お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

1対1のEメールに登録解除リンクを追加する

更新日時 2020年 8月 25日

対象製品

すべての製品とプラン

自分のシーケンスを通じて送信されるEメールを含め、コンタクトから送信される1対1のEメールに、登録解除リンクを自分で追加することができます。受信者はこのリンクを使用して、そのようなあなたからのEメール受信をオプトアウトできます。

登録解除リンクを1対1のEメールに追加することにより、スパム法(CAN -SPAM、GDPR、CASLなど)へのコンプライアンスに向けて移行し、エンゲージメントしていない受信者をオプトアウトできるようにすることでEメールの到達可能性を改善することができます。

1対1のセールスEメールおよびシーケンスEメールに登録解除リンクを追加する 

登録解除リンクは、グローバルGDPR機能設定により、または個別ユーザーごとに追加することができます。

自分のHubSpotアカウントでグローバルGDPR機能設定を有効にしている場合、既定では、全ユーザーに対して登録解除リンクが含められます。しかし、これは個々のユーザー単位で上書きできます。つまり、ユーザーが1対1セールスEメールについて登録解除リンクを削除できます。

グローバルGDPR機能設定を有効にしないものの、自分のHubSpotユーザーアカウントから送信される1対1およびシーケンスEメールに登録解除リンクを追加する場合は、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにログインします。
  • HubSpotアカウントにて、右上に表示されるアカウント名をクリックし、[プロファイルと設定]をクリックします。
  • [CRMコミュニケーション]セクションで、[すべてのEメールをサブスクライブ解除するリンクを含める]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • [サブスクライブ解除リンクのテキストを選択]セクションで、セールスEメールに表示するフレーズの横にあるラジオボタンを選択します。ここでの設定は自動保存されます。

updated-sequences-unsub-link

これ以降、登録解除リンクがすべてのセールスEメールおよびシーケンスEメールの下部に含められます。コンタクトは、登録解除リンクをクリックすることにより、個人Eメール(1対1サブスクリプションタイプ)の登録を解除したり、あなたの会社からのすべてのEメールの登録を解除したりできます。

contact-subscription-options

:HubSpotセールスの拡張機能をインストールしている場合でも、GmailまたはOutlookから送信したEメールには登録解除リンクは追加されません。 

特定のEメールの登録解除リンクを編集する

1対1のEメールを送信したり、登録処理中にシーケンスEメールをパーソナライズしたりする際には、その特定の場合の登録解除リンクを編集することができます。

  • 登録解除リンクをクリックして、それを編集します。
    1. [Set a language(言語を設定)]:ドロップダウンメニューから言語を選択します。受信者にとって望ましい言語に変更することができます。
    2. [Choose a different unsubscribe link text(別の登録解除リンクテキストを選択)]:登録解除リンクのテキストの横にあるラジオボタンを選択します。しかし、新しい登録では、引き続き[プロファイルと設定]で選択した既定のフレーズになります。
    3. リンクを削除:受信者に贈られるシーケンスEメールの登録解除リンクを削除する場合にクリックします。通常、非商用目的のトランザクションメールとしてシーケンスメールを使用する場合にリンクを削除します。
  • [適用]をクリックします
これらの変更は特定のEメールにのみ適用されます。HubSpotで下書きする新しいEメールは、引き続き[プロファイルと設定]で設定した既定の設定に従います。
/jp/email/add-an-unsubscribe-link-to-my-one-to-one-emails