メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

接続済み受信トレイの自動化を有効にする

更新日時 2021年 6月 14日

対象製品

すべての製品とプラン

受信トレイをHubSpotに接続すると、受信トレイの自動化を有効にして人工知能(AI)機能を使用できるようになります。

inbox-connect-automation

これらの機能を使用すると、署名を含めたEメール本文のデータの処理や、接続された受信トレイのすべての受信および送信メッセージのメタデータの処理が、Hubspotによって実行できるようになります。

注:HubSpotでは、この設定を有効にした後に受信した新しいEメールだけがスキャンされます。過去のEメールがスキャンされることはありません。

HubSpotでは、このデータを処理して次のような機能に役立てています。

  • CRMでコンタクトの詳細を自動的に取得する。HubSpotでは、姓、名、電話番号などのコンタクトのプロパティーの読み取り、および自動入力を試行します。入力されるコンタクトのプロパティーの種類、またこの機能を無効にする方法についての詳細をご確認ください。
  • Eメールコンテンツに基づいてタスクを推奨する。Eメール本文にフォローアップが必要そうな内容が含まれる場合、日次ダイジェストEメールでそれに推奨タスクとしてフラグが付けられます。

すでに接続されている受信トレイの自動化を有効にするには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [Eメール]タブをクリックします。
  • 受信トレイの自動化を有効にする対象の個人用メールの横にある[受信トレイの有効化]をクリックしてオンに切り替えます。

    inbox-automation-setting-toggle

Eメール統合設定からいつでも受信トレイ自動化を無効にすることができます。この設定をオフにしても、自動化によってキャプチャーされた推奨タスクおよびコンタクトの詳細は削除されません。