メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

CRMデータベースを管理する

更新日時 2022年 8月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotアカウントの基盤は、ビジネス上の関係とプロセスを格納するCRM(顧客関係管理)というデータベースです。以下では、CRMの主なコンポーネントと、HubSpotでCRMデータベースの管理を開始する方法について詳しく説明します。

開始する前に、アカウントにログインしていることを確認してください。HubSpotへのログインについて詳細をご覧ください。

詳細なビデオトレーニングについては、HubSpotアカデミーでHubSpot CRM for Growthを設定してください。

オブジェクト、レコード、プロパティーの概要

HubSpot CRMの主なコンポーネントは、オブジェクト、レコード、プロパティです。

例えば、John Doeはコンタクトレコードであり、彼のEメールjohndoe@email.comは「Eメール」コンタクト プロパティーに保存されます。彼の会社であるOrange Inc.は、John Doeの連絡先レコードに関連するレコード会社です。ジョンがあなたの営業チームやサポートチームとやり取りするとき、あなたはジョンと彼の会社の両方と取引やチケットを作成し、関連付けることができます。また、メールや電話など、ジョンとのやり取りを記録に記録することもできます。

レコードの作成とインポート

レコードは、複数の方法でHubSpotに追加できます。手動で作成したり、他のシステムから一括でインポートしたりできます。インポートする場合、1つのオブジェクト(例えばコンタクト)からレコードをインポートすることも、複数のオブジェクト(例えばコンタクトと会社)からレコードをインポートして関連付けることもできます。HubSpotデータ同期を使用して、HubSpotと他のさまざまなプラットフォーム間の双方向データ同期を設定することもできます。

プロパティーを管理する

プロパティーを使用すると、HubSpotのレコードに関して収集したさまざまな種類の情報を保存できます。この情報により、HubSpotデータベースでセグメント化、トラッキング(追跡)、レポートを行うことができます。HubSpotの各標準オブジェクトには、そのオブジェクト内のすべてのレコードに適用される独自の既定のプロパティのセットがあります。またカスタムプロパティーを作成して、レコードに関する追加の情報を保存することもできます。 

レコードの表示とセグメント化

HubSpotの各オブジェクトにはインデックスページがあり、そのオブジェクト内のすべてのレコードがそこに表示されます。各インデックスページで、プロパティ値に保存されている情報に基づいてレコードをフィルタリングし、フィルタを再表示できるビューとして保存できます。たとえば、連絡先インデックスページをフィルタリングして、過去90日間に連絡がなかったすべての連絡先を表示できます。リストツールを使用すると、プロパティ値とその他の基準オプションに基づいて連絡先と会社をフィルタリングできます。

レコードとログアクティビティの編集

各レコードについて、各プロパティに保存されている情報を表示および編集できます。レコードにはサイドバーとプレビューカードがあり、レコードに表示されるプロパティを選択するようにカスタマイズできます。通話、会議、電子メール、タスク、メモなど、すべてのアクティビティのタイムラインを表示することもできます。HubSpotの特定のプロパティとアクティビティは自動的に更新され、ログに記録されますが、プロパティの値を編集してアクティビティを手動で追加することもできます。 

レコードを関連付ける

レコードを関連付けると、さまざまなオブジェクトのレコード間の関係をトラッキングできます。例えば、1つの会社に複数のコンタクトがある場合、すべてをその会社に関連付けることができます。アカウントにプロフェッショナルサブスクリプションまたはエンタープライズサブスクリプションがある場合は、関連付けラベルを作成して、レコード間の関係を定義することもできます。

HubSpotのコミュニティーに参加する

他のユーザーたちと繋がってHubSpotツールをもっと活用するには、HubSpotコミュニティーに参加してください。他のユーザーの例を参照し、エキスパートからヒントやアドバイスを得て、よくある問題のトラブルシューティング方法を学び、製品チームにフィードバックを提出することができます。 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.