メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

CRMデータベースを管理する

更新日時 2023年 12月 15日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotアカウントの基盤は、CRM(顧客関係管理)と呼ばれる、ビジネス上の関係性とプロセスのデータベースです。以降のセクションで、CRMの主な構成要素の詳細と、HubSpotでCRMデータベースを管理する方法についてご説明します。

開始する前に、アカウントにログインしていることを確認してください。HubSpotへのログインについて詳細をご覧ください。

HubSpotアカデミーの動画レッスン「HubSpotのCRMを設定してビジネス成長を促す」でも、詳しくご説明しております。

オブジェクト、レコード、プロパティーの概要

HubSpotのCRMは主に、オブジェクト、レコード、プロパティーで構成されています。

  • オブジェクト:ビジネス上のさまざまな種類の関係とプロセスを表します。全てのHubSpotアカウントが、コンタクト、会社、取引、チケットという4つの標準オブジェクトを使用します。コミュニケーション製品見積もりなどの追加オブジェクトがあります。また、HubSpotサブスクリプションによっては、コール支払カスタムオブジェクトなどの追加オブジェクトもあります。全てのオブジェクトが同じフレームワークを使用しているため、オブジェクトのセグメント化やレポート作成が可能です。
  • レコード:オブジェクトの1つのインスタンスです。レコードのプロパティーに情報を保存し、やり取りをトラッキングできます。オブジェクト間のレコードを関連付けることで、その関連性を理解することができます。
  • プロパティー:レコードの情報を保存できるさまざまなフィールド(項目)です。アカウントには各オブジェクトの既定のプロパティーが含まれていますが、ビジネスニーズに基づいて、カスタムプロパティーを作成することもできます。

例えば、John Doeはコンタクトレコードであり、彼のEメールjohndoe@email.comは「Eメール」コンタクト プロパティーに保存されます。彼の所属する会社「Orange Inc.」は会社レコードであり、これが「鈴木一郎」のコンタクトレコードと関連付けられています。仮に鈴木さんが営業チームやカスタマーサポートチームとやりとりするようになったら、取引とチケットを作成し、鈴木さんおよび彼の会社の両方に関連付けることができます。また、Eメールやコールなど、鈴木さんと行った全てのやりとりをレコードに記録することもできます。

既存のオブジェクトの関係とデータをより深く理解するため、使用しているデータモデルの概要を確認する方法を学びましょう。

レコードを作成、インポートする

レコードをHubSpotに追加するには、複数の方法があります。手動で作成したり、他のシステムから一括でインポートしたりできます。インポートする場合、1つのオブジェクト(例えばコンタクト)からレコードをインポートすることも、複数のオブジェクト(例えばコンタクトと会社)からレコードをインポートして関連付けることもできます。さらにHubSpotのデータ同期を使用すると、HubSpotと他のさまざまなプラットフォームの間で双方向データ同期をセットアップできます。

プロパティーを管理する

プロパティーを使用すると、HubSpotのレコードに関して収集したさまざまな種類の情報を保存できます。この情報により、HubSpotデータベースでセグメント化、トラッキング(追跡)、レポートを行うことができます。HubSpotの標準オブジェクトごとに既定のプロパティーセットがあり、そのオブジェクト内の全てのレコードに自動適用されます。またカスタムプロパティーを作成して、レコードに関する追加の情報を保存することもできます。 

レコードを表示してセグメント化する

HubSpotの各オブジェクトにはインデックスページ(一覧)があり、そのオブジェクト内の全てのレコードが表示されます。各インデックスページでは、プロパティー値に格納された情報に基づいてレコードを絞り込みし、そのフィルターを再訪可能なビューとして保存することができます。例えば、過去90日間に連絡していないコンタクトを全て表示するようにコンタクトのインデックスページを絞り込むことができます。リスト機能を使用すると、プロパティー値だけでなく、追加の条件オプションに基づいてコンタクトや会社を絞り込むこともできます。

レコードを編集してアクティビティーをログに記録する

レコードごとに、各プロパティーに保存されている情報を表示および編集することができます。レコードにはサイドバーとプレビューカードがあり、表示するプロパティーをカスタマイズして選択することができます。また、コール、ミーティング、Eメール、タスク、メモなど、全てのアクティビティーのタイムラインを確認することもできます。HubSpotの一部のプロパティーとアクティビティーは自動的に更新され、ログに記録されますが、手動でプロパティー値を編集したり、アクティビティーを追加したりすることもできます。 

レコードを関連付ける

レコードを関連付けると、さまざまなオブジェクトのレコード間の関係をトラッキングできます。例えば、1つの会社に複数のコンタクトがある場合、すべてをその会社に関連付けることができます。ご利用のアカウントでProfessionalまたはEnterpriseエディションを契約されている場合は、レコード間の関係を定義する関連付けラベルを作成することもできます。

レコードをカスタマイズする

各レコードには、プロパティー情報、関連付けられたレコード、およびリストやレポートなど他のツールでのレコードの使用方法が表示されるセクションがあります。アカウントのユーザーが最も有用な情報にアクセスできるように、オブジェクトごとにどのプロパティー、関連付け、およびツールが表示されるかをカスタマイズすることができます。アカウントにチームを設定している場合、特定のチーム用にレコードの見え方をカスタマイズすることもできます。

HubSpotのコミュニティーに参加する

他のユーザーたちと繋がってHubSpotツールをもっと活用するには、HubSpotコミュニティーに参加してください。他のユーザーの例を参照し、エキスパートからヒントやアドバイスを得て、よくある問題のトラブルシューティング方法を学び、製品チームにフィードバックを提出することができます。 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。