メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

Eメールバウンスの種類

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

バウンスメッセージは、配信不能レポート/不達確認(NDR)とも呼ばれます。受信者のEメールサーバーから自動送信されるメッセージで、Eメールの配信時に発生した問題に関する詳細情報が含まれています。

マーケティングEメールや1対1のEメールに複数の受信者が含まれていたにもかかわらず、1人以上のコンタクトがバウンス(不達)になった場合でも、HubSpotは残りの有効なコンタクトにメールを配信しようとします。バウンスタイプとサーバーレスポンスの詳細は、送信済みマーケティングEメールの受信者タブにてご確認いただけます。

マーケティングEメール

コンタクトがマーケティングEメールをハードバウンスすると、HubSpot はそのコンタクトを今後のマーケティングEメールの受信者として削除します。これにより、以降のバウンスが防止され、Eメール送信の信頼性が確保されます。有効なコンタクト宛てのマーケティングEメールにバウンスが発生する場合は、セキュリティーフィルターによって受信メッセージがブロックされている可能性があります。

この問題を解決するには、次の手順に従います。

1対1のEメール

に接続された受信トレイを介して送信されたEメールの場合、バウンスの詳細は、コンタクトタイムラインのEメールエンゲージメントで確認できます。HubSpot CRMから送信された1対1のセールスEメールのバウンスは、接続済みの受信トレイを経由して送信されるため、マーケティングEメールよりも表示される情報が少なくなります。完全なバウンス応答を含むバウンスバックEメールはご自身の受信トレイに届きます。

注:

  • HubSpotではGoogleとOffice 365の受信トレイのバウンス検出に対応していますが、ExchangeとIMAPの受信トレイへの対応は限定的です。ExchangeとIMAPについては受信トレイの設定が大きく異なるため、HubSpot側でバウンスを検出できない場合があります。
  • バウンスが発生したEメールへの直接の返信としてバウンスバックメッセージが送られた場合にのみ、HubSpot側でバウンスを検出できます。Mimecastなどのサービスではバウンス通知が個別のEメールとして送信されるため、HubSpotでのバウンス検出に支障が発生します。

バウンスの種類

ハードバウンスのエラーと推奨事項

送信済みのEメールのいずれかの受信者タブで、コンタクトにハードバウンスが発生した理由を確認できます。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング]>[Eメール]の順に進みます。
  • バウンスが発生したコンタクトが含まれるEメールの名前をクリックします。
  • [受信者]タブをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[バウンス]をクリックします。
  • 受信者をクリックして、バウンスが発生した理由の詳細を表示します。[理由]列で、受信者宛てのEメール配信を試みた際に発生した問題を確認できます。

email-recipient-bounce-reason-example

また、Eメールハードバウンスの理由プロパティでコンタクトの値を表示することもできます。 

注:コンタクトへのEメールがグローバルバウンスの対象であるときに、HubSpotアカウントからコンタクトへ送信したどのメールもハードバウンスしていない場合、[Eメール ハード バウンスの理由]プロパティーに値が関連付けられていません。

ソフトバウンスのエラーと推奨事項

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。