メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

関連付けラベルの作成と使用

更新日時 2024年 4月 9日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Professional , Enterprise
Sales Hub   Professional , Enterprise
Service Hub   Professional , Enterprise
Operations Hub   Professional , Enterprise
Content Hub   Professional , Enterprise

HubSpotアカウントでは、関連付けレコードデータベースで関連付けることができます。また、ラベルの関連付け、関連レコード間の関係を指定することができる。

全てのHubSpotアカウントでは、会社用のプライマリーラベルを使用できますが、ProfessionalおよびEnterpriseサブスクリプションを持つアカウントでは、カスタムラベルを作成できます。関連付けラベルは、コンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクトなど、全てのCRMオブジェクト間の関連付けを記述することができます。例として、以下のような場合が挙げられます。

  • コンタクトは、ある会社の「マネージャー」であると同時に、別の会社の「元従業員」でもある場合があります。
  • 取引には、「意思決定者」や「請求先コンタクト」など、複数のコンタクトが関連付けられている場合があります。
  • 2つのオフィス所在地が関連付けられ、一方は本社であり、もう一方は地域オフィスである。
  • パートナーコンタクト、パレンタル、子のラベルがあり、同じファミリーの複数のコンタクトが関連付けされています。

システム内の関連付けを自動化する場合は、HubSpotアプリマーケットプレイスでオペレーション関連アプリの詳細をご覧ください。

関連付けラベルの作成

スーパー管理者の権限を持つユーザは、カスタム関連付けラベルを作成できる。ラベルは1つのオブジェクトペア([コンタクト]→[取引]、[コンタクト]→[コンタクト]など)につき50個まで作成できます。

関連付けラベルを作成するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、「オブジェクト」に移動し、関連付けラベルを作成したいオブジェクトを選択します。
  • [関連付け]タブをクリックします。
  • [関連付けラベルを作成]をクリックします。
  • 右側のパネルで、次の操作を行います。
    • 関連付けしているオブジェクトドロップダウンメニューをクリックし、ラベルを作成するその他のオブジェクト関係を選択します(例:[取引][コンタクト])。
    • 作成するラベルの種類を選択します:
      • 単一のラベル : 関連付けされたレコードは同じように関連しているので、ラベルは両方のレコードに適用できる(例:同僚、パートナー)。
      • ラベルのペア : 関連付けされたレコードの関係のそれぞれの側を説明するために異なる単語が使用されるので、2つの別々のラベルが必要である(例えば、ManagerとEmployee、ParentとChild、HeadquartersとRegional Office)。片方のレコードにラベルを設定すると、関連付けされたレコードは自動的にペアのもう片方のラベルに設定される。ペアのラベルは、カスタムラベルの上限10枚に対して1枚としてカウントされます。
    • ラベルの名を入力する。
ペアラベルの作成
    • ラベルの内部名を編集するには、ラベルの下にあるedit 鉛筆アイコンをクリックします。内部名は、連携やAPIに使用されます。ラベルが作成された後で、内部名を編集することはできません。
    • 下部にある[作成]をクリックします。
  • ラベルを作成したら、レコードに移動してページを更新する。ラベルが表示され、選択可能になります。

関連付けラベルを管理

既存の関連付けラベルを編集または削除できるほか、ラベルの履歴およびAPIの詳細を表示することもできます。既存の関連付けラベルを管理するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで[オブジェクト]に移動し、関連付けラベルを作成するオブジェクトを選択します。
  • [関連付け]タブをクリックします。
  • 「オブジェクトの関連付けを選択」ドロップダウンメニューをクリックし、ラベルを表示する関連付けを選択します(例:[取引][コンタクト])。また、[絞り込み条件]ドロップダウンメニューを使用して、カーディナリティー(1対多または1対1)あるいはラベルを作成したユーザーに基づいてラベルを絞り込むこともできます。 
  • ラベルを編集するには、ラベルにカーソルを合わせ、ラベルの編集をクリックします。右側のパネルで、ラベルの名前を編集して[保存]をクリックします。

関連付けラベルを管理する

  • 関連付けラベルを編集に制限を設定するには、ラベルにカーソルを合わせ、制限を編集をクリックする。
  • ラベルを削除するには、ラベルにカーソルを合わせ、Moreをクリックし、Deleteを選択します。削除したラベルを復元できないことを確認するチェックボックスを選択し、[削除]をクリックして確定します。ラベルがレコード内または他のHubSpotツールで使用されている場合は、削除する前にそれらのアセットからラベルを除去する必要があります。ラベルが使用されている場所を表示するには、次の手順に従います。
    • [削除]の上にカーソルを置き、ポップアップボックスで[関連付けラベルが使用されている自動化を表示]をクリックします。
    • 右側のパネルで、レコードまたはツールの名前をクリックし、ラベルを使用しているアセットに移動します。
  • 関連付けラベルの履歴を表示するには、ラベルにカーソルを合わせ、「続きを表示」をクリックし、「履歴を表示」を選択する。ダイアログボックスで、ラベルの作成方法、適用されるオブジェクトのリレーションシップ、いつ作成されたか、どのユーザーを作成したか、変更のタイムラインを表示します。
  • ラベルのAPI情報を表示するには、ラベルにカーソルを合わせ、「続きを表示」をクリックし、「APIの詳細を表示」を選択する。ダイアログボックスで、ラベルのビュー名、逆名、内部名、制限、カテゴリ(HubSpot定義のラベルかカスタムか)、関連付けタイプIDを表示します。これらの値の使用方法については、associations APIをご覧ください。
    • 内部値をコピーするには、duplicateコピーアイコンをクリックする。
    • すべての値をコピーするには、クリップボードにコピーをクリックする。

レコードの関連付けラベルの設定または更新

レコード上で、関連付けラベルを追加または削除できます。また、、インポートによって関連付けラベルを一括設定することもできる。ラベルを持つ新規関連付けを追加したり、レコードのプライマリーの会社を更新するには、を追加したり、関連付けを編集する方法をご覧ください。

個々の関連付けに対してラベルを更新するには:

  • 更新したい関連付けを持つレコードに移動する。
  • 既存の関連付けに対してラベルを追加または編集するには、関連付けカードにカーソルを合わせて[その他]をクリックし、[関連付けラベルを編集]を選択します。

manage-associations

  • 表示されるダイアログボックスで、次の操作を行います。
    • ラベルを追加するには、ドロップダウンメニューをクリックし、目的のラベルを選択します。
    • ラベルを削除するには、ラベルの横にある[X]をクリックします。

edit-association-label-dialog-box

HubSpotツールで関連付けラベルを使用する

レコード間の関連付けを記述する関連付けラベルを作成したら、新規または既存の関連付けに関連付けラベルを追加することができます。レコードに追加することもできます。インポートで一括追加することもできます。。リスト、ワークフロー、カスタムレポートなどのHubSpotツールでは、これらのラベルで絞り込みを行うことができます。 

関連付けラベルは、 HubSpotとSalesforceの連携による同期には対応していません。 しかし、 、関連付けを更新する前に、 HubSpotとSalesforce間のレコードの同期方法を理解することをお勧めします。 。

リストで関連付けに基づいて絞り込む

コンタクトや会社ベースのリストを作成する際、関連付けに基づいてレコードを絞り込みすることができます。コンタクトベースのリストでは、コンタクトのプライマリー会社の関連付けに基づいて絞り込むことができます。「Professional」および「Enterprise」アカウントのユーザーは、関連付けラベルによってリストのレコードを絞り込みすることもできます。

  • リストを作成または編集します。
  • +フィルターを追加をクリック。
  • 「絞り込みの基準」ドロップダウンメニューをクリックし、「関連付けられたオブジェクト」セクションからオブジェクトを選択します(例:コンタクトベースのリストで、「会社」を選択すると、コンタクトの関連付けに基づくフィルターが適用されます)。
  • カテゴリーを選択フィルター,それから条件を設定.
  • デフォルトでは、関連付けされたレコードが条件に合う場合、リストにレコードが含まれます。
  • プライマリー[オブジェクト]の関連付けまたはカスタム[関連付け]ラベルに基づいて基準を設定するには、[オブジェクト]が関連付けられている:いずれかの[オブジェクト]をクリックし、ラベルをドロップダウンメニューから選択します。これは、そのラベルとの関連付けのみに基づいてレコードを絞り込むので、リストには、関連レコードがそのラベルを持つレコードのみが含まれますそのレコードは条件を満たしています。

関連付けラベル・イン・リスト

リストの作成について詳しくはこちら .

ワークフローで関連付けラベルを使用する

関連付けラベルを作成したら、ワークフロー内で登録や特定のアクションをトリガーするためにそれらを使用できます。例えば、関連付けられているプライマリー会社の属性に基づいて、自動的にEメールをコンタクトに送信したり、、取引が異なる取引ステージに移動した場合、、自動的にその取引のステージを更新することができます。

フォローしない(No follow):

登録トリガー

登録トリガーを設定する場合、[コンタクト][会社][案件][チケット]、またはカスタムオブジェク トベースのワークフローで関連付けラベルを使用することができます。関連付けラベルに基づいてトリガーを設定するには、次の手順に従います。

  • ワークフローを作成します。 
  • 「トリガーを設定」をクリックする。
  • 左のパネルでフィルター条件への適合時をクリックする。
  • +フィルターを追加をクリックします。
  • 「絞り込みの基準」ドロップダウンメニューをクリックし、「関連付けられたオブジェクト」セクションで、関連するオブジェクトを選択します。
  • プロパティーを選択し、絞り込み条件を設定します。
  • 既定では、フィルターはいずれかの[オブジェクト]に基づいて行われる。これは、関連付けされたレコードのいずれかが条件を満たした場合に、そのレコードが登録されることを意味する。
  • 関連付けラベルに基づいて基準を設定するには、[「オブジェクト」] is associated to をクリックします:いずれかの[オブジェクト]をクリックし、ドロップダウンメニューでラベルを選択します。これは、そのラベルとの関連付けのみに基づいてレコードを登録することを意味し、ワークフローの、そのレコードが基準を満たしている関連レコードがある場合にのみレコードを登録することになる。

同一オブジェクト関連付け-ワークフロー登録

  • トリガーの設定が完了したら、下部の[保存]をクリックします。

アクション

ワークフローアクションで関連付けラベルを使用するには、次の手順に従います。

  • ワークフローを作成します。 
  • ワークフローアクションを追加するには、+プラスアイコンをクリックします。
  • 分岐 、 c lick 分岐 。
    • if/then または 「値一致」 分岐を作成する。
    • if/then 分岐を作成する場合:
      • 分岐内で、+ フィルターの追加をクリックします。
      • 「絞り込みの基準」ドロップダウンメニューをクリックし、「関連付けられたオブジェクト」セクションで、objectを選択する。
      • プロパティーを選択し、条件を設定します。
      • 既定では、フィルターはいずれかの[オブジェクト]に基づいています。これは、関連付けされたレコードのいずれかが条件を満たしたときに、レコードが分岐の下に進行することを意味します。関連付けラベルに基づいて基準を設定するには、[オブジェクト] is associated to: いずれかの[オブジェクト]をクリックし、ラベルをドロップダウンメニューで選択します。これは、そのラベルの関連付けのみに基づいてレコードを移動させる。つまり、、そのレコードが基準を満たしている場合のみ、そのラベルの関連付けを持つレコードが分岐の下に進むことになる。
分岐ワークフロー同一オブジェクト関連付け
    • 値一致分岐を作成する場合:
      • プロパティーまたは分岐の基準にする値フィールドをクリックし、プロパティーを[関連付けしたオブジェクト]セクションで選択する:[微調整条件]セクション。絞り込み基準は、値がどの関連付けレコードからコピーされるかを決定する(例えば、最も最近更新されたもの、特定のラベル)。これは、関連付けタイプを利用可能なデータソースとして追加した場合にのみ表示されます。
      • [次へ]をクリックします。
      • 分岐する値を入力または選択し、必要に応じて分岐を追加する。
      • 完了したら、[保存]をクリックします。
  • 関連付けレコードのプロパティー値を設定またはクリアするには、プロパティー値を設定またはプロパティー値をクリア をクリックする。
    • 「ターゲットオブジェクト」ドロップダウンメニューをクリックし、「関連付けられたオブジェクト」セクションで、objectを選択する。
    • 既定では、プロパティーの更新は、All [object]に基づいて設定されます。これは、全ての関連レコードのプロパティー値が設定またはクリアされることを意味します。特定のラベルの関連付けに対してのみプロパティー値を設定またはクリアするには、「オブジェクトへの関連付け」ドロップダウンメニューをクリックし、ラベルを選択する。
    • 設定またはクリアするプロパティーを選択し、「保存」 をクリックします。

プロパティー値を設定-ワークフロー関連付けラベル

  • 関連レコード間で値をコピーするには、「プロパティー値をコピー」をクリックする。
    • 利用可能なデータパネルで、プロパティーを選択し、からをコピーする。
      • プロパティー値登録レコードから関連付けレコードにコピーするには、登録 [オブジェクト]セクションでプロパティーを選択する。
      • プロパティーの値登録レコード関連付けレコードからコピーするには、[関連付けオブジェクト]でプロパティーを選択する:[微調整条件]セクションでプロパティーを選択する。絞り込み基準は、値がどの関連付けレコードからコピーされるかを決定する(例えば、最も最近更新されたもの、特定のラベル)。これは、関連付けタイプを利用可能なデータソースとして追加した場合にのみ表示されます。
    • 「ターゲットオブジェクト」ドロップダウンメニューをクリックし、オプションを選択する:
      • 登録レコードから関連レコードにコピーするには、関連オブジェクトセクションで、関連オブジェクトを選択する。
      • 在籍レコード関連レコードからコピーするには、現在のオブジェクトセクションで、在籍オブジェクトを選択する。
    • 登録レコードから関連レコードにコピーするとき、デフォルトでは、プロパティー更新はAll [object]に基づいて行われる。これは、登録レコードのプロパティーが全ての関連レコードにコピーされることを意味する。関連付けラベルに基づいて基準を設定するには、オブジェクトへの関連付けドロップダウンメニューをクリックし、ラベルを選択する。これは、そのラベルを持つ関連付けレコードにのみプロパティーをコピーする。
    • プロパティー を選択して、 を にコピーする。
    • 完了したら、「保存」をクリックします。
  • コンタクトまたは会社ベースのワークフローで、関連付けられているコンタクト にEメールを送信するには、[Eメールの送信]をクリックします。コンタクトベースのワークフローでは、[送信先]セクションで、[関連付けられているコンタクト]を選択します。
    • Eメールを受信する関連付けを編集するには、関連付けラベルドロップダウンメニューをクリックし、Eメールを受信するラベルを選択するか、Eメールを受信しない関連付けの場合は、選択したラベルのxをクリックします。
    • 関連付けされたコンタクトに送信するEメールを選択し、保存をクリックします。

ワークフローの作成について詳細をご確認ください。

カスタムレポートで関連付けラベルを使用する

カスタムレポートでは、関連付けラベルを使用して、ラベルに基づいてレポートに含めるレコードを指定できます。また、カスタムレポートの軸、内訳フィールド、フィルターとして関連付けラベルを使用できます。

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[レポート]の順に進みます。
  • 右上の[レポートを作成]をクリックします。
  • 左側のパネルで、[カスタム レポート ビルダー]を選択します。
  • 次のようにデータソースを選択します。
    • プライマリー・データ・ソースドロップダウン・メニューをクリックしてプライマリー・ソースを選択します。選択したプライマリーソースは、どのラベルを使用できるかに影響します。例えば、プライマリー データ ソースが「コンタクト」であるレポートには、コンタクトの関連付け設定内で作成したラベルのみが含まれます。
    • CRM、マーケティング、セールス、サービス、およびカスタムオブジェクトセクションから選択して、セカンダリーソースを選択します。オブジェクト間の関連付けにラベルを使用するには、少なくとも1つの CRM追加オブジェクトを選択する必要があります。
  • データ ソース エディターの上部にある[関連付けラベルを選択]をクリックそます。
  • ドロップダウンメニューで、レポートに含めたいラベルを選択します。
    • クロスオブジェクトの関連付けについては、All [objects]チェックボックスを選択することで、ラベルに関係なく、そのオブジェクトの全ての関連付けを選択することができます。オブジェクトの関係に対して定義されているラベルがない場合は、既定でこのオプションが選択されます。
    • 同じオブジェクト間の関連付けについては、1つのレポートにつき、 1つの同じオブジェクト関連付けラベルしか選択できません。
    • ペアラベルの場合、選択した方向がレポートに含まれるデータに影響します(例:子会社から親会社を選択した場合、子会社のラベルが付いた会社がレポートのプライマリーデータソースとなり、親会社のラベルが付いた会社が追加ソースとなります)。
  • [データソースに戻る]をクリックしてソースの編集を続けることも、[次へ]をクリックして次に進むこともできます。左サイドバーのデータソースを編集をクリックすると、レポート作成ツールでいつでもデータソースと関連付けを更新することができます。
  • 軸、内訳フィールド、または絞り込みとしてフィールドをレポートに追加します。デフォルトでは、プライマリーソースラベルのフィールドが左パネルに表示されます(例:コンタクト(プライマリー)、会社(親会社)など)。関連付けのフィールドにアクセスするには、ソースを横断して検索するか、[Browse]ドロップダウンメニューをクリックし、指定されたラベルを持つオブジェクトを選択します (例:コンタクト (パートナー)、会社 (子会社)など)。

同一オブジェクト関連付けフィルター・レポート

カスタム レポート ビルダーでのレポート作成の詳細

レポートの例

以下は、カスタムレポートで関連付けラベルを使用するサンプル・ユースケースです。

  • 親会社の全ての子会社とその年間収益をリストアップする。

収益報告子会社

  • あなたはアパート賃貸を管理し、長期賃貸と短期賃貸の2つの関連付けラベルを持つカスタム[賃貸]オブジェクトを作成しました。
    • これらのラベルでレポートデータを次のように分割できます。
      • レンタル関連付けラベルをクリックし、X軸チャンネルにドラッグする。
      • [コンタクト][コンタクト数]プロパティーをクリックし、Y 軸チャンネルにドラッグします。
      • そして、「オリジナルソース」プロパティーをクリックして、「内訳の分類条件」チャンネルにドラッグします。 
      • このグラフは、何人のコンタクトが短期リースと長期リースの物件を賃借したか、またどのソースから賃貸物件を見つけたかを示します。
associations-report
    • レンタル関連付けラベルがShort-termであるコンタクトについてのみレポートすること:
      • レンタル関連付けラベルフィルターをクリックする。
      • がのいずれかを選択し、短期をクリックする。
関連付けフィルター-短期-1

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。