メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

コンタクトまたは会社のライフサイクルステージを一括更新する

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

ワークフローやインポートを使って、コンタクトや会社のライフサイクルステージを一括で変更することができます。、ライフサイクルステージを使って詳しく学ぶ。

個々のレコードのライフサイクルステージを手動で更新するには、プロパティ値を編集する方法を学ぶ

インポートでライフサイクルステージを更新する

コンタクトをインポートしてそのライフサイクルステージを設定しなかった場合、コンタクトのライフサイクルステージは、特定のアクションをコンタクトが完了したときにHubSpotによって自動的に設定されます。コンタクトがCRMに追加されたときにそのライフサイクルステージが正しいものになるようにするか、既存のコンタクトのライフサイクルステージを更新するには、[ライフサイクルステージ]列をインポートします。

注:インポートでは、ライフサイクルステージを進める更新だけが可能です。ライフサイクルステージを後ろに戻すには、インポート前にレコードのライフサイクルステージ値をクリアする必要があります。

  • 、フォローしない(No follow):
    • ライフサイクルステージの変更を希望するコンタクトまたは会社の一意識別子を含む列([コンタクト]の場合はEメール、[会社]の場合は会社ドメイン名、[レコード ID]の場合は、[カスタムプロパティー値]の場合は)。
    • ライフサイクルステージを含む列で、レコードの新しい値を示す。ライフサイクルステージの値は、ステージの内部値か、英語のラベルのいずれかと一致する必要があります。
  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • [インポート]をクリックします。
  • インポートを開始する]をクリックし、[コンピューターからのファイル]を選択します。
  • インポートタイプとして[コンタクト]または[会社]を選択し、[次へ]をクリックします。 
  • インポートするファイルを選択し、[次へ]をクリックします。
  • 「ライフサイクルステージ」列は、HubSpotのライフサイクルステージのプロパティーと自動的に一致するようにします。 
  • [次へ]をクリックします。 
  • インポートの名前を入力します。コンタクトをインポートする場合:
    • チェックボックスを選択して、コンタクトのリストを作成するか、これらのコンタクトをマーケティングとして設定します。 
    • データプライバシー設定をオンにしている場合は、ドロップダウンメニューをクリックし、コンタクトとのコミュニケーションの法的根拠を選択します。
  • [インポート完了]をクリックします。

レコードがインポートされると、ライフサイクルステージは選択したライフサイクルステージに変更されます。レコードのインポートについて詳しくはこちら。

ワークフローでライフサイクルステージを更新 ( ProfessionalおよびEnterpriseのみ)

ライフサイクルステージを前方に移動する場合、プロパティー値の設定ワークフローアクションを使用して、新しいライフサイクルステージを設定することができます。ライフサイクルステージを後ろに戻す場合は、まずプロパティーをクリアしてから、別のアクションを追加して新しいライフサイクルステージを設定する必要があります。

ライフサイクル ステージ ワークフローを設定するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化]>[ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の[ワークフローを作成]をクリックします。
  • [最初から開始]を選択し、[ワークフローを作成]をクリックします。
  • どのレコードの「ライフサイクルステージ」を更新するかに応じて、左側のパネルで[コンタクトベース]または[会社ベース]を選択します。
  • 新しいライフサイクルステージが継続的に設定されるようにワークフローの実行を続ける予定の場合は、登録トリガーを選択する方法をご覧ください。 
  • +プラスアイコンをクリックしてワークフローアクションを追加します。
  • ライフサイクルステージを進めるには、次のようにします。
    • 右側のパネルで、[プロパティー値を設定]を選択します。
    • [ターゲット プロパティー タイプ]ドロップダウンメニューをクリックし、[コンタクト]または[会社]を選択します。
    • [設定するプロパティー]ドロップダウンメニューをクリックし、[ライフサイクルステージ]を選択します。[ライフサイクルステージ]ドロップダウンメニューで、レコードに割り当てるライフサイクルステージの値を選択します。
    • [保存]をクリックします。

  • ライフサイクルステージを戻すには、次のようにします。
    • 右側のパネルで、[プロパティー値をクリア]を選択します。
    • [ターゲット プロパティー タイプ]ドロップダウンメニューをクリックし、[コンタクト]または[会社]を選択します。
    • [クリアするプロパティー]ドロップダウンメニューをクリックし、[ライフサイクルステージ]を選択します。
    • [保存]をクリックします。

    • [プロパティー値をクリア]アクションを追加した状態で、+プラスアイコンをクリックして別のワークフローアクションを追加します。
    • 右側のパネルで、[プロパティー値を設定]を選択します。
    • [ターゲット プロパティー タイプ]ドロップダウンメニューをクリックし、[コンタクト]または[会社]を選択します。
    • [設定するプロパティー]ドロップダウンメニューをクリックし、[ライフサイクルステージ]を選択します。次に、[ライフサイクルステージ]ドロップダウンメニューで、レコードに割り当てるライフサイクルステージの値を選択します。
    • [保存]をクリックします。
  • 続けて、ワークフローのセットアップを行います。
  • ワークフローを有効にする準備ができたら、右上の[確認]をクリックし、[有効にする]をクリックします。

ワークフローが有効になると、登録済みレコードのライフサイクルステージが適宜設定されます。ワークフローでコンタクトのリストを手動で登録する方法をご覧ください。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。