メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Account Settings

HubSpotユーザーを追加する

更新日時 2022年 9月 30日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotアカウント上でユーザーの追加と編集の権限を付与されているユーザーは、新規ユーザーの作成とユーザー権限のカスタマイズを行えます。

アカウントからユーザーを削除する方法についても説明します。

ユーザーの追加

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューから[ユーザーとチーム]を開きます。
  • 右上の[ユーザーを作成]をクリックします。
  • ユーザーは、次のどの方法でも追加することができます。
    • 追加するユーザーのEメールアドレスを[Eメールアドレスを追加]フィールドに入力します。複数のユーザーを同時に追加する場合は、それぞれのEメールアドレスを半角スペースで区切って入力します。次に、[次へ]をクリックします。
    • CSVファイルからユーザーをインポートします。Excelにユーザーの「Eメールアドレス」が記入された列を追加し、ファイルをCSV形式で保存します。[CSVファイル]をクリックしてから、インポートするCSVファイルをドラッグ&ドロップするか、[ファイルを選択]をクリックしてコンピューターのファイル一覧から選択します。次に、[次へ]をクリックします。

注:1つのCSVインポートで追加できるユーザー数は100人のみです。100人を超えるユーザーをインポートする場合は、複数のインポートを行う必要があります。  

    • Salesforceとの連携をオンにしている場合(ProfessionalとEnterpriseのみ)、Salesforceからユーザーをインポートすることができます。[Salesforceレコード]をクリックします。既定では、すべてのSalesforceユーザーがインポートの対象として選択されます。インポートしないユーザーの横にあるチェックボックスをオフにしてから、[次へ]をクリックします。

Create_a_user

ユーザー権限の設定

テンプレート化されたデフォルトの権限セット、保存された権限セット、またはゼロから始める権限セットを使用して、新しいユーザーの権限を設定することができます。複数のユーザーを追加した場合、選択したすべてのユーザーに権限が設定されます。

  • How do you want to assign permissions to this user? セクションで、ユーザーの権限を設定するために、次の権限セットオプションのいずれかを選択します。
    • デフォルトの権限セットでスタート:ユーザーのジョブに基づいたテンプレート化された権限セット。
      • [次へ]をクリックします。 
      • テンプレートの選択」ドロップダウンメニューをクリックし、以下のデフォルト権限セットのいずれかをクリックします。
        • スーパー管理者
        • 表示のみ
        • 標準ユーザー
        • CMS開発者
        • コンテンツマーケティング担当者
        • マーケティングマネージャー
        • セールスマネージャー
        • 営業担当
        • サービスマネージャー
        • サービス担当
  •  
    • 保存済みの権限セットを使用:権限セットを既に作成済みの場合、追加したユーザーに対して権限セットを選択すると、それらの権限が一括で付与されます。 
      • [次へ]をクリックします。
      • [権限セット]ドロップダウンメニューをクリックして、権限セットを1つ選択します。 
    • ゼロから始める:HubSpotの権限の内訳を確認し、新しいユーザーに許可するアクセスをカスタマイズします。
      • [次へ]をクリックします。
      • HubSpotで設定できる権限の詳細を参照し、新しいユーザーに許可するアクセスのカスタマイズをタブごとに行います。次に、[次へ]をクリックします。

招待Eメールの送信

  • 既定ではHubSpotから新しいユーザーに対し、パスワード設定リンクが記載された招待Eメールが送信されます。ユーザーがすでに別のアカウント上でHubSpotパスワードを設定している場合、[このユーザーがHubSpotに追加されたときに招待Eメールを送信しません]チェックボックスを選択することにより、招待Eメールの送信を省略できます。
  • 権限を参照し、[送信]または[追加]をクリックして、ユーザーにアカウントへのアクセス権を付与します。
  • 既存の権限セットに変更を加えた場合や、ゼロから新しく作成した場合、これらの権限を保存すると、新しいユーザーや既存のユーザーに同じアクセス権を割り当てることができます。 
    • [カスタム権限セットとして保存]チェックボックスをオンにします。 
    • テキストフィールドに、権限セット名を入力します。
    • [保存]をクリックします。
  • ユーザーをプライマリーチームに追加する場合は、[プライマリーチーム]ドロップダウンメニューをクリックし、チームを選択します。
  • ユーザーを他のチームに追加するには、「Additional teams 」ドロップダウンメニューをクリックし、他のチームの横にあるチェックボックスを選択します(Professionalと Enterpriseのみ)。
  • [適用]をクリックします。 
  • [完了]をクリックします。
  • Starterサブスクリプションをお持ちの場合は、「招待リンクをコピーする」をクリックして、ユーザー固有の招待リンクをコピーします。このリンクをあらゆるメッセージングチャネルで共有し、招待したユーザーをHubSpotアカウントに参加させることができます。

新しいユーザーに、パスワードを設定してログインできる招待Eメールが送信されます。新規ユーザーが5分以内にウェルカムメールを受け取らない場合は、以下のトラブルシューティングの手順を参照してください。

ユーザーがアカウントに追加され、パスワードを設定すると、リード割り当て通知などの通知を受け取ることができるようになります。ユーザーは、ログインして通知を管理できます。ログイン後、ユーザーは自分のプロフィールを設定することもできます。

招待メールがバウンスした場合のトラブルシューティング

チームメイトをHubSpotに招待したのに、受信トレイに招待メールが見当たらない場合は、入力したメールアドレスに問題があるか、ITチームに連絡してHubSpotからのメールがブロックされていないことを確認する必要があるかもしれません。

招待したユーザーが招待メールを受け取らなかった場合は、以下のトラブルシューティングをお試しください。

  • ユーザーに迷惑メールフォルダを確認するよう依頼する。
  • メールアドレスのスペルが正しいことを確認する。アドレスが正しく入力されている場合は、アドレスが作成され、アクティブになっていることを確認します。
  • ファイアウォールが有効で、HubSpotのメールが配信されない可能性があるかどうか、ITチームに確認してください。HubSpotの電子メールとIPアドレスにallowlistingを設定する方法について、詳しくはこちらをご覧ください。
  • 招待メールの初回配信に失敗した場合、HubSpotは対応するメールアドレスをブロックしますので、HubSpotサポートに連絡して、アドレスを手動で解除するためのサポートを受ける必要があります。

招待メールが配信されたにもかかわらず、上記の手順を踏んでもユーザーの受信トレイに見つからない場合は、パスワードのリセットメールを送信してアカウントへのアクセスを許可することができます。リセットの手順は、新規ユーザーがログイン画面から直接行うこともできます。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.