メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

削除されたレコードを復元する

更新日時 2022年 6月 22日

対象製品

すべての製品とプラン

コンタクト、会社、取引、チケット、カスタム オブジェクト レコードが削除された後、90日以内であれば、ごみ箱を使用して復元できます。また、記録がいつ削除されたか、どのユーザーがそれを削除したかを確認することもできます。

コンタクトを復元すると、それに関連付けられていたデータの一部が失われます。例えば、復元されたコンタクトは、削除前にそれが含まれていた静的リストの中に表示されなくなります。コンタクトを削除した場合の影響を参照して、コンタクトが完全に削除された場合に失われるデータについてご確認ください。 

注:ユーザーがごみ箱を使用するには、アカウントアクセス権ユーザーの追加と編集権限が必要です。完全に削除する場合や、GDPR関連で項目を削除する場合、削除した項目はごみ箱に保持されません。GDPRに準拠して、直ちに完全に削除されます。

  • レコードに移動します。 
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [会社]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト: HubSpotアカウントで、取引先責任者> [カスタムオブジェクト]に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、カスタムオブジェクトの上にカーソルを置き、表示するカスタムオブジェクトを選択します。
  • 右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[[オブジェクト]を復元する]を選択します。ごみ箱が新しいブラウザータブまたはウィンドウで開きます。

  • 復元するレコードの名前の横にあるチェックボックスを選択します。日付フィールドを使用して、レコードがいつ削除されたかを指定したり、検索バーを使用して特定のレコードを検索したりできます。
  • ページ上のすべてのレコードを選択するには、テーブルの上部にあるチェックボックスをオンにします。

select-all-records-to-retore

  • 日付範囲内のすべてのレコードを選択するには、[この日付範囲のすべてのレコードを選択します]をクリックします。
  • 右上の[復元]をクリックします。

restore-record

  • ダイアログボックスで、復元するレコードのを入力してから[復元]をクリックします。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.