メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CRM Setup

自分のアカウントでユーザーのエクスポートのログを表示する

更新日時 2021年 12月 7日

対象製品

すべての製品とプラン

ユーザーがHubSpotアカウントでレコードのエクスポートを作成すると、CRMのデータがエクスポートに抽出されます。このため、このようなエクスポートがどの時点で発生し、誰がエクスポートを開始したのかを理解する必要があることがあります。権限を持つユーザーはスーパー管理者パーミッションを持つユーザーは、エクスポート監査ログを表示したり、進行中のエクスポートをキャンセルしたりすることができます。

エクスポート監査ログを表示するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、「Import& Export」に移動します。
  • テーブルには、HubSpotアカウントからのエクスポートのリストが表示されます。
    • Name : エクスポートファイルの名前です。
    • ソース:エクスポートが発生した場所(例:連絡先のインデックスページでエクスポートが発生した場合は「連絡先」)。
    • Records : エクスポートされたレコードの数。
    • ユーザー:エクスポートを完了したユーザー。
    • 日付:レコードがエクスポートされた日付と時間。
エクスポートオーディット-1
  • エクスポートが進行中の場合は、エクスポートファイル名の下に「処理中」と表示されます。進行中のエクスポートをキャンセルするには、「エクスポートをキャンセル」をクリックします。エクスポートのステータスが「キャンセル」に設定され、ファイルのダウンロードができなくなります。
  • 完了したエクスポートファイルをダウンロードするには、エクスポートファイルの名前をクリックします。
  • エクスポートファイルをダウンロードしたユーザーのIPアドレスや閲覧した日付を表示するには、「履歴を見る」をクリックします。このオプションは、権限を持つ他のユーザーがスーパー管理者パーミッションを持つ他のユーザーがこのツールからファイルをダウンロードした場合にのみ表示されます。
Was this article helpful? *
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.