メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

Salesforce 統合 API コールを管理してエラーを同期する

更新日時 2022年 6月 14日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
CMS Hub Professional, Enterprise

HubSpot の Salesforce 統合により、同期のデータを防止する同期エラーが発生する可能性があります。Salesforce 統合設定でこれらの同期エラーを特定して解決することができます。

API コールの上限を調整する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 接続アプリのリストで、[Salesforce] をクリックします。
  • [同期の健全性] タブをクリックします。
  • [API コールの使用] セクションに、過去 24 時間以内に使用した API コールの数が表示されます。[Salesforce によって制限] の数値は、Salesforce の設定に基づいて発行できる API コールの量です。それらのコールのうち HubSpot に割り当て可能な数を調整するには、[HubSpot に割り当て済み] フィールドを編集します。 

sync-health-api-call-use

同期エラーを解決する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 接続アプリのリストで、[Salesforce] をクリックします。
  • [同期の健全性] タブをクリックします。
  • [同期エラー] の下には、各エラータイプのカードが表示されます。それぞれの現在のエラーの数と影響を受けたレコードの数が含まれます。エラータイプカードをクリックすると、右側のパネルにエラーの詳細が表示されます。各エラータイプの詳細と解決方法については、以下の情報をご確認ください。 

sync-health-sync-errors

関連付け

レコードがまだ HubSpot に同期されていないレコードに関連付けられているため、または HubSpot のレコード関連付け上限に達したレコードに関連付けられているため、レコードの同期が実行されていません。[影響を受けたレコード] 列に、左側の [レコード] 列のレコードとの関連付けのために同期できなかったすべてのレコードが示されています。

  • エラーの詳細と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列の [情報] アイコン info をクリックします。
  • 個々のレコードに対してアクションを実行するには、[影響を受けたレコード] 列の [#] レコードをクリックし、[ビューを作成] をクリックすることにより、影響を受けたレコードのフィルタリングビューを作成します。 
  • エラーが解決したら、[関連付け] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

カスタムコード

Salesforce アカウントでの自動化、フロー、検証ルールによって問題が発生したため、レコードの同期は実行されていません。エラーの原因に関する情報が [エラーの詳細] 列に表示されます。 

  • エラーの詳細と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列の [情報] アイコン info をクリックします。
  • エラーの詳細によっては、影響を受けたレコードを更新したり、Salesforce の設定に変更を加えたりすることが必要な場合があります。HubSpot 内の個々のレコードに対してアクションを実行するには、[影響を受けたレコード] 列の [#] レコードをクリックし、[ビューを作成] をクリックすることにより、影響を受けたレコードのフィルタリングビューを作成します。
  • エラーが解決したら、[カスタムコード] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

重複

重複したレコードまたは値がすでに存在するため、レコードを作成できません。エラーによって影響を受けた HubSpot レコードと Salesforce レコード、そして重複値が表示されます。

  • エラーの詳細と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列の [情報] アイコン info をクリックします。
  • [レコード表示対象] 列の [HubSpot] または [Salesforce] をクリックして、レコードにアクセスし、変更を加えます。
  • エラーが解決したら、[重複] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

権限

Salesforce 内の必要なフィールドまたはオブジェクトへのアクセス権が接続ユーザーにないため、HubSpot で加えられた変更を Salesforce に同期できません。

  • エラーの詳細と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列の [情報] アイコン info をクリックします。
  • Salesforce の設定で、接続ユーザーの権限を確認し、更新します。
  • エラーが解決したら、[権限] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

選択リスト

HubSpot と Salesforce の選択リストフィールドの値に違いがあるため、レコードの同期は実行されていされません。これは、あるシステムの選択リストが他のシステムの値に一致しない場合、選択リストが上限に達した場合、または渡された値が有効でない場合に発生することがあります。エラーの原因となっている HubSpot プロパティーと Salesforce フィールド、および各エラーの影響を受けたレコードの数が表示されます。 

  • エラーの詳細と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列の [情報] アイコン info をクリックします。
  • エラーの詳細によっては、影響を受けたレコードの値を更新したり、プロパティーまたはフィールドに変更を加えたりすることが必要な場合があります。HubSpot 内の個々のレコードに対してアクションを実行するには、[影響を受けたレコード] 列の [#] レコードをクリックし、[ビューを作成] をクリックすることにより、影響を受けたレコードのフィルタリングビューを作成します。
  • エラーが解決したら、[選択リスト] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。 
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

プロパティーのマッピング

HubSpot のプロパティーと Salesforce のフィールドの間のマッピングの不一致が原因で、レコードの同期は実行されていません。これは、プロパティーとフィールドのタイプに互換性がないこと、プロパティーまたはフィールドが存在しなくなっていること、または Salesforce 参照フィールドのマッピングを作成する必要があることを意味している場合があります。

  • エラーの詳細と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列の [情報] アイコン info をクリックします。
  • プロパティーのマッピングを更新します。 
  • エラーが解決したら、[プロパティーのマッピング] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。 
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

プロパティー値

レコードに無効なプロパティー値が含まれているため、HubSpot と Salesforce の間でレコードの同期が実行されていません。通常、これらのエラーを修正するには、エラーの影響を受けた個々のレコードを更新する必要があります。

  • 詳細情報と解決手順を確認するには、[エラータイプ] 列[情報] アイコン info をクリックします。
  • HubSpot または Salesforce のレコードで無効な値を更新します。HubSpot 内で影響を受けたレコードのリストを確認するには、[影響を受けたレコード] 列の [#] レコードをクリックし、[ビューを作成] をクリックすることにより、フィルタリングビューを作成します。 
  • エラーが解決したら、[プロパティー値] エラーリストに戻ります。解決したエラーの左側にあるチェックボックスを選択状態にし、[再同期] をクリックします。 
  • エラーをエクスポートするには、右上にある [エラーをエクスポート] をクリックします。

その他

不明なエラーが原因でレコードの同期が実行されていません。これらのエラーに関する詳細なサポートについては、HubSpotサポートにお問い合わせください。

注意:一度に100個のSalesforceエラーを一括して再同期することができます。100以上のエラーを同期するには、Salesforceからレコードをインポートするか、マップされたプロパティを更新します。 

同期エラー通知を設定する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 接続アプリのリストで、[Salesforce] をクリックします。
  • [同期の健全性] タブをクリックします。
  • [同期エラー] で、[通知管理] をクリックします。 
  • ダイアログボックスで、[通知をオンにする] スイッチをクリックしてオンに切り替えます。 
  • 通知頻度を設定するには、[即座][日次]、または [週次] の横にあるラジオボタンを選択します。 
  • [保存]をクリックします。 

sync-health-error-notifications

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.