メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

スケジュールに基づく」登録トリガーを設定(BETA)

更新日時 2024年 6月 12日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Professional , Enterprise
Sales Hub   Professional , Enterprise
Service Hub   Professional , Enterprise
Operations Hub   Professional , Enterprise

Based on a scheduleワークフロー登録トリガーは、カレンダーの日付または日付プロパティーを基準に、 ワークフローのアクションをセンタリングします。この登録トリガータイプは、全てのワークフローオブジェクトタイプで使用することができ、追加の登録フィルター条件と共に使用することができる。 

注:このベータ版を使用する場合、特定の日付およびコンタクトの日付プロパティーコンタクトベースのワークフローを新規作成することはできません。既存の特定の日付およびコンタクトの日付プロパティーワークフローは引き続きアクセスでき、正常に機能します。

このBased on a schedule登録トリガーとDelay until dateワークフローアクションを使用して、日付を中心としたワークフローの機能を再現し、さらにカスタマイズすることができます。

  • HubSpotのアカウントにて、[自動化]>[ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の[ワークフローを作成]>[ゼロから作成]をクリックします。
  • 左パネルで、[object]-basedを選択し、ワークフローオブジェクトを選択します。利用可能なオプションは、HubSpotのサブスクリプションによって決まります。Based on a scheduleワークフロー登録トリガーは、すべてのワークフローオブジェクトタイプで使用できます。
  • 右側のパネルで、Blank workflowを選択します。 
  • 右上の[次へ]をクリックします。ワークフローエディターが表示されます。
  • ワークフローエディターで、「トリガーを設定」をクリックします。 
  • 左のパネルで、Based on a scheduleを選択する。
     

 

  • スケジュールに基づく設定ワークフロー登録トリガーを設定します。設定された日付と時刻は、アカウントのタイムゾーン設定に基づきます。
    • このワークフローはどれくらいの頻度で発生させるか: 1回のみ発生させるかまたは年1回発生させるかを選択します。
      • Operation Hub ProfessionalまたはEnterpriseのサブスクリプションをご契約の場合、Monthly , Weekly , またはDailyを繰り返すようにワークフローをスケジュールすることができます。スケジュールされたワークフローの設定についてはこちらをご覧ください。 
    • Date:ワークフローが実行する日付または日付プロパティーを選択します。
      • 固定日付を選択するには、日付入力をクリックし、日付を選択する。 
      • 日付プロパティーを選択するには、日付入力をクリックし、プロパティーをデータパネルから選択する。次に、当日、日付より前、この日付より後を選択する。日付プロパティーは、OnceまたはAnnuallyトリガーオプションでのみ使用できます。 
    • また、[object-types]は以下のフィルター条件を満たしている。フィルター条件を設定し、ワークフローに登録するレコードを定義する。各予定時刻に、この条件を満たすすべてのレコードが登録され、ワークフローを通過します。 
      • フィルター条件が設定されていない場合、レコードはワークフローに自動登録されません。手動で登録されたレコードのみが登録されます。
      • レコードが手動で登録された場合、登録トリガーを設定しない限り、設定されたスケジュールに従わず、それ以降の予定日に自動登録されます。手動で登録されたレコードは、ただちにワークフローを実行させます。
  • 操作が完了したら、[保存]をクリックします。

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。