メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

レコードを一括で編集する

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotでは、レコードを一括編集できます。一括編集または削除できるレコードには、コンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクト、コールが含まれます。

例えば、レコードを一括編集することにより、次のことが可能です。

  • レコードをユーザーに割り当てる
  • 複数のレコードのプロパティー値を編集する
  • レコードに関連付けられたタスクを作成する
  • レコードを静的リストに追加する(コンタクトと会社のみ)

オブジェクトのインデックスページからのレコードを編集する

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[会社]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、[セールス]>[取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス]>[チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[カスタムオブジェクト]の順に進み、カスタムオブジェクトを選択します。
    • コール:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コール]の順に進みます。
  • 編集するレコードを選択します。のビューを適用して、編集したいレコードを絞り込むことができます。

  • 複数の個別レコードを選択するには、次の手順に従います。
    • リストビューで、レコードの横にあるチェックボックスをオンにします。
    • 取引、チケット、またはカスタムオブジェクトのボードビューで、レコードの上にマウスポインターを置き、チェックボックスをオンにします。1つのレコードカードが選択されると、残り全てのカードのチェックボックスが表示されて選択可能になります。

bulk-edit-board-view

  • 現在のページまたはパイプライン上のレコードを全て選択する場合は、テーブルまたはボードの左上にあるチェックボックスをオンにします。リストビューで、ビュー内のレコードを全て選択するには、[[件数]件の[レコード]を全て選択]リンクをクリックします。

  • テーブルの一番上で、以下を選択します。

      • 表示されるフィールドに、選択したプロパティーの新しいを入力するか選択します。複数選択プロパティーの場合、次のように操作します。

        • 既存の値を維持したまま新しい値を追加するには、[現在の値に追加]を選択します。
        • 既存の値を上書きする場合は、[現在の値を置換]を選択します。
      • [更新]をクリックします。テキストまたは単一選択のプロパティーの場合、これによりそのレコードのプロパティーに格納されている既存の値が上書きされます。

    • Delete:select todelete the records .これは復元可能な削除です。ダイアログボックスで、削除するレコードのを入力し、[削除]をクリックします。複数のレコードを削除するには、ユーザーには一括削除権限が必要です。

    • タスクを作成:選択したレコードごとにタスクを追加する場合は、このオプションを選択します。右のパネルで、の値からを入力し、タスクを作成する。他のページにあるレコードを含め、すべてのレコードが選択されているとしても、このオプションで作成されるのは、現在のページで選択されているレコードに関するタスクのみです。

注:カスタムオブジェクトを編集およびコールレコードで利用可能な一括アクションは、編集および削除のみです。

  • 会社レコードの場合、テーブルの上部でさらに[静的リストに追加]も選択できます。ダイアログボックスで、[検索]ドロップダウンメニューをクリックし、会社を追加する対象の静的リストを選択してから[追加]をクリックします。

  • コンタクトレコードの場合、テーブルの上部では以下のオプションも選択できます。

インポートによりレコードを編集する

インポートでレコードを一括更新することもできる。インポートファイルには、次のデータを含めます。

  • 既存のレコードのユニークID ( コンタクトの場合はEメール名 , 会社名の場合は会社ドメイン名 , [オブジェクト] ID任意のオブジェクトの場合)
  • 更新するプロパティー(レコード一括割り当ての場合の「担当者」列、コンタクトのライフサイクルステージを一括更新する場合の「ライフサイクルステージ」列)とその値

更新したいレコードをファイルに設定したら、ファイルをインポートする。

ワークフローによりレコードを編集する

「Professional」または「Enterprise」のアカウント内のユーザーは、ワークフローを使用することにより、複数のレコードのプロパティー値を設定することができます。ワークフローアクションでプロパティーを管理する方法をご紹介します。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。