お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

E メールバウンスの種類

更新日時 4月 4, 2019

バウンスメッセージは配信不能レポート/レシート(NDR)とも呼ばれます。受信者の E メールサーバーからの自動メッセージで、E メール配信での特定の問題に関する詳細情報。送信されたマーケティング E メールの [受信者]タブで、バウンスタイプとサーバー応答に関する詳細が利用可能です。1 対 1 のセールス E メール、バウンスの詳細は、コンタクトタイムラインの E メールエンゲージメントで利用可能です。

バウンスのタイプ

  • ハードバウンス通常は永続的なエラーが表示されますが、厳格な E メールセキュリティフィルターによって発生することもあります。E メール送信者の信頼性を保護するために、HubSpot は今後の E メールからこれらのコンタクトを除外します。 
  • ソフトバウンス受信者サーバーの一時的な問題、または別の一時的な技術的問題を示します。ソフトバウンスの対象となるコンタクトは、今後の E メールを受信することができます。
  • ペンディングバウンス:送信または受信 E メールサーバーのいずれかで一時的な技術的問題が発生した。HubSpot は、最大 72 時間の E メールの送信を試みます。その時間にメッセージが配信されない場合、ソフトバウンスになります。
  • グローバルバウンス: 3 つ以上の HubSpot アカウントで恒久的な理由によるハードバウンス。パーマネントバウンスには E メールアドレスが無効で、メールボックスが一杯であることも含まれます。グローバルバウンスは、 すべての HubSpot アカウントで今後の E メールからドロップされます。

ハードバウンスのエラーと推奨事項

  • 受信者の E メールアドレスが無効であり、ミススペル、または着信 E メールをブロックする: これは無効な E メールアドレスによって発生する永続的なエラーを示します。 HubSpot はこの理由によりバウンスした場合、今後の E メールからコンタクトを自動的に削除します。この理由でコンタクトが 3 つの HubSpot アカウントでバウンスする場合、E メールアドレスはグローバルにバウンスします
  • 受信者のメールボックスがいっぱいです: これは、破棄された E メール受信トレイによる恒久的なエラーを示します。HubSpot は、この理由により、今後 E メールからコンタクトを自動的に削除します。 この理由でコンタクトが 3 つの HubSpot アカウントでバウンスされている場合、E メールアドレスはグローバルにバウンスされます。
  • 受信者の E メールセキュリティフィルターによって拒否されました:受信者のメールボックスに到達できません。HubSpot は今後のマーケティング E メールからこの理由により、コンタクトを 拒絶します。問題を解決するには、コンタクトに 送信 IP アドレスをホワイトリストに依頼し、HubSpot のコンタクトの バウンスを解消 します。

ソフトバウンスのエラーと推奨事項

  • 受信者の E メールの一時的技術問題: 受信者のサーバーが過負荷であったり、タイミングアウトしたり、あるいはメッセージを受け取ることができなくなるいくつかの構成変更が進行中である可能性があります。元の E メールの複製を作成し、後で影響を受けたコンタクトに送信する。 1 対 1 のセールス E メールでは、後でメッセージを再送信してください。

  • 受信者の E メールセキュリティフィルターによって拒否されました: 受信者のサーバーまたは HubSpot の送信 IP アドレスに一時的な問題があります。問題を解決するには、コンタクトに 送信 IP アドレスをホワイトリストに依頼する。次に、元の E メールの複製を作成し、後で影響を受けたコンタクトに送信します。 1 対 1 のセールス E メールでは、 後でメッセージを再送信してください。

  • IT チームは HubSpot を使用して 替りにE メールを送信することを承認していません。: IT チームは、HubSpot に含める必要があるカスタム DMARC ポリシーをセットアップしました。HubSpot で DMARC ポリシーを使用してドキュメントを送信するには、IT チームにご連絡ください。

  • 一時的な技術問題: 受信者の E メールサーバーまたは HubSpot の E メールサーバーに一時的技術問題がある可能性があります。元の E メールの複製を作成し、後で影響を受けたコンタクトに送信する。1 対 1 のセールス E メールでは、 後でメッセージを再送信してください。