メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

HubSpotをSPFレコードに追加する

更新日時 2021年 6月 11日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

受信者のEメールサーバーで送信者ポリシーフレームワーク(SPF)を使用して、送信者の身元を確認します。Eメール サービス プロバイダーとしてのHubSpotには、共有サーバーから送信されるマーケティングEメールを対象とするSPFポリシーがすでに確立されています。

ドメイン認証をカスタマイズするためにDMARCポリシーを使用していない場合、またはすでに既存のSPFレコードがある場合、HubSpotをSPFレコードに追加する必要はありませんSPFレコードを更新する必要はありませんが、Eメール送信ドメインを接続することをお勧めします

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで[ウェブサイト][ドメインとURL]の順に進みます。
  • ページの下部にスクロールダウンし、[詳細オプション]をクリックします。
  • [SPFレコードをコピー]をクリックして、レコードをクリップボードにコピーします。
    • 新しい送信者として初めてSPFレコードを設定する場合、HubSpotからコピーした値に"v=spf1"を追加する必要があります。
    • 以前にSPFレコードを設定済みの場合は、SPFレコードのincludeの部分を更新して、HubSpotからコピーした値を含めるだけで済みます。

spf-record

DNSレコードに新しい値を追加する手順については、プロバイダーが提供しているドキュメントを参照してください(例えば、GoDaddy)。

SPFレコード全体を確認するには、Eメール送信ドメインをDmarcianのSPF Surveyorツールに入力します.HubSpotがSPFレコードに正しく含まれている場合、Hub IDがhubspotemail.netのサブドメインとして示されます(例:123456.spf00.hubspotemail.net)。

注:dmarcianなどの外部診断ツールでSPFアラインメントが0%としてレポートされることがありますが、DKIMおよびSPFが設定されていて、DMARCポリシーが「relaxed」モードに設定されている限り、EメールはHubSpotから配信されます。