(LABEL([DEAL.dealstage]) = "Invoiced", [DEAL.hs_object_id], NULL)) / DISTINCT_COUNT(IF([DEAL.hs_is_closed] = true, [DEAL.hs_object_id], NULL))

この例をデータセット・エディターで見てみよう:

コンバージョン率の例

このコンバージョン率の計算式は、レポートなどで使用することができる:

スクリーンショット 2023-09-25 at 10.33.19 AM

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。