メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

CRMオブジェクトとアクティビティーの関係モデルを確認する

更新日時 2024年 6月 10日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpot CRMでは、ビジネス関係とプロセスがオブジェクト(コンタクト、取引など)によって表されます。オブジェクトごとにレコードがあり、そのレコードを他のオブジェクトのレコードに関連付けることができます(例えば、コンタクト「Lorelai Gilmore」が会社「The Dragonfly Inn」に関連付けられるなど)。各レコードでは、情報がプロパティーに格納され、アクティビティーによってインタラクションが追跡されます。すべてのHubSpotアカウントには特定のオブジェクト、プロパティー、アクティビティーが既定値で含まれていますが、サブスクリプションによってはカスタムプロパティーカスタムオブジェクトを作成することもできます。

データモデルの概要には、アカウント固有のオブジェクト、プロパティー、アクティビティー間の関係が表示されるので、インポート、レポート、自動化をより適切に設定して業務を進めることができます。また、のオブジェクト、アクティビティー、プロパティーがどのように使用されているかについての情報を見ることもできます。

以下のオブジェクトとアクティビティーが概要に含まれる:

表示される1種類のオブジェクトは、ご契約内容によって異なる場合があります。サブスクリプションに含まれる内容については、HubSpotの製品&サービスカタログをご覧ください。

注: Productオブジェクトとそれに関連付けられたプロパティーは、データモデルではサポートされていません。

データモデルの概要を使用する。

データモデルの概要にアクセスし、ナビゲートする:

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[データモデル]の順に進みます。
  • 既定では、データモデルの概要を初めて表示する際は、全てのオブジェクトとアクティビティーが表示されます。

注:スーパー管理者の場合、右上の「データ設定チェックリスト」をクリックすると、データモデルを設定する際に完了できる中核的なデータモデル設定タスク集が表示されます。チェックリストでは、関連するHubSpot設定ページへの移動、ナレッジベース記事の表示、関連するHubSpotアカデミーコースへの移動が可能です。

  • モデルに含めるオブジェクトとアクティビティーを管理するには、[絞り込み条件]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • 個々のオブジェクト/アクティビティーを表示または非表示にするには、対応するチェックボックスをオンにするかクリアします。
    • オブジェクトやアクティビティーのグループ全体を表示または非表示にするには、グループ見出しの隣にあるチェックボックスを選択またはクリアします(例:CRM オブジェクト s、カスタムオブジェクト、セールスオブジェクト、アクティビティー)。

object-select-data-model

  • オブジェクトまたはアクティビティーのカードにマウスポインターを合わせるか、カードをクリックすると、その関係が表示されます。カードをクリックした場合は、オブジェクトのレコードの関連付けに応じて次のようになります。
    • 選択したオブジェクト/アクティビティーに既存のレコードとの関連付けがある場合、関連付けられているカードが強調表示され、関連付けを示す線が表示されます。
    • 選択したオブジェクト/アクティビティーに既存のレコードとの関連付けがない場合、そのカードの枠の色が暗くなり、関連付けを示す線は表示されません。

data-model-overview-updated

  • オブジェクトの関連付けラベルについて続きを表示するには、オブジェクトカードをクリックする。
    • 同じオブジェクト間の関連付けラベルを表示するには、カードに表示されているラベルにマウスポインターを合わせる。
    • オブジェクトの他のオブジェクトとの関連付けラベルを表示するには、接続アイコンをクリックします。関連付けの詳細ページが表示され、オブジェクト間のラベルを表示することができます。ページで、オブジェクトドロップダウンメニューをクリックして表示中のオブジェクトを更新し、Reverseをクリックしてラベルを逆方向に表示します([コンタクト]から[会社]、[会社]から[コンタクト]など)。

関連付けの詳細を表示-dmo

  • オブジェクト、コール、見積もり、タスクについては、カードの[x] recordsをクリックすると、そのオブジェクトの全てのレコードの一覧ページビューに移動します。 

data-model-object-card

  • オブジェクトやアクティビティーの使用状況、プロパティー、関連付けに関する詳細情報を表示するには、詳細を表示をクリックします。右側のパネルには、オブジェクト/アクティビティーに応じて以下の詳細が表示されます:
    • CRMオブジェクトと取引について:
      • Usageタブで、レコードの合計数、少なくとも1つのレコードに値があるプロパティーのパーセンテージ、データ がない、未使用、または重複の可能性があるプロパティーの数、およびそのオブジェクトに対して最後に完了したインポートを表示します。アカウントにOperations Hub ProfessionalまたはEnterpriseのサブスクリプションがある場合は、データ品質コマンドセンターでプロパティー分析を表示する方法をご覧ください。
      • [プロパティー]タブで、オブジェクトの全てのプロパティーを確認します。[使用箇所]列の数値をクリックすると、現在プロパティーが使用されている場所を確認できます。プロパティーを管理するには、[オブジェクト]プロパティーを表示設定をクリックします。
      • Associationsタブで、オブジェクトの定義された関連付けと関連ラベルを表示する。[オブジェクトの関連付けを選択]ドロップダウンメニューをクリックして、表示している特定のオブジェクトの関連付けを更新します。関連付けを管理するにはをクリックし、関連設定の表示をクリックする。
      • 「使用箇所」タブで、オブジェクトとそのレコードが現在使用されているレポートワークフローリストを表示します。
    • アクティビティーやその他の販売オブジェクトについては、そのタイプのアクティビティーがいくつ作成されたかを表示し、アクティビティーのプロパティーを確認します。

データモデルを十分に理解した後は、CRMデータベースを管理する方法をご確認ください。アカウントにOperationsHub ProfessionalまたはEnterpriseのサブスクリプションがある場合、data quality command centerを使用してデータ品質を監視することもできます。

データ傾向の分析

Analysis タブでは、グラフやテーブルを表示し、レコードがどのように作成、更新、削除、統合されたかを時系列で把握することができます。 レポートに使用されているソース値の詳細

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[データモデル]の順に進みます。
  • Analysis タブに移動する。
  • デフォルトではコンタクトデータが表示されます。別のオブジェクトを表示するには、「コンタクト」をクリックし、オブジェクトを選択します。
  • レポートに表示される日付範囲を編集するには、日付入力をクリックし、開始日および終了日を選択するか、相対時間を選択して日付を自動設定します(例:今月)。
  • アクションタイプで絞り込み条件を設定するには、アクションタイプドロップダウンメニューをクリックし、オプションを選択します:
    • 全てのアクション:レコードがいつ、どのように作成、削除、更新、マージされたかを含む全てのレコードアクションデータを表示します。
    • 作成 : レコードがいつ、どのように作成されたかのデータのみを表示。
    • 「削除」 : いつ、どのようにレコードが削除されたかのデータのみを表示。
    • 更新 : いつ、どのようにレコードがマージされたかのデータのみを表示する。
    • 「マージ」 : いつ、どのようにレコードがマージされたかのデータのみを表示。
  • アクションのソースで絞り込み条件を設定するには、ソースタイプドロップダウンメニューをクリックし、データを表示したいソースのチェックボックスを選択します。
    • デフォルトでは、最も一般的なソースが選択されている。デフォルトの選択を変更した場合、トップ・ソースだけを含めるように戻すには、「既定の上位のソースタイプを選択」をクリックします。
    • 選択したソースを全て削除するには、全てクリアをクリックします。

データ傾向分析

  • グラフでは、各ソースが独自の色と、そのソースを通じて影響を受けたレコードの数を示す線で表されている。データポイントにマウスポインターを合わせると、当日影響を受けたレコードの合計数をソース別に表示します。
  • 表中、各行は1日、各列はソースを表す。列で、各ソースによって影響を受けたレコードの合計数を表示できます。表示順を変更するには、列ヘッダーをクリックします(例:最新の日付または最も古い日付でのソート、指定されたソース経由で影響を受けたレコードの最高または最低番号でのソート)。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。