メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Lists

保存済みビュー、動的リスト、静的リストの相違点

更新日時 2022年 3月 31日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpot内には、レコードをセグメント化する複数の方法があります。保存済みビュー、動的リスト、静的リストの相違点について説明します。

保存済みビュー

保存済みビューはすべてのHubSpotの標準オブジェクト(コンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクト)に加えて、一部のHubSpot定義のオブジェクト(コール、マーケティングイベント、ターゲットアカウント)で使用できます。保存済みビューを使用すれば、オブジェクトのプロパティー値に基づいて各オブジェクトのインデックスページからデータベースのセグメントをすばやく表示できます。保存済みビューの作成方法をご確認ください。

リスト

リストはコンタクトと会社でのみ使用できます。独自のプロパティー値に加えて、リストを使用すれば別のオブジェクトのプロパティー値、ページビュー、フォーム送信、Eメールインタラクションなど、他の条件を使用してレコードをセグメント化できます。

リストには2つの種類があります。

  • 動的リスト:このリストは自動的に更新されるため、レコードは条件を満たすたびにリストに追加され、条件を満たさなくなるたびにリストから除外されます。例えば、動的リストは複数のEメールキャンペーンを特定の登録済みコンタクトの一部に送信する場合や、時間の経過に伴って条件を満たした新しいコンタクトでリストを更新する場合に使用できます。
  • 静的リスト:このリストは新しいレコードが条件を満たした場合や既存のレコードが条件を満たさなくなったときに更新されません。これは、リストが作成されて保存された時点で特定の要件のセットを満たしたレコードのスナップショットです。静的リストは、例えば展示会やウェビナーから収集されたコンタクトなど、特定の日時に一定の条件を満たしていたコンタクトまたは会社を把握するのに役立ちます。レコードを静的リストで手動で追加または削除することもできます。

リストはマーケティングEメール、ワークフロー、カスタムレポート、広告オーディエンス、顧客満足度アンケートなどの他のHubSpotツールで使用できます。リストの作成方法をご確認ください。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.