メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

コンタクトのメッセージング配信登録の管理

更新日時 2024年 2月 27日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

コンタクトの配信カテゴリーを表示・管理する方法について .Eメール設定を管理するには、マーケティングEメールのフッターにあるリンクを使用します。You can also send contacts a link to manage their own subscription preferences.

注:Eメール配信登録設定は、コンタクトではなく、Eメールアドレスに関連付けられます。例えば、Eメール通信をオプトアウトしたコンタクトを削除すると、同じEメールアドレスで作成された新しいコンタクトもオプトアウトされます。

個別のコンタクトの配信登録を管理する

コンタクトレコードでコンタクトを確認し、手動で配信登録または配信停止を行うことができます。
  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左のサイドバーの[コミュニケーションの配信登録]セクションで、[配信登録を表示]をクリックします。
  • 右側のパネルの[サブスクリプション]タブに、コンタクトの現在のサブスクリプションのリストが表示されます。
    • ビジネスユニット追加オプション()を購入した場合、コンタクトのサブスクリプションをビジネスユニットでフィルターすることができます。[ビジネスユニット]ドロップダウンメニューをクリックして、ビジネスユニットを選択します。
    • [履歴]タブをクリックすると、コンタクトのサブスクリプションアクティビティーの履歴を確認できます。

manage-contact-subscriptions-panel

  • 特定の配信カテゴリーにコンタクトを手動で登録または再登録するには:
    • サブスクリプションタイプの上にマウスポインターを置いて、次の操作を行います。
      • コンタクトがサブスクリプションに関するEメールの受信をまだ設定していない場合は、[配信登録]をクリックします。
      • コンタクトが配信カテゴリーに関するEメールの受信を以前オプトアウトした場合は、[再配信登録]をクリックして再登録できます。
    • [コミュニケーションの配信カテゴリー]ドロップダウンメニューをクリックして、配信カテゴリーを選択します。
    • コミュニケーションの法的根拠を選択し、コミュニケーションについての同意の説明を入力します。また、データベースでコンタクトの詳細を追跡して保存する処理の法的根拠を追加する必要もあります。
    • [保存]をクリックします。
  • コンタクトの配信登録を手動で解除する場合は、配信登録の上にマウスポインターを置いて[配信解除]をクリックします。

配信登録を一括更新する

配信登録タイプにコンタクトを一括で登録したり、ワークフローで自動的に登録したりすることができます。

注: WhatsAppの契約タイプを一括で更新することはできません。個別のコンタクトをWhatsAppコミュニケーションにオプトインする方法をご確認ください。

コンタクト・ホームページの配信登録の更新

コンタクトの配信登録タイプは、コンタクトのホームページで一括更新できます。HubSpotアカウントでユーザーが手動で追加した全てのEメールステータスのオプトアウトを削除することもできます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • 配信登録を更新したいコンタクトの横にあるチェックボックスを選択します。
  • [その他]ドロップダウンメニューをクリックしてから、[コミュニケーションの配信登録を編集]を選択します。

edit-communication-subscriptions-contacts-index-page

    • データプライバシー設定をオンにしている場合は、コンタクトとコミュニケーションするための法的根拠を1つ選択します。また、データベースでコンタクトの詳細を追跡して保存する処理の法的根拠を追加する必要もあります。
    • そのコンタクトに関してコミュニケーション同意の説明を入力します。
    • Finish をクリックする。

ワークフローを使用してコンタクトの配信登録ステータスを更新する(「Professional」および「Enterprise」のみ)

アカウントにProfessionalまたはEnterpriseの配信カテゴリーがある場合、コンタクトベースワークフローを使用して、コンタクトを一括でコミュニケーション配信カテゴリーにオプトインできます。

注:コンタクトが以前に配信登録からオプトアウトしている場合、その配信登録をワークフローで追加することはできません。このことは、コンタクトがオプトアウトした場合や、HubSpotユーザーまたはワークフローによって配信停止された場合にも該当します。

コミュニケーション設定を管理する。

  • [保存]をクリックします。

配信登録からコンタクトをオプトアウトする

データプライバシー設定無効にした場合、コンタクトからの明示的なオプトインがなくても、コンタクトにマーケティングEメールを送信できるようになります。 HubSpotは、コンタクトがメーリングリストから自らオプトアウトした場合に追跡しますが、手動でコンタクトをオプトアウトすることも、インポートによってコンタクトのリストをオプトアウトすることもできます。

注:それぞれの状況に適したコンプライアンス上のアドバイスについては、自社の法務部門にご相談ください。

オプトアウトしたコンタクトのプロパティー

アカウントでデータプライバシー設定が有効になっていない場合、コンタクトのメールをオプトアウト済みプロパティーを確認できます:

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左側のパネルで、[全プロパティーを表示]をクリックします。
  • 右側の[プロパティーを検索]検索バーに「オプト」と入力します。アカウント内の各Eメールタイプの[Eメールをオプトアウト]プロパティーと、[すべてのEメールを配信解除済み]プロパティーが表示されます。

opt-out-contact-properties

    • コンタクトが特定の配信カテゴリー(デフォルトのHubSpot ブログ配信登録など)から配信停止した場合、対応するプロパティーには値「Yes」値が設定されています。
    • コンタクトがすべてのコミュニケーションを配信登録解除した場合は、「全てのEメールを配信解除済み」プロパティーに値「true」が設定されています。

注:全てのEメール配信を停止済みコンタクトプロパティーが true の場合:

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。