メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpotに接続してデータを同期する

更新日時 2023年 1月 31日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotデータ同期を使えば、、HubSpotと他のアプリの間で一方向または双方向の同期を行い、すべての顧客データを1つのプラットフォームで統一することができます。アプリによっては、コンタクト、会社、取引、商品、請求書、アクティビティをデータ同期することができます。

データ同期を使用するアプリの詳細を参照してください。

連携の要件

連携アプリを接続する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコンmarketplace ]をクリックし、[アプリマーケットプレイス]を選択します。
  • 検索バーでアプリ名を入力し、検索結果をクリックします。 
  • 右上の[アプリをインストール]をクリックします。
  • ダイアログボックスで[次へ]をクリックし、アプリのアカウントにログインします。
  • アクセス許可を求める画面が表示されるので、内容を確認して[許可]をクリックします。HubSpotの設定からアプリのページにリダイレクトされます。

同じサードパーティーアプリの複数のインスタンスをHubSpotに接続することが可能です。例えば、2つのMicrosoft Dynamicsアカウントを管理している場合、1つのHubSpotアカウントで両方のアカウントのデータを接続・同期することが可能です。追加アカウントを接続するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • アプリの名前をクリックします。 
  • Actions > Manage accountsをクリックします。 
  • 右側のパネルで[別のアカウントを接続]をクリックします。 
  • アプリをHubSpotに接続する手順を進めます。 

データ同期を有効にする

接続後、アプリの設定を行い、同期をオンにすることで、2つのインテグレーション間のデータ同期を開始することができます。 

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • アプリをクリックします。
  • [同期をセットアップ]をクリックします。
  • 同期するオブジェクトの選択」ページで、同期するオブジェクトを選択し、「次へ」をクリックします他のアプリとのコンタクトおよびリードの同期の詳細を参照してください。

同期の方向を設定する

Configure画面で、同期方向を選択し、サードパーティアプリのフィールドをHubSpotのプロパティーにマッピングします。 

同期方向の選択では、HubSpotからサードパーティアプリへのデータの同期方法、またはその逆を決定します。3つのオプションがあります。 

  • アプリ間のデータ同期:すべての新規および更新されたオブジェクト情報は、2つのアプリ間で同期されます。両プラットフォームに既に存在するレコードについては、プロパティーがマージされます。 
  • サードパーティーアプリからHubSpotにのみデータが同期されます。
  • データはHubSpotからサードパーティーアプリにのみ同期されます。

Resolve data conflictsセクションで、ドロップダウンメニューをクリックし、データの不一致がある場合に他を上書きするデフォルトアプリを選択します。デフォルトアプリでフィールド値がない場合、サードパーティアプリでデータは変更されません。この設定は、「同期の方向を選択する」で選択した同期の方向を覆すものではありません。

data-syc-resolve-conflict

フィールドマッピングを確認

フィールドのマッピング」セクションでは、デフォルトのプロパティのマッピングと、HubSpotとサードパーティアプリの間で情報が同期される方法を確認します。有料の場合オペレーションハブサブスクリプションをお持ちの場合、プロパティーにカスタムマッピングを設定することができます。

マッピングをオフにするには、クリックしてトグルをオフにします

トグル

カスタムフィールドマッピングを設定するには

  • Add a mapping をクリックします。  
  • ドロップダウンメニューを使用して、マッピングするサードパーティーアプリとHubSpotのプロパティーを選択します。
  • success[更新]をクリックします。
data-sync-custom-mapping
  • カスタムマッピングをオフにするには、スイッチをクリックしてオフにします。 

データ同期のフィールドマッピングに関する具体的なルールと注意事項については、こちらをご覧ください。 

同期ルールを設定する

Limit画面で、HubSpotからサードパーティアプリにレコードを同期する方法、またはその逆を設定します。

既定では、有効なEメールアドレスがあるコンタクトのみを同期するよう設定されています。これを変更にするには、[重複の可能性を低くする]セクションで、[Eメールアドレスがあるコンタクトのみを同期]のチェックボックスをオフにします。

最初の同期中に、HubSpotは両方のデータベースを比較します。一致が検出されると、既存のレコードが更新されます。データ同期では、最初にコンタクトのEメールアドレスを照合し、続いて会社のEメールアドレス、名前、ドメインを比較して、コンタクトレコードの一致を検出します。

会社レコードの場合、データ同期では、会社名またはドメイン名に基づいて各アプリの会社レコードが照合されます。一部のアプリにはドメインフィールドがないため、一部のコネクターでは名前のみをメインの識別子として使用できます。 

注:アプリに会社名とドメインの両方のフィールドがある場合、HubSpotは会社名が同じでもドメインが異なれば2つのレコードを照合し、その逆の場合は照合しません。

[同期するレコードを制限]セクションで条件を選択して、HubSpotからサードパーティーアプリ(またはサードパーティーアプリからHubSpot)に同期するレコードを制限します。 

レコードを関連付ける

HubSpotは、接続した元のアプリとの同期中に、可能な限りレコード間の同じ関連付けを維持しようとします(会社とコンタクトとの関連付け、取引と会社との関連付けなど)。

他のアプリから同期しているコンタクトに関連付けられているレコードを表示するには、次の手順に従います。

  • 任意のオブジェクト同期のActionsドロップダウンメニューをクリックし、Edit sync settingsを選択します。 
  • 設定 ]をクリックします。
  • [フィールドのマッピング]セクションで、[すべてのマッピング]ドロップダウンメニューをクリックし、[関連付けのマッピング]を選択します。 
  • サードパーティーアプリから同期しているレコードと、そのオブジェクトへの関連付けが表示されます。 

関連レコードは、同じオブジェクトに対して同期が実行されている場合にのみ作成されます。例えば、コンタクトの同期のみで会社の同期がない場合、関連付けられた会社は同期されなくなります

レコードに複数の会社の関連付けがある場合、主要な会社のみが同期されます。 

注意:ほとんどの場合、データ同期では請求書とコンタクトの自動的な関連付けしかできません。請求書は、HubSpotの会社レコードに手動で関連付けする必要があります。

ルールの確認と同期の開始

[確認]画面で、設定したルールを確認し、[保存して同期]をクリックします。その後、初回の同期が開始されます。

データ同期処理

初回の同期が完了すると、変更後10分以内にレコードが同期されます。 

削除されたレコードの再同期

HubSpotまたはサードパーティアプリのいずれかでレコードを削除した場合、削除したレコードを再同期して、どちらのアプリでも再作成することができます。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • アプリをクリックします。
  • 失敗」列で、同期に失敗しているレコードの数をクリックします。 
  • 右側のパネルで、「アクション」をクリックします。
  • HubSpotで削除されたレコードを再同期する]または[サードパーティアプリ]で削除されたレコードを再同期する]のいずれかを選択します。
再同期削除

  • すべて再同期]をクリックします。 

データ同期を無効にする

データの同期を無効にすることで、アプリとHubSpotの間でレコードを同期しないようにできます。
  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • アプリをクリックします。
  • アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、[ 同期をオフにする]を選択します。

turn-off-sync

  • ポップアップボックスで、[同期を無効化]をクリックします。

同期を無効にしたら、[同期設定を編集]をクリックして再度有効にするか、または同期を削除することができます。

 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.